FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

Hi-ν 03 脚部その2 スネなど

昨日に引き続き,連投です.今回から,前半戦の山場であるスネ・ふくらはぎに移ります.おそらくここはかなりの時間と労力を要する箇所.しばらくは,ここで停滞するでしょう.方針としては,ナラティブのフレームにHi- νの外装を取り付けていきます.

まずは,スネから始めましょう.昨日の製作記でもすでに仮組としてスネパーツを取り付けていますから,形状的には問題ないはず.が,きちんと取り付けるために,ばらします.

Hi-nu-19.jpg

左のパーツのように,四つに分けます.このうち,ヒザアーマーとスネを使います.側面のダクトは今回は使いません(そう,この先,ひどい地獄が待っています).すねは,加工の前に,スジ彫りを入れておきます.

Hi-nu-20.jpg

スジ掘りは,マスターアーカイブ本の設定画をベースにしています.貫通させていますが,設定画の通り.地味に大変な作業です.そして,さらに上下で切断.

Hi-nu-21.jpg

このままでは,ナラティブのフレームにうまく取り付けられないためです.ここで,ナラティブのスネパーツを使います.

Hi-nu-22.jpg

サイコ外装を取り付ける関係で,すね外装の形状は中途半端.その中途半端な下部を分断します.そしてHi-νのすね兜合体します.

Hi-nu-23.jpg

一番合いがしっくりくる位置で分割していますから,大きさ的には問題ありません.が,スネの逆Rが,分断面で凹から凸に変わっているのと,エッジがだるいので,ひたすら削り込みます.

Hi-nu-24.jpg

逆Rの件までエッジを立てるのは,思った以上にしんどい作業でした.上の画像と比べると,エッジがぴしっと経っています.接続部は,ナラティブのパーツ側なので,このままフレームに取り付けることができます.

Hi-nu-25.jpg

画像が前後しますが,上の画像では,スネの研磨はまだです.取り付けは問題ないですね.次に,赤丸で囲んだ部分ですが,これは,ナラティブのふくらはぎ側面のパーツをカットして本来の接続穴に取り付けたものです.今度は,このパーツを土台にして,すそ側面パーツを取り付けます.もちろん,使うのはHi- νのパーツ.

Hi-nu-26.jpg

赤丸で囲んだ部分です.ここでもHi-νのパーツを切り刻んでいます.もちろん,そのまま使うのではなく,プラ板を貼り付けて,形状を変更します.

Hi-nu-27.jpg

マスターアーカイブ本の設定画に合わせ,大きく形状変更しました.もっとも面積が広い部分はキットのものですが,プラ材を3枚合わせています.今回,黒い流し込み接着剤を使っていますから,表面処理前は非常に汚いですが,どこでつないだか分かりますね.これを,先ほどの土台に接着します.

Hi-nu-28.jpg

こうやって少しずつ外装を加工し取り付けていかなければいけません.まだまだ,地獄は始まったばかり.ちなみに,フレームですが,外装を取り付けるため,凹凸はすべて除去しています.

Hi-nu-29.jpg

加工後のフレームとキットのフレームを比較してみます.ずいぶんとスッキリしましたね.しかし,フレームも,まだいじる必要があります.次回はヒザアーマーですかね.
スポンサーサイト



<< Hi-ν 04 脚部その3 ヒザアーマー | ホーム | Hi-ν 02 脚部その1 概形模索 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム