FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

タガネケースの製作

完成記事も半ばなのですが,今週末は撮影できなかったので,別の内容で記事を書きます.本来なら,夏には取り掛かれる準備ができていたのですが,余力はすべてガンキャノンの製作に回していたので,やらずじまいでした.走り出したら止まらないようです(汗).

それは,夏前にn兄さんのツイッターで見たタガネケース.オリジナルの記事はこちらからたどれます.実際の記事は,昨年のようですね.まっ,私が見たのは夏前ということで.で,この記事に書かれているタガネケースを作ってみました.現在は,バラでzipロックの袋にまとめて入れていただけなので,探すのに時間がかかっていました.これで,無駄が省けるでしょうか.

まずは,1㎜厚のプラ板を57.5x91.5 ㎜2に切り出します.

Tanane-case1.jpg

そして,日本の100均で買える名刺ケースを準備します.個人的には,これが一番ハードルが高いのですが(日本の100均は,世界一いぃぃぃぃ).

切り出したサイズのプラ板は,バッチリ収納できます.

Tanane-case2.jpg

ちなみに,この名刺ケースは,セリアで購入しました.もちろん,100円です.

次に,エバグリの角棒,3.2x2 ㎜2を準備し,8㎜の長さに切り出します.

Tanane-case3.jpg

ケチれば7.5㎜でも可能です.大盤振る舞いなら,プラ板と同じ91.5㎜でも大丈夫.これを,先ほどのプラ板に,45㎜間隔で接着します.

Tanane-case4.jpg

要はデカいシイタケディテールですね.性格に45㎜が望ましいので,私は治具を作りました.

Tanane-case5.jpg

治具のでっぱりの部分がちょうど45㎜です.でっぱりの厚みは1㎜なので,3.2㎜の高さの底には届きませんから,流し込み接着剤を使っても,治具が接着されることはありません.シイタケを作った経験がある方だと,この感覚はお分かりかと.

次に,3.2㎜幅のプラ棒を,21㎜の長さに切断し,一つの角を45度のC面を入れて,先ほどのフィンに貼り付けます.

Tanane-case6.jpg

この時,入れる予定のタガネの刃幅によって,用いるプラ棒の幅が異なります.0.7㎜のタガネまでは,1.5㎜幅で大丈夫でしたが,それ以上になると,1㎜幅,0.5㎜幅に偏向が必要です.また,45度も,だいたいで大丈夫です.これが,タガネの首位置になるため,刃が底に着くのを防いでくれます.

また,落下防止用に,上側にも1mm厚のプラ棒を接着しています.ケースに入れてみます.

Tanane-case7.jpg

いい感じ!タガネを入れてみます.

Tanane-case8.jpg

バッチリです.刃先はこんな感じです.

Tanane-case9.jpg

これで,整理整頓できますかね?ちなみに,3ケース分で,経費は約1000円でした.エバグリのプラ棒が一番高いです.
スポンサーサイト



<< 77GC-113 完成編1 RX-77-2 ガンキャノン ホワイトベース108号機 | ホーム | 76GC-44 完成編4(最終回) RCX-76-02 最初期型ガンキャノン 鉄騎兵中隊112号機 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム