FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

77GC-115 完成編3 RX-77-3 ガンキャノン重装型

先週は,更新をさぼってしまいました.写真撮影する気になれず,気が付いたら週末が終わっていました.気を改めて,77系ガンキャノンの完成記事.第3弾は,MSVからガンキャノン重装型です.

77-1279.jpg


これまでのガンキャノン同様,オリジンキットをベースに,新旧のHGキット,往年のMSVガンキャノンIIを使用した贅沢モデリングです.形状が異なる部位や他のキットとの整合性が悪い部分は,自作あるいは改造で作っています.MSV系は,ずっと作ってみたかったので,完成に至っただけで満足です.

これまで同様,素の正面図から.

77-1280.jpg

基本は,オリジンキットで,プロポーションはそのままです.肩のキャノンは,新HGキットのパーツを用いていますが,重装型は基部の形状がジムキャノンのそれに近いので,自作しています.また,胸部ダクトもオリジンキットのパーツを削って,設定画に合わせています.コクピットハッチは,プラ板の箱組による自作です.また,肩装甲は,ガンキャノンIIのパーツを参考に自作しました.すねは,オリジンキットのものですが,はしごディテールは埋めています.ひざ装甲は,形状が全く異なるので,プラ板を使っての自作です.

素の左側面です.

77-1281.jpg

肩キャノンのこぶは,MSVキットのパーツを使っています.ひじの装甲も形状が異なるため,自作しました.スネ側面のダクトも自作,ダクトフィンは,シイタケディテの応用で,垂直ではなく角度を付けて作っています.ひざ装甲側面のダクトフィンも同様です.くるぶしのパーツは,旧HGキットのものを使っています.

素の背面です.

77-1282.jpg

頭部はオリジンキットですが,後頭部にあるアンテナの基部は新HGキットから移植しました.問題のバックパックは,新HGキットの円柱状バックパックを芯に,MSVキットのバックパックを切り刻んで作製したT字を上から被せることで作製しました.とは言っても,背面ダクト,側面のバーニア,下部のバーニアカバーはすべて自作しました.動力パイプも1個づつ自作したものを組んでいます.

少し見づらいですが,リアスカートは,オリジンキットのものを加工して形状を合わせています.ファイヤーナッツを装備している左のサイドアーマーも,オリジンキットのパーツを芯にプラ板で作りました.ちなみに,ファイヤーナッツは,ランナーを加工して作りました.

素の右側面,俯瞰です.

77-1283.jpg

機体名の元になっているキャノンは,4色で色分けしています.自作したディスク状のキャノン基部は,他のガンキャノンのものよりもかなり大きいですが,設定画ではキャノンと頭部の位置は,他のガンキャノンと大差ないため,調整に苦しみました.キャノンで隠れている部分で工夫して,できるだけ矛盾が無いようにしています.

ビームライフルを携帯した状態でのガワラアングル,左側面です.

77-1284.jpg

塗装は,ロボット魂のものよりも暗めに,一方でゼータにゲスト出演したときのものよりも明るい青になるようにしました.それでも少し明るすぎたかもしれません.ラインデカールは,大河原先生のMSV画集を参考にしました.スネのラインは,軽い地獄を見ました.

ガワラアングル右背面です.

77-1285.jpg

マーキングは,地上用ということでEFFにしています.

77-1286.jpg

重装型は,バイザーの色がオレンジ系なので,塩ビ板をバキュームフォームで加工したものをクリアーオレンジで塗装して作りました.キャノンの基部は,キャノンを動かしてもあらが出ないようにしています.

77-1294.jpg

キャノンを稼働しても,追従しています(ちょっとしたトリックですが).

77-1287.jpg

バックパック下部にあるバーニアカバーも稼働します.カバーをオープンすると,

77-1288.jpg

4色グラデーションのバーニアが出てきます.

77-1289.jpg

手首は,オリジンキットのザクからですが,ガンキャノンの記号ともいえる3本線モールドを追加しています.

77-1290.jpg

すでに書いたように,くるぶしは旧HGキットのものを流用していますが,オリジンキットのパーツよりも大きいため,スネ側面の装甲を削って調整しています.

77-1291.jpg

この角度からだと,ダクト?バーニア?のフィンが見やすいですね.フィン系はすべてメタリックにしています.

77-1292.jpg

胸ダクトの基部は,キットパーツを1㎜程削っています.これは,ただでさえ目立ってしまうコクピットハッチをこれ以上オーバースケールにしないためです.

77-1293.jpg

キャノン基部の下も塗り分けています.ここのマスキングは思った以上に大変でした.

77-1295.jpg

少しだけアクションポーズ.シールドが無い機体には,平手を付けるべきでした.ちなみに手首は,オリジンキットのザクから流用しています.グー手は,切り刻んで中央の隙間が無いように加工しています.

77-1297.jpg

肩装甲は,少し小さいかなと思っていましたが,こうしてみると問題なさそうです.

77-1298.jpg

ビームライフルは,新HGキットのものを使いました.

77-1299.jpg

トップ画像とかぶりますが,この機体の主役はまぎれもなくバックパックです.

77-1300.jpg

これまでのガンキャノンとは異なり,自作パーツが割合が高くなり,製作は難航しましたが,出来上がってみれば,"何もかも皆懐かしい"気がします.何よりも,昔からやってみたかったMSV機体の製作ができたのは,嬉しい限り.残りの機体はすべてその系統ですので,次回も完成記事を続けます.
スポンサーサイト



<< 77GC-116 完成編4 RX-77-3D ガンキャノン重装D型 | ホーム | 77GC-114 完成編2 RX-77D 量産型ガンキャノン ホワイトディンゴ仕様 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム