FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

Hi-ν 08 脚部その7 ヒザ関節

脚部だけで,7回目.手間がかかる製作をおこなっている自覚はあるのですが,いくらなんでもこれはかかりすぎ.腰部も大掛かりな改修が必要ですから,いったいどれぐらいかかるんでしょうか?

さて,脚部もようやく足首まで終わったので,現状をまとめてみましょう.まずは足首から.

Hi-nu-80.jpg

改修も一通り終わりました.表面処理も終わってます.つま先は,延長のついでに,延長部が,きゅっと細くなるように削り込んでおきました.これで,つま先の雰囲気は随分と変わったと思います.この後で,サフを吹き,傷がなくなるまで,表面処理をおこないました.

スネ等のパーツです.

Hi-nu-81.jpg

サフ吹き後のパーツを見ると,結構頑張った気になります.脚部の残りのパーツです.

Hi-nu-82.jpg

こうして見ると,ずいぶんとパーツが増えてしまいました.バラバラにしたのが原因ですね.大きなパーツはふくらはぎの側面です.予定通りとはいえ,よく自作したもんだ.

さて,これで脚部は終わったと思っていたのですが,しっかりと残っています.というよりも,面倒だったので後回しにしていました.それは,ひざ関節のパーツ.脚部製作の初回で,使うことにしたナラティブのヒザ関節から,シリンダーと円弧状のパイプ(?)を除去していました.これは塗装のためです.付いていたままでは,うまくマスキングできる気がしません.シリンダーは,何度も作ってきましたから,同じように作ればいいのですが,問題は円弧状のパイプ.2㎜径ののプラ棒等を検討してみましたが,きれいな円弧になりません.いろいろと,試作を繰り返し,最終的には,アルミパイプを使うことにしました.真ちゅうも試したのですが,直径10㎜の円弧を作れませんでした.うまくやれば可能だと思いますが....

さて,そのアルミパイプを使って,円弧を切り出します.

Hi-nu-83.jpg

アルミパイプを,慎重に曲げていき,とぐろを作り,そこから金属用ののこでパイプを切り出します.サイズや端面の角度を調整して,何とか円弧上のパイプを作ることができました.ヒザ関節の裏側にはめています.

両ひざで繰り返し,

Hi-nu-84.jpg

除去した円弧状モールドを再現できました.特に注意したのは,

Hi-nu-85.jpg

側面から見て,ヒザ裏と円弧状モールドとの間にちゃんと隙間ができていること.アルミパイプをちゃんと接着して,固定すれば大丈夫でしょう.今は,ただ挟んでいるだけです.

ただこの円弧状のモールドだけでは物足りないので,円弧状モールドの両端にはめる金具っぽい何かもプラパイプで作ってみました.

Hi-nu-86.jpg

動力パイプの作製と同じやり方です.違うのは,その高さ.今回は,0.5㎜で作ってみました.

Hi-nu-87.jpg

厚さを規定するプラ版を外した状態です.ヒザ裏の円弧状モールドだけでなく,ヒザ表のシリンダー用にもパイプを作っています.

作製したパイプ類はこんな感じに.

Hi-nu-88.jpg

塗装しないと何のことかさっぱりですから,このパーツだけでも早めに塗装したいです.

これでようやく脚部が終わりました.次は,腰部ですが,今度はどれぐらい手がかかるでしょうか?
それではまた来週.
スポンサーサイト



<< Hi-ν 09 腰部その1 概形構築 | ホーム | Hi-ν 07 脚部その6 足首 >>


コメント

康策の変態度合いが増していますね!

すねパーツの自作も凄かったですが、この、
関節にわざわざ金属パーツを加工するあたり、、、
おかしいですw

どうしてモビルスーツモデラーって、みんな変態工作の沼にはまっていくのでしょう。
凄すぎてついていけませんw

しかし、プラに拘らず、色々な素材を使うのはとても共感します。
適材適所ですよね。

Re: タイトルなし

gyoさん,コメントありがとうございます.ヒザ裏のあのパイプモールドは,削り取った時点でやらかしたと思っていました.なかなかいい解決策が見つからず,そして,脚部自体の煩雑さにかまけて,放置プレイでした.

脚部が一段落したときに思い出し,改めて色糸と試してみて,最後に行き着いたのがあのアルミパイプでした.試したのは,エバグリの2㎜丸棒,タミヤさんの曲がる2㎜丸棒,2㎜の真鍮パイプなどなどです.どれも加工はできるものの理想の曲率で固定できず,真鍮はそこまでめげることができなかったのですが,断念しました.こちらのサイズなので,2.4mmと本当にギリギリなのですが,何とか形になってホッとしています.

このHi-νに関しては確かにいつも以上に手を加えている気がしますが,gyoさんに変態呼ばわりされるほどの域には達していませんよ.最近のgyoさんの製作は,私のような一般人の手の届くそれをはるかに終えていらっしゃいます(笑).何ですか,あのですスター,ザリガニ.美しいです!また,そちらにもお邪魔しますね.

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム