FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

Hi-ν 09 腰部その1 概形構築

先週までで長かった脚部の製作もようやく終わったので,今回からは新たな部位に移ります.脚部と直結している腰部が順当ですね.その昔,まずは腰部からと決めていたのですが,最近では,きつそうな場所から手掛けることしています.こんなんんア部位を最後まで残しておくと,心が折れ相になることもありますからね.と言っても,前回のヒザ関節裏のように,後回しにすることは普通にありますが.

さて,腰部もナラティブとHi-νのパーツをミキシングしていきます.股間のロールは,ナラティブのものを使っていますから,股関節の受けはやっぱりナラティブで.また,上半身は,基本,Hi-νのキットでいこうと思っていますから,腹部との接続はHi-νでという砲身でいきます.残念ながら,ナラティブとHi-νとでは,腹部のボールジョイントのサイズが異なるので,無理やりにでもHi-νジョイントを持ってくる必要があります.

さて,方針が定まったので(あっさりと書いていますが,両キットのパーツを眺め,試行錯誤してました),作業開始です.まずは,ナラティブの股関節基部を切り刻みます.

Hi-nu-89.jpg

左側はキットのパーツ.右が加工後のものです.腰部へのボールジョイントを切り飛ばし,前方の張り出しも除去しています.股関節の受け棒や底面のパーツも,前方に張り出していますが,同様に切り飛ばしています.そう,正面は平らになってます.

次に,Hi-νのパーツ.こちらもミキシングのために,切り刻みます.

Hi-nu-90.jpg

まずは,股関節の受けのボールジョイント部を切り飛ばし,さらにサイドアーマーの受けも除去して,側面を平らに整形.そして,内側をカットして整形済みのナラティブの股間フレームに接続できるようにします.なお,フロントアーマーの基部(いわゆるティンコカバー)は別パーツですが,強度維持のために作業中は組んだ状態にしていました.結局,残ったのは,ボールジョイントの部分とティンコカバー接続部だけです.その部分の厚みは1㎜です.

お次は,リアアーマー側.というよりもサイドアーマーの取り付け基部を確保するため,ナラティブのリアアーマーの接続部を切り出します.

Hi-nu-91.jpg

使用するのは,切り出した左側のパーツ.Hi-νのキットだと,サイドアーマーの取り付け位置が異なるので,その部分だけはナラティブです.残念ながら,Hi-νとナラティブとでは,サイドアーマー接続のポリキャップの幅が異なるので,Hi-ν用のポリキャップが入るように,幅を広げておきます.

この切り出したパーツを組むとこうなります.

Hi-nu-92.jpg

ポリキャップは,Hi-νようのものに置き換えています.なお,この切り出したHi-νのパーツとナラティブのフレーム合体を容易にするために,股間の底面パーツに接続用のダボ(白いプラ材)を作っておきます.

まだまだ続きます.今度は,リアアーマーの基部です.もちろん,Hi-νのパーツを使うのですが,リアアーマーが邪魔なので,ここも分離.

Hi-nu-93.jpg

この中央のパーツを,先ほどの腰基部に取り付けられるように,ダボと受けを追加します.

Hi-nu-94.jpg

切り出し跡が見える部位は,プラ板でふたをします.

Hi-nu-96.jpg

ここで,左上のパーツは,基部の正面ですが,ナラティブのキットのままだと,サイドアーマー接続用のポリキャップが三木田氏になるので,Hi-νの股間前面パーツから同じ部分を切り出して,貼り付けています.

切り出した状態がこちら.

Hi-nu-95.jpg

パーツ自体はすでに除去していましたから,再利用です.ここだけはエコっぽい?

さて,ここまでの作業で,フレームミキシングのためのパーツの準備が終わったので,合体です.

Hi-nu-97.jpg

腰の基部っぽくなりましたね.様子見でフロントとサイドのアーマーも取り付けてみます.

Hi-nu-98.jpg

何とか形になっているようです.基部を整形して,サフを吹いておきました.

Hi-nu-99.jpg

ティンコケースが無いので,その接続部だけを残しているHi-νのパーツも分かりますね.ロール軸受けの前方にある直線がそれです.幅は,1㎜です.

ミキシングにありがちな大変な作業でした.気分は,ジェイソン.それにしても,パーツを切り刻むときは緊張しますね.今回の作業は,あくまでも基部.次回からは,本格的に腰部の作業に移ります.
スポンサーサイト



<< Hi-ν 10 腰部その2 ティンコケース | ホーム | Hi-ν 08 脚部その7 ヒザ関節 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム