FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

76GC-30 塗装編 3 塗装大会 後編

ほぼディテールアップだけしかしてない76系ガンキャノンの製作記も30回目.こちらは4機なので,これでも製作記としては早い方なんでしょうか?ウチの場合はそうでしょうね.

さて,本日も昨日に引き続き,怒涛の塗装です.76系は,昨日までに3体の基本塗装が終わりましたから,残り1体.最後は,火力試験機です.しかし,塗装としては,歩行試験機と同じ黄色系.77系を合わせると,重装D型も同じ配色ですから,変化が乏しい気もしますが仕方ありませんね.

黄色系統は,深い赤をベースとした赤立ち上げです.ブリティッシュクリムゾンというあずき色に近い色を下地として最初に吹いておき,その上から調合した黄色を被せました.まずは胴体.

76-287.jpg

本日の塗装は,あまり時間がなかったので,途中の写真が撮れず,部分塗装後の画像を使っています.調合は,前回も書きましたが,リファレンスイエロー2,フラットホワイト1に微量のクリアーレッドを加えて,オレンジ側に振っています.正確には,50:25:3です.乾燥すると,赤みが強くなるようです.バックパックです.

76-288.jpg

こちらも,部分塗装後であること以外は,歩行試験機と変わりません.脚部も同様です.

76-290.jpg

これまでは,歩行試験機との差は皆無ですが,腕部は違います.

76-289.jpg

設定では,右手だけががんタンク系の四連奏機関砲ですが,試験機ということで両手とも機関砲にしてしまいます.ガンキャノンなのに,ズゴックみたいになりそうです.さて,これで基本塗装が終わりました.ここで,またしてもマスキング地獄.

そして部分塗装をします.77系とは異なり,76系は単色の機体ですから,部分塗装が必須ですね.設定とは少し違いますが,それぐらいはいいでしょう.まずは,スリッパ.

76-291.jpg

つま先の6角形モールドをガンシップグレーにしました.ここでは,2機だけですが,他の2機もすでに同様の部分塗装を済ませています.そして,胴体.

76-292.jpg

キャノンの基部を同じくガンシップグレーで塗装しました.ここのマスキングは,これで8体目ですが,とても面倒です.下の4パーツは,バックパックの一部です.7割ガンメタルを塗りました.

腰のサイドアーマーです.

76-293.jpg

なにやら意味ありげなモールドがありますから,塗り分けました.上部はメタリックでマグネシウムを,下部はガンシップグレーにしました.4機分ですから,壮観です.マスキングは決して楽しい作業ではありませんでしたが....これだけ繰り返すのは,苦痛でした.これで,ガンキャノンの製作を始めてから,2本目のガンシップグレーが終わりました.関節等で大量につかったとはいえ,2瓶無くなるのは,すごい気がします.改めて,なんて狂ったことをしているのかが分かります.

シールドのモールドも塗り分けました.

76-294.jpg

マグネシウムを使いました.白のシールドは,以前同じ部分塗装をした際に,白の塗装がマスキングテープに持っていかれました.これはリターンマッチだったのですが,今回はうまくいったようです.バンダイのキットなので,表面に剥離剤等は残っていないのでしょうが,金型の平滑度が良すぎるため,一度やすっておかないと,下地を侵食しないアクリル塗料だとはがれやすくなるようです.今回はうまくいったようです.ついでなので,フレームをはめてみました.

76-295.jpg

白のシールドですが,同じ白でも若干色を変えたので,コントラストが生じて面白くなりました.
本日はここまでです.76系の塗装はあらかた終わりでしょうか.もう少し部分塗装は残っていますし,スミ入れなどもこれからです.来週末からまた出張なので,更新は不定期になりそうです.これで8体.残り2体.
スポンサーサイト



<< 76GC-31 塗装編 4 つぶつぶ,スミ入れ開始 | ホーム | 76GC-29 塗装編 2 塗装大会 前編 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム