FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

ヴァッフ08 腕部 その2

いつの間にか週末になっていました.日本は,緊急事態宣言が撤回されつつありますが,こちらはまだ見通しが立っていません.慣れてきたと言え,引きこもり生活が続くと,時間の間隔がおかしくなってしまっています.

さて,唯一の息抜きの模型です.前回は,ヴァッフの腕で,基本工作中心でした.まぁ,ぎゅっと握った拳は,基本工作ではありませんが,ウチでは定番工作です.その中で,肩のパーツは1機分,下腕は1.5機分しか書いていませんでした.底で触れていなかった片側の下腕と1機分の両肩が今回のターゲットです.まずは下腕から.

waff82.jpg

ヴァッフでは,下腕はアタッチメント式で他の腕と交換可能となっていますが(ライダーマンみたい),その基部の厚みを変更します.左が変更後.ヒジ側をでっぱりの分,除去しています.それに合わせて,それが接続する部分も,一部切り取っています.

waff83.jpg

フォーカスが合っていませんが,写真で上の部分(左のパーツ)を切り取っています.これで,干渉がなくなり,きちんとドッキングできます.

今度は,手首側も1.5㎜短くします.

waff84.jpg

そして,一部を切り欠き,手首カバー装着用の溝をプラ材で埋めます.次に,直系9.8㎜のプラパイプとプラ板で,筒を作ります.

waff85.jpg

プラ板で,片側にフタをする前に,プラパイプに3か所スリット状の切込みを入れておきます.

両パーツをドッキングし,プラ材で側面につく部位を自作します.

waff86.jpg

この新たなパーツは,サイドカメラ.ドッキングします.

waff87.jpg

次にメインカメラを,プラパイプをベースに自作.

waff88.jpg

これもドッキング.

waff89.jpg

最終的に,こうなります.

waff90.jpg

上のパーツが今回自作で作ったもの.下はノーマルのヴァッフの下腕です.これは,ブグと同じく,おおのじゅんじ先生のククルスドアンノ島に登場するヴァッフ強行偵察型の右手.ヴァッフは2キットあったので(一つは貰い物),一つはバリエーションにしようと思っていました.この強行偵察型のヴァッフ,デザインはカトキ先生のようで,強行偵察型のザクに準じた設定になっているようです.変更箇所は,下腕,両肩,そして頭部です.ヴァッフでは,ガン型の携帯カメラの代わりに,カメラが直付けされているんですね.アタッチメント方式なので,その方が自然です.このカメラ,形状はおおの先生のコミックを参照に割り出しています.我々の世代だと,サイコガンにしか見えませんね.あれは左腕だったか.サフを吹いて,手首カメラの完成です.

waff91.jpg

キリがいいのでここで終わってもいいのですが,もう少しだけ進めてみましょう.次は,もう少し面倒な改造が必要な肩です.コミックでは,肩は,ギャンのような球状に描かれています.当初は,ギャンを使おうかと思案していましたが,大きさに問題があり,候補となりそうなキットを物色していました.しかし,結局は2枚あるヴァッフの肩装甲の内,内側のものを使うことに決めました.

もちろん,よさそうなのは概形だけで,大きくいじる必要があります.まずはプラ板を貼りまくります.

waff92.jpg

黒い流し込み接着剤を使うのはいいのですが,作業途中ではとても汚く見えますね.これを削り込み,形状変更.

waff93.jpg

強制的に,球状にします.天井にある四角のスキマの両端にスジ彫りを入れ,段を入れます.

waff94.jpg

次に肩側面に9mmの穴を空けます.

waff95.jpg

元のパーツと比較してみます.

waff96.jpg

ずいぶん,丸みを帯びた形状になりました.とりあえずサフを吹いておきます.

waff97.jpg

丸みを帯びた形状に変更できました.作業はまだまだ続きますので,今週はここまで.続きはまた次回にでも


スポンサーサイト



<< ヴァッフ09 腕部 その3 | ホーム | ヴァッフ07 腕部 その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム