FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

77GC-113 完成編1 RX-77-2 ガンキャノン ホワイトベース108号機

76系ガンキャノンの完成記事も終わったので,今度は77系ガンキャノンの完成記事です.こちらは6機完成していますので,もうしばらくはガンキャノンの記事にお付き合いください.77系最初の機体は,ホワイトベース108号機,カイさんのガンキャノンです.

77-1249.jpg

プロポーション抜群のオリジンガンキャノンキットをベースに,リバイブキットのパーツを部分的に使っています.もちろん,カイさんのガンキャノンは,私の中では,大本命.ここを目指しての10機同時製作になってしまいました.以降のRX-77系5機は,この108号機の改修をベースにしています.

形式番号だけでなく,最初期型が設定されたため,この機体が原点ではありませんが,デザイン上の始祖という点ではまぎれもなくオリジンだと思います.

それでは,いつものように素の4面図.まずは正面から.

77-1250.jpg

オリジンキットをベースに,リバイブキットのパーツを使ってのニコイチなので,改修点を挙げるとキリがないのですが,両肩のキャノン,ダクトを含む胸部,足首はリバイブキットのパーツを使用しています.

素の側面です.

77-1251.jpg

肩関節は,初期型ガンキャノンのパーツを用い,各層のエッジが水平になるようにプラ板とエポキシパテで加工しています.初期型の肩は,各層のエッジがギザギザなので.リバイブキットだと,肩関節が小さく,迫力に欠ける気がしたので,無理してでも加工してよかったと思います.また,スネ側面のハンドグレネード基部は,プラ板で大型化しています.なお,こぶしは,オリジンキットのザクのものを加工しています.ガンキャノンはやっぱり丸指でないといけません(笑).手甲にガンキャノンの記号である3本のモールドを加えています.

素の背面です.

77-1252.jpg

頭部はオリジンキットのままですが,後頭部のアンテナ基部は,リバイブキットのものを流用しています.バックパックはリバイブキットのそれを無加工で使いました.無加工で付くというのは,ニコイチしてみては?というバンダイさんからの挑戦状でしょうか?また,腰のリアアーマーは,オリジンキットの胴パーツについているでっぱりをすべて除去し,のっぺらぼうにしたのち,形状を出したプラ板を貼り付けています.

素の右側面,俯瞰です.

77-1253.jpg

胸部の前面はリバイブキットですが,それ以外の胴体はオリジンキットです.ただし,オリジンキットは,背中が張り出したデザインをしているので,背面を4 mmほどカットして幅ツメしています.自分の中ではスムーズにつながったと思っているのですが....

ビームライフルを持たせた状態でのガワラアングル左正面です.

77-1254.jpg

胸部だけはリバイブキットを移植していますが,残りの胴体と腰はオリジンキットを加工したものです.胸部ダクトは,黄色だとおもちゃっぽい気がしたので,チタンっぽいメタリックで塗装してみました.腰部フロントアーマーのモールドは,苦手なスジ彫りで入れてみました.

同じくガワラアングル右背面です.

77-1255.jpg

右側には機体番号が無いので,キャノンの基部に108号機の機体番号を入れています.足首は,オリジンキットのものを移植していますが,若干隙間はあるものの,何とか融合したと思っています.

ここからはインアクション.

77-1256.jpg

武装はビームライフルだけなので,ポーズが少ないですね.左手だけでも平手を準備しておけばよかった.マーキングの108は,リバイブのそれをベースとしています.また,ラインデカールを多用し,リアルタイプっぽく仕上げました.

77-1257.jpg

フォーカスが本体にあっているので,少しボケていますが,ビームライフルの下側のセンサーは,クリアーパーツを上から貼ってレンズ状にしています.

77-1258.jpg

腰部サイドアーマーは,オリジンキットのパーツを薄く加工して,外側に膨らみすぎないようにしています.オリジンキットは,デザイン上そうなっていますが,こちらは前後のアーマーとスムーズにつながっているデザインですからね.

77-1259.jpg

バックパックとキャノン本体の塗装は,F-35 や一部のF-16に使用されているハブグラスグレーを使っています.ちょっと粒子感が強い気がします.

77-1260.jpg

片膝を立てての砲撃態勢です.可動範囲が広いキットですね.オリジンキットの脚部についている搭乗用のステップはすべて埋めています.77系では,搭乗にリフトが用いられるようになり,76系よりもパイロットフレンドリーになったということでしょうか?

77-1261.jpg

最後は,その状態を側面から.オリジンキットの出来がいいため,77系も作ってみようという気になったのですが,77系ガンキャノンにするにはそれなりに手を加える必要があります.が,割と楽しく作業することができました.これで,ようやく5機体目.ちょうど半分ですね.さて,次の機体は?
スポンサーサイト



<< 77GC-114 完成編2 RX-77D 量産型ガンキャノン ホワイトディンゴ仕様 | ホーム | タガネケースの製作 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム