FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

デルタ・プロジェクト-その5

今日は,残りの部位の作り比べです.

ボディーは,腰部が残っていましたね.

delta14

兄弟機でありながら,もっとも違う箇所がこの腰部.百式はフロントアーマー(前垂れ)が大きいですが,デルタプラスはお飾り程度.これは変形が関与しているのでしょうね.サイドアーマーは,

delta13

こちらは,デルタプラスのほうが大きい仕様です.

delta12

背部は,形状こそは似ていますが,機能はまるで違います.デルタプラスには,推進部がここに集約されています.バックパックがないので,バーニアがありませんからね.推進部といっても露骨なバーニアではなく,出力部は角状です.一方,百式には,ビームサーベルの柄が備えられています.場所的には悪くはないと思うのですが,どうやって取り出すのでしょうか.そこまで手が回るとは思えないし....

ボディーパーツの最後は,

delta15

フレキシブルバインダーです.これなくして,百式は語れない.このバインダーは,デルタプラスにも受け継がれています.しかも,デルタプラスには小さい羽までが出てくる仕様に.飛行形態では,このバインダーが重要になって来るようですね.このフレキシブルバインダーは,姿勢制御の役割があるとのこと.天使の羽ではなかったのですね.

そして,武装関係です.

delta16

左から,百式用のクレイバズーカー,ビームライフル,ビームサーベルです.百式のビーム刃は黄色でしたね.デルタプラスのビームサーベルは,刃がクリアブルーです.これも珍しい色のビーム刃です.そして,デルタプラス用の長身のビームライフル,これは一般機にも使用されているとか.そして,デルタプラスのシールドです.このシールドは,飛行形態でも重要な部位になりますし,武装もてんこ盛り.

delta17

シールド先端には,ビーム砲が,その次の白いペアは,グレネードランチャー,そして次の白いペアは,ビームサーベルの柄です.デルタプラスのビームサーベルはここに備えられています.この位置なら,手は届きそうです.

次回はようやく組み上げです.
スポンサーサイト



<< デルタ・プロジェクト-その6 | ホーム | デルタ・プロジェクト-その4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム