FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

Hi-ν 21 背負いものその1 プロペラントタンク 概形

Hi-νガンダムも本日で21回目.副胸部も何とか終わり,今回からは背負いものに移ります.通常はバックパックというのでしょうが,このHi-νに関しては,バックパック然としていませんので,背負いものと呼称することにします.

キットには,プロペラントタンクはもちろんついていますが,マスターアーカイブの設定画と比較すると,少々細すぎます.そこで,基部だけを使うことにして,自作することにします.まずは,基部を切断します.

Hi-nu-214.jpg

キットパーツにある,接続ディテールも使おうと思い,切断しておきます.次に,エバグリパイプの231を切り出し,プロペラントタンクのボディーとします.

Hi-nu-215.jpg

キットの元パーツはすでに切り刻んでいますから,直接の比較はできませんが,元のタンクよりも長くしました.また,下部の先端には,スラスターがあるようになっていますから,あらかじめそのスラスターを埋め込むための切込みを入れておきます.

接続部は,キットパーツの基部を移植しておきます.また,先ほ切り出しておいたリングも基部とタンクの間に取り付ける予定です.これで,だいたいの外形はできました.が,問題なのは,下部先端のスラスター.設定画を参照すると,このスラスターは埋め込み型ですが,その周囲はひし形状に出っ張っています.曲面にそういう形状を追加するのは非常に面倒なのですが,何とかしてみましょう.

まずはプラ簿王,プラ板から,中央に隙間がある積層を作ります.

Hi-nu-216.jpg

8個もあるのは悩ましいところですが,仕方ありません.次に,プロペラントタンクの曲面に沿うように内側をひたすら削ります.

Hi-nu-217.jpg

地味な作業ですが,時間を要します.やり方は,プロペラントタンクと同じ径のプラパイプにフィルムやすりを固定し,ひたすら前後運動で削るという力技.次に中央のくぼみプラ板を追加し,一段深くなった堀状にします.

Hi-nu-218.jpg

もちろん,内側は曲面に沿うように削っていますから,タンクにフィットします.ここで,ひし形状に切り出します.

Hi-nu-219.jpg

この作業,接続部がギリギリになるまで削るので,破損しながらの作業になります.形状が出たら,プロペラントタンクに接着します.

Hi-nu-220.jpg

プロペラントタンクの方にもモールドを追加し,自作パーツを接着します.

Hi-nu-221.jpg

そして,ひたすら整形し,出っ張りモールドを再現しました.少々オーバースケールですが,この内側に入るスラスターから逆算するとどうしてもこれぐらいになってしまいます.今回はここまでですが,次回はそのスラスターを自作したいと思います.
スポンサーサイト



<< Hi-ν 22 背負いものその2 プロペラントタンク 完成 | ホーム | Hi-ν 20 胸腹部その3 胸部ダクトと背面 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム