FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

76GC-41 完成編2 RCX-76-01A 最初期型ガンキャノン 機動試験機

前回投稿した最初期型ガンキャノン ロールアウト1号機に続く第2弾として,最初期型ガンキャノン機動試験機です.ガンキャノンと言っても,キャノンを装備しているわけではなく,肩にはガトリングが付いているだけ.その代り,頭部にはガンダム系のVアンテナが付いています.そのため,ガンキャノンというよりも,その後のガンダムの始祖となった機体と言ってもいいのかも.もっともガンキャノンから離れたガンキャノンです.

76-384.jpg

ロールアウト1号機同様,キットの出来がいいので,アウトライン等の変更はせず,若干のスジ彫りの追加とディテールアップを中心に製作しました.

まずは,素の正面から.

76-385.jpg

頭部以外はまぎれもなくガンキャノンですが,頭部はガンキャノンのフレームにガンダムが混じっています.

素の背面.

76-386.jpg

同時製作した他のガンキャノン同様,ヒジとヒザの関節裏には,可動に干渉しない程度にディテールを追加しました.

素の左側面です.

76-387.jpg

本体塗装は,スカーレット系の濃い赤を下地に調合したオレンジイエローを吹いています.

素の右側面,俯瞰図です.

76-388.jpg

頭部は,耳あてを新造し,バルカンをメタルパーツに置き換えました.

フル装備状態をガワラアングルで.

76-389.jpg

ガンキャノンを複数製作すると,ヤシマ式マシンガンが余るので,この歩行試験機に両手持ちしてもらいました.

同じくガワラアングル,右背面です.

76-390.jpg

画像では見えにくいですが,初期型ガンキャノンの特徴ともいえる3本指マニュピュレーターの1本を加工し,マシンガンのトリガーにかけています.残りの2本も一端切断し,グリップをホールドしているように加工し,再接着しています.

頭部のアップです.

76-391.jpg

歩行試験機は,頭部にガンダムのようなトサカセンサーを2基有していますが,ここはくりぬいてカメラっぽい何かを入れた後,薄いクリアーの塩ビ板にクリアーグリーンを吹きつけたカバーを自作し,接着しています.

76-392.jpg

後頭部のセンサーも同様にカメラっぽい何かを中に入れています.

76-393.jpg

2丁拳銃は,2刀流よりもポーズが難しいですね.うまく決まりませんが,ポーズを付けてみました.

76-394.jpg

ガンキャノンは,どうしても正面からの構図が多くなります.この方が見栄えしやすい?

76-395.jpg

こちらも正面から,上半身を中心に.やはりキャノンがないと物足りませんね.さて,これで2機体の完成記事が終わりました.時間がかかりますが,毎週2機体づつ完成記事を上げていきたいと思います.では,また来週.
スポンサーサイト



<< 76GC-43 完成編3 RCX-76-01B 最初期型ガンキャノン 火力試験機 | ホーム | 76GC-40 完成編1 RCX-76 最初期型ガンキャノン ロールアウト1号機 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム