プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

kje-138

今月最終日かつ今月最後の更新です.12月ごろに塗装をはじめ,ようやく一段落.完成までもう少し?のところに来ています.

本日からの作業は,マーキング.そう,大好きなデカール貼りです.さらにチマチマした作業なんですが,子供のころから水転写デカールは好きでした.なんででしょうね?

同系列の機体ですから,マーキングもほぼ同じようにすればいいので,一度考えれば後は繰り返し.楽なはずです.ただし,3.5機分ですから,パーツが沢山.そのため,パーツごとにデカールを貼り,トップコートしていきます.ここでは,トップコート後のパーツだけを載せていきます.

まずは頭部フレーム.トップコート後,グポーン.

kje-1636.jpg

ようやくモノアイを入れました.目玉は,2種類の赤(外縁ピンクと中央赤)シールの上から,レンズ状のクリアーシールを貼り付けました.このシール,少々グリーンよりですから,せっかくの目玉の2重構造が分からなくなってしまいましたね.トップコートした,外装を取り付けます.

kje-1637.jpg

頭部は,デカール控えめです.

kje-1638.jpg kje-1639.jpg

写真のせいでしょうか?表面が粗く見えます.現物はそうでもないんですが.手首もデカールを貼り,トップコート.

kje-1640.jpg

上腕も同様です.

kje-1641.jpg

下腕は,少々多めのデカール.

kje-1643.jpg

Jの左手は,動力パイプがあるので,先に組んでからトップコートをしています.なお,つや消しトップコート後,ツヤの状態を1部変えるために,さらに半つやを部分的に吹いています.腕フレームのオレオ部分はまさにそうですね.でも,もっといろんな場所に分からないようにギンギンに絞って吹いています(笑).

外側にあるハードポイント内には,HIQパーツさんのマグネットセッターを貼り付けました.

kje-1644.jpg

武器類の磁石接続が可能になります.シュツルムの肩です.

kje-1645.jpg

やはり,一部でつやの感じを変えています.これで,シュツルムの腕が組めます.

kje-1646.jpg

脚も,大腿部とその上下関節まで,デカールとトップコートを済ませました.

kje-1642.jpg

ここまでで,塗装の持ち手台は,6台使用しました.今月の作業はここまでです.来週は1回だけ更新できるかもしれません.

kje-137

今週は,本職が忙しく,木曜日に7時間運転して出張し,金曜の夜に戻ってきました.到着は朝4時.久しぶりに,夜通し運転しました.しかも,豪雨というおまけ付き.こういう無理をすると,その後のダメージがなかなか抜けません(涙).

さて,先週末までの製作で,部分塗装は一段落.本日は非常に疲れているので,製作の続きはお休みして,これまで少しづつ進めてきた最後の製作パーツについて書きます.ほぼ初めてやることだったので,一筋縄という訳にはいかず,試行錯誤しながらだったので,記事にするまでに時間がかかりました.

それは,ずばり複製です.今回は片面での複製で,パーツも片面のモールドだけでしたから,液体シリコンを使わず,粘土状シリコン(プラチナ系のシリコン)を使って,型どりしました.そして,レジンを流し込み,待つこと1昼夜.こうなってしまいました.

kje-1624.jpg

使ったレジンが古く,いつまでたっても硬化しませんでした.結局,レジンが剥がれず,型ごと処分しました.気を取り直して,型を作製.

kje-1625.jpg

いろいろな片面型を作ってみました.

こちらで入手可能なシリコンやレジンいろいろ調べていくと,自宅のすぐ近くにその手のものを作っている企業があり,そこにはショップも併設されていることが分かりました.そこで,レジンを購入し,上記の型に流し込みました.

kje-1626.jpg

もう少しで硬化します.

kje-1627.jpg

作ってたのはこんなのです.

kje-1629.jpg kje-1630.jpg

ビルダーズパーツのエンブレムを複製していました.ついでに,こんなのも.

kje-1631.jpg

いつか作ろうと思ってるあるMSのスパイクです.形状が少し違うので,余ったエポパテで作っておいたものを複製しました.さすがにこんな形状を,手作業で複数製作するのは無理がありますよね.

いくつかのパーツは,高価直前に型から外し,形状をなじませておきました.

kje-1628.jpg

ネタバレかもしれませんが,未来のためということで(笑).

差て,現実に戻りましょう.今回の複製作業は,このためです.

kje-1632.jpg

以前,シールドのエンブレムをビルダーズパーツのネオジオンエンブレムから作っていました.こちらも,ネオジオンのエンブレムとは形状が異なるので,切ったり,貼ったり,削ったりして,作っています.大量に複製していますが,バリを除去し,気泡がないものを選ぶと,残ったのはこれだけでした.

kje-1633.jpg

一部は非常に細いので,作業中に折れたりしましたし.歩留まりが悪いですね.残った四つも,よく見ると気泡が入っているものがあります.その二つは,目立たない設置になるので,あればいいというレベルで大丈夫なのですが(笑).気泡は避けられないですが,いい方法を検討しないと,気泡を埋めにくいこういった形状のものだと致命的ですね.

今回は四つ必要だったわけですが,二つしか必要でなければ,複製しなかったかもしれません.いずれにせよ,複数製作のおかげ(?)で,複製作業にもチャレンジすることになりました.さて,このエンブレム,サフ後,白で塗装しました.

kje-1634.jpg

そして,シールドに接着.

kje-1635.jpg

最後のパーツが完成です.次は,マーキング作業ですね.



相互リンクです

先日,コメントでリクエストをいただきましたので,相互リンクとさせていただきます.

今回リクエストいただいたのは,トイプーじゅんさんによる

夜のモデラー見習い

nightModeller.jpg

です.トイプーじゅんさんは,私と同じように海外組.模型天国の日本とは違って,同じように苦労(いや工夫というべきだな)されています.現在,イギリスにお住まいとのこと.ヨーロッパは,こことは違う模型環境ですから,違ったアプローチや道具など,勉強になるものが沢山あると思います.もう少しで,洋上迷彩のシーハリアーが完成しそうです.

海外組同士(こう書くとサッカー日本代表招集者みたいですね),よろしくお願いいたします.

kje-136

昨日に引き続き,本日も部分塗装後の一部組み上げを進めます.昨日は,腹部の動力パイプで終わりましたが,このガルスくんシリーズは,動力パイプが後2か所残っています.今日はそのうちの一つが終わるところまで進めます.

それは,頭部ですね.動力パイプの前に,JとKは,頭部の外部装甲を取り付ける手段を考えていませんでしたから,そこからです.

kje-1612.jpg

装甲の裏側に,マグネットセッターを貼り付け,

kje-1613.jpg

フレーム側にネオジム磁石を埋め込みました.ついでに,モノアイ用の皿を接着しました.

kje-1614.jpg

これもHIQパーツさんのパーツです.それでは,鼻(クチバシ?)から下に延びる動力パイプを取り付けていきます.まずは,基部から.

kje-1615.jpg

基部には,0.5㎜の針金を埋め込んでいます.これをガイドに,

kje-1616.jpg

スプリングを接着.針金は基部だけで,1㎜程しか出っ張っていません.そう,フレキシブルなパイプにしたいのです.パイプを通して,端点で接着.

kje-1617.jpg

正面から見ると,鼻下パイプがついたことで,ようやくガルスっぽくなりました.

kje-1618.jpg

胴体に乗っけてみます.

kje-1619.jpg

側面からのビューは,ガルスくんはアリクイ(あるいはゾウムシ)っぽく見えますよね.昆虫的なイメージがあります.

正面からです.

kje-1620.jpg

多少の首振りも何とか.

kje-1621.jpg

でも,気を付けないと塗装が剥がれそうです.シュツルムも同様で,

kje-1622.jpg kje-1623.jpg

本日は,部分塗装は一切なかったわけですが,実は部分塗装は終わっていました.しかし,もう一つだけ工作が残っています.来週は,待ったなしなのでその工作をやります.そして,マーキング系になりますね.このマーキング,どうしてもやってみたいことがあるのですが,今の手持ちの武器(道具)ではそれはできません.そのため,ガルスくんの製作は,来週までの分で一端保留にしようと思っています.ちょうど,出張も入りますから,ちょうどいいかもしれません.ここまで来ていますから,もう投げ出すことはありませんので,ガルスくんは休憩ということですね.

kje-135

先週に引き続き,本日も部分塗装と一部組み上げは続きます.部分塗装ももうあと一息というところでしょうか.先週同様,本日もスネパーツから.

シュツルムのスネです.

kje-1600.jpg

ひざ装甲の裏に,姿勢制御用バーニアを取り付けました.その裏側です.

kje-1601.jpg

裾野から裏側が覗いているので,自作しておいたパネルを接着.そして,スネフレームに外装を取り付けます.

kje-1602.jpg

JとKも同様に,姿勢制御用バーニアを取り付け,

kje-1603.jpg

スネフレームを接着.

kje-1604.jpg kje-1605.jpg

ここは,後ハメ加工をしていて,下から潜り込むようにフレームパーツを入れ,エポキシ系の接着剤で,ガッチリ固定しました.その後,裏側パネルを接着しています.

kje-1606.jpg

見えますかね?これで準備しておいた裏側パネルはすべて接着しました.

せっかくエポキシ系の接着剤を使用したので,強度が必要なこちらのパーツの接着にも使用しました.

kje-1607.jpg

JとKの肩です.肩の関節を装甲の内側に固定しました.

次にシュツルムの袖を塗装します.すでに白で塗装していましたが,その上からモデルマスターエナメルのエアクラフトインターナルブラックで塗装しました.

kje-1608.jpg

そしてふき取ります.

kje-1609.jpg

コクピットハッチのエンブレムは,ビルダーズパーツのジオン紋章を加工して作っています.キットではただのシールなので,立体化できました.そして,腕もフレームを接着しました.

kje-1610.jpg

最後は,JとKの腰です.フロントアーマーを接着し,動力パイプを取り付けました.

kje-1611.jpg

今日の作業はここまでです.続きはまた明日.

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ