FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

モデルマスターアクリル塗料を薄めてみる

このカテゴリーの記事を書くのは,久しぶりです.いろいろとお試しはやっていたのですが,きちんと記事にできるところまでには至っていませんでした(キットがなかなか完成しないので,なかなか塗装できないでいたためです).しかし,現在製作中のキットで,先に塗装する必要が出てきたため,ついでにいろいろと試してみました.

私が,メインで使っているのは,モデルマスターアクリルという水性(アクリル系)の塗料です.

MMA-thin01.jpg


日本でも入手できます(プラッツさんが輸入販売しています).こちらでは,もっとも一般的な塗料の一つで,模型を取り扱っているホビーショップでは,簡単に入手できます(こちらでは,テスターやモデルマスターが一般的な塗料です.もっとも,両者は,ブランドこそ異なりますが,同じメーカーです).特色は,乾燥がラッカー系張りに早く,塗装後はアクリル系とは思えないほど,強い皮膜になります.

しかし,乾燥が早いというのは,エアブラシがつまりやすいことの裏返し.同じく乾燥が早いラッカー系と異なり,すぐに固まってしまうのです.これは,粘性の差でしょうか?エアブラシを使う場合,メーカー推奨の希釈率は,塗料に対して専用薄め液が30%だそうです.これが専用の薄め液.

MMA-thin02.jpg

アクリル系なので,中身は,イソプロパノール(アイソプロピルアルコール:IPA)に水を加えたものがメインです.水でも希釈できるそうですが,IPAが入っているほうがいいそうです.私は,これまでこの純正の薄め液を使ってきました.30%の希釈では,少し濃い気がするので,だいたい40%を目安に希釈しています.これも,ラッカー系とは大違いですね.あちらは,3倍ですもんね.

純正の薄め液は悪くはないのですが,細吹きしようとして,エアブラシの圧を落としたり,ノズルをしぼると,すぐにエアブラシが詰まってしまいます.細吹きなんてもってのほか.この状況を何とかしたい.もう少し,エアを落として,吹き付けたい.というのが,今回の実験の動機なんですよ.

では,最初の実験.同じ,アクリル系ということで,タミヤさんのアクリル塗料用薄め液を使ってみました.

MMA-thin03.jpg

タミヤさんのアクリル塗料は,こちらでも一般的に入手できます.ちなみに左側にあるのは,アクリル用のリターダーです.これは,なぜかこちらでは入手できないので,eBayで香港経由で購入しました.割高な実験なんですよ(笑).実際,使えます.しかし,希釈率は,50%かそれ以上でした.純正の薄め液に比べ,粘性が結構残っている感じ.もちろん,タミヤさんの薄め液は,アクリル用なので,IPAベースです.使えるけど,何かちょっとやりにくいとう結論です.

では,次の実験.薄め液に,ガイアさんのエアブラシマスターという,ラッカー系用の薄め液にリターダーがくわえられたものです(ちなみに,購入は,香港経由).

MMA-thin04.jpg

これも,使えなくはありません.しかし,タミヤさんの薄め液のように,粘性が強いままです.乾燥は,リターダー入りということで少し遅くなった分,エアブラシのつまりが少なくなった感じがします.しかし,この慣れない粘性のせいで,使い勝手はいまひとつ.コレジャナイって感じですね.

そこで,原点回帰.純正の薄め液とタミヤさんのリターダーの組み合わせです(ちなみに,モデルマスターアクリル塗料には,リターダーはありません).

MMA-thin05.jpg

薄めた後のサラサラ感は,今までどおり.慣れのせいもあるのでしょうが,こちらの方がいい感じです.問題は,ノズルの詰まり.今回は,専用薄め液が30%,リターダーが10%として,塗料を薄めてみました.

ビックリです!ある程度までですが,コンプレッサーを減圧しても,ノズルが詰まりません.長い間,ノズルを狭めると,さすがに少し詰まりますが,それでも,純正の薄め液だけの場合と比較して,相当の改善されていることが分かりました.あくまでも,個人の体感のレベルでですが.次回からは,この組み合わせでやっていけそうです.

ちなみに,リターダーは,タミヤさんのものだけではありません.模型用というよりは,エアブラシによるペインティングに使われるメーカーさんのアクリル塗料用リターダーも試してみました.

MMA-thin06.jpg

乾燥は遅くなるのですが,塗装表面がかぶったようになってしまいます.モデルマスターアクリルには,不向きなリターダーです.ちなみに,これは模型屋ではなく,画材屋で購入しました.

結論が出ただけでよかったです.純正の薄め液に(30%),タミヤさんのリターダー(10%),これが現時点ではベストな組み合わせです.

せっかくなので,もう少し.

乾燥が早いので,ノズルが詰まりやすい.ということは,エアブラシのクリーニングも,大変です.アセトンが入っているツールクリナー系を使うと,気にする必要はナイのですが,ラッカー系やアセトン等は,できれば使いたくはありません.ちなみに,純正のエアブラシクリーナーです.

MMA-thin07.jpg

悪くはナイのですが,カップの内側などに乾燥してしまった塗料を取り除くのは,至難の業.手が届きにくい内側は,洗浄できないと思います.

もう少し強力なのが,こちら.

MMA-thin08.jpg

Vallejo(バジェホですよ,ファレフォではありませんからね!)の塗料用のツールクリーナーです.これまでは,こちらをメインで使ってきました.問題なのは,入手が少々困難なこと.

ブラシクリーナーということで,こんなものも.

MMA-thin09.jpg

イワタさんのエアブラシクリーナーです.これは,正直言うと,ただ泡が出るだけで,全く使えませんでした.水性の絵の具であれば,問題ないと思いますが.

最後に,画材屋でこんなものを見つけました.

MMA-thin10.jpg

ウィンザー・ニュートンのブラシクリーナーです.これは,筆についた塗料を落とすためのものです.しかし,これがかなり使えました.乾燥していた塗料も簡単に落ちてくれます.洗浄はこれがベストですね.

あぁ,結論があってよかった!

クリアー三連星

本当に久しぶりのこのテーマ.色いろいろです.元々,このテーマは,日本ではメジャーではなくても,こちらでは割りと模型製作に使われている塗料について,使ってみたときの感想とかを書くつもりで設定したものです.

前回は,VallejoのAirColorというエアブラシ専用の色についてでした.またしてもしつこく書きますが,日本では,Vallejoはファレホと呼ばれていますよね.これは,実はとんでもない大間違いで,スペイン語ではvはfの発音にはならないのですね.vはvのままでいいそうです.jがhの発音になるので,最後はホで正解なんですけど.そして,llとlが2回重なるので,レの音が強くなって,ジェと発音するとか.通すと,ファレフォではなく,ヴァジェーホと読むそうです.以前住んでいたカリフォルニアにも,同名の場所があり,そこは英語とスペイン語が混じって,ヴァリーホと呼ばれていました.日本では,ファレホと呼称されて久しいので,いまさらって感じですけど,最初にファレホと呼んで,普及させた人は罪深いですよ(笑).

前置きが長くなりましたが,今日はモデルマスターアクリル(MMA)のお話です.先日,兄さんにサジェスションしていただいたことで(ありがたき幸せ),MMAのクリアーを購入してきました.現在,週末には,ズゴックEの製作レポートを続けていますが,最後の最後に行ったトップコートで少し失敗しまして,トップコートもMMAでやるかと通勤途中にある模型店(HobbyTownUSAというチェーン店>高いですが,度マイナーなガンプラも少々置いてる店です)に注文しておいたものを購入しに行ってきました.$25以上購入すると$5引きというクーポンもあったので,ギリギリ$25を超える程度の買い物をしてきました(今回は全部塗料でしたけど).

まずは,グロスのクリアー.

MMAclear1.jpg

注文した当時は,セミグロスのクリアーしかなく,最後のトップコートに必要なフラットのクリアーを注文するついでにこちらも注文していたものです.最近では,MMAの塗料も使い方(というよりエアブラシ用の薄め方)が分かってきたので,メインの塗装はこれかなぁ~と思い始めているところです.何といっても,塗装後の皮膜の強さは,他のアクリル系塗料の比ではありません.ここ四半世紀ばかり(笑),ラッカー系塗料を使ってはいませんが(缶スプレー以外),それに非常に近い強さを誇っています.問題は,値段.こちらでは,タミヤさんのアクリル塗料は,10mlのミニ容器のもので,大体$2.5.MMAはハーフオンス(14.7ml)で,約$3.5です.上記のクリアーは,1オンスビン(29ml)で,約$5.5という感じです.そう,ちょっと高く付きますね.ちなみに,MMAは日本でも購入できるようで,一ビン300円強だった気がします.老舗のタミヤさんとかクレオスさんの塗料に比べると,メジャーにはならないでしょうね(大きなお世話か).こちらでは,ラッカー系塗料は危険物になるようで缶スプレー以外あまり見かけません.目にしたのは,アルクラッドというメタリック専用の塗料とモデルマスターのメタリザーシリーズというやはりメタリック専用塗料だけです.後はみんな,アクリルかエナメルですね.模型店に置いてある塗料の割合を見ると,圧倒的にエナメルが強そうです.テスターもエナメル,モデルマスターもエナメルの方が圧倒的に色数が多いです.ちなみに,テスターもモデルマスターもブランド名は違えど,販売系列すなわちメーカーは一緒のようです.また,パクトラ・タミヤで一時期日本でも名が通っていたパクトラ社も同じグループの傘下にいるようです.なお,パクトラブランドでは,エナメル塗料は売られていません.テスターに買収されたのでしょうか(こちらではよくあることですが).また,余計なことを書いてしまった.

そんな訳で,購入してきたクリアー3連星です.

MMAclear2.jpg

大きさ比較のため,通常のMMAの塗料も一緒に入れています.

ただ,ちょっと懸念が....それは,クリアーなのに,こんな色してます!

clear3.jpg

上の三つのビンは,いずれもクリアーです,念のため.ツヤのあるなしにかかわらず,乳白色なんですよ.私が覚えているクリアーは,透明だったような....フラットベースすら,”あめゆ”みたいでしたが,やはりクリアーだったと記憶しています(日本に出張しても,塗料は危険物に相当し,飛行機に載せられないので,まともに見てもないんですね).ちなみに,下の4色は,左から,波長が短い(笑)クリアーブルー,クリアグリーン,クリアオレンジ,そして波長がもっとも長いクリアレッドです.

Clear4.jpg

どれもこれも,クリアーの割りには,透き通ってない.この中で,クリアレッドはすでにシルバーを下地にしたキャンディ塗装に使いましたが,ちょっとクリアーっぽくなかった気がします(薄め方と吹き方の問題?).

いずれにせよ,このクリアーもいろいろと試してみる必要がありますね.時間ができたら,薄め方を確認するための試し吹きを行って,さらにクリアーとしての発色を系統的に調べてみる必要がありそうです.来月になったら,人柱実験をやってみることにします.

Vallejo AirColor

新カテゴリーです.

昔から,塗装は苦手でした.筆ムラが出ないように塗ることはできませんでしたし,配色もあまり得意とは言えず,思った通りの色が出ることはめったにありませんでした.

色の道は,奥が深い(笑).ネットに情報はあるものの,塗装は水物,やってみるまでどうなるのか分かりません.塗装を始めたばかりなので,すべてが手探りといっても過言ではありません.
という訳で,塗装に関しての実験と結果をまとめたカテゴリーを作りました.

まずは,Vallejoの塗装についてです.以前,この発音を考察したことがありましたが,最近,スペイン語を話す友人から,Vallejoは,ヴァレフォじゃないと言われてしまいました.Lが二つ重なると,強い発音になるそうで,ではなく,ジェになるそうです.をどう発音したら,ジェになるのか,さっぱり分かりませんが,ヴァジェフォが正解だとか.言葉は難しいですね.

では,本題.使ったのは,VallejoのAirColorと呼ばれる種類のもの.

VallejoAir

倒れてもこぼれない,目薬型の容器に入っています.容量は17 ml.こちらでは,$3弱で入手できます.問題は,近くに売っているお店が無いので,ネット注文になります.このAirColorは,他の模型用のVallejoカラーと同じく,いわゆるシンナー臭がないアクリル系ですが,Airとつくだけあって,はじめからエアブラシ用に希釈してあるそうです.そのため,そのままでもエアブラシで直接吹くことが可能だとか.

実際,試してみましたが,そのままでは,少し濃いいみたいです.希釈には,こちらを使いました.

VallejoCleaner

同じくVallejoから出ているエアブラシ・クリーナー.クリーナーといっても,希釈液と思ってよいそうです.アクリル系なので,頭が痛くなるシンナー臭はありません.聞いた話では,この国では,ラッカー系の塗料はスプレー以外では売っていないのだとか....水性,アクリル系,そしてエナメル系だけだそうです(ちなみに,エナメルは,エナァーメルという感じで,第二音節にアクセントを置いてに発音すると,伝わります).

希釈は,Airカラー2に対し,クリーナー1か少し少なめでいい感じの濃さになりました.今回試したのは,赤なので,ジオン系のコクピットハッチを塗ってみました.

VallejoResult1

皮膜が薄いとか弱いとかいわれていますが,それほど気にはなりませんでした.ちなみに,着色前に,白のサフを吹いています.それほどツヤがなくなっているわけではなく,隠ぺい力も強そうです.

しかし,問題もあります.カタログやネットに張ってある色のチャートが,あまり当てになりません.なかでも,このAirColorのチャートは,エアブラシ用ということなのか,チャートもグラデーションがかかっていて,どんな色なのか,チャートから判断できないのです.今回使ったこの色は,落ち着きがある暗めの赤という感じでした.個人的には,もう少し明度が高い,少しだけオレンジよりの赤の方が,コクピットハッチにはあっている気がします.今回試した赤は,レッドショルダーの赤ですね.もう少し明るい赤で塗り直すことにします.

塗料としてはもちろんいい感じです.

| ホーム |


前のページ «  ホーム