FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

77GC-86 キャノン再び その6

さて,たった2体分のキャノンに6回もかかってしまいましたが,それもここまで.本日の作業で,ガンキャノンのすべてのキャノンの製作が終わります.全体の作業もかなり大詰め.まずは,ガンキャノンIIの照準システムを仕上げましょう.昨日の作業で,側面のマルイチモールドまで作りましたので,本体の照準システムに貼り付けました.

77-1011.jpg

上部にも,プラパイプの一部を削り出し,こぶを作っています.形状の再現はこれでおしまい.旧キットのパーツと比べてみます.

77-1012.jpg

左が今回製作した照準システムで,右は旧キットのもの.あまり変わってないですが,少しコンパクトにしてみました.これは,クリアランスを考慮して,バランスをとった結果です.また,より箱っぽくしています.なお,整形を済ませて,サフを吹いています.前面です.

77-1013.jpg

前面には,多目的照準システムの顔ともいうべき複合センサーがあります.これもプラ板をくりぬき,作製しています.やっぱり,センサーが命の照準システムですから,センサーは大きめにしています.裏です.

77-1014.jpg

旧キットは,裏側にモールドはありませんが,それでは少し寂しいので,筋状のエバグリ板を使いました.センサーはまだ残っていますが,これで照準システムも完成です.後は,クリアランスの確認.実際に,ガンキャノンIIのボディーに接続してみます.

77-1015.jpg

ホントにギリギリですね.これでは首が回りません(笑).後ろからです.

77-1016.jpg

照準システムの下にある皿の位置も計算したかのようにギリギリ.実は,たまたまこうなっただけだったりします(汗).まっ,結果オーライということで.側面は,

77-1017.jpg

顔が完全に隠れてしまっています(汗).しかし,これはデザイン上の制約です.ビームキャノンは,二回りほど大きくなりましたが,ごついオリジンキットといいバランスだと思います.やっぱり,2問から1問に変わっていますから,それなりの迫力が無いといけません.さて,すっ飛ばしたセンサーです.プラ板を切り出し,

77-1018.jpg

ラピーテープを貼ります.

77-1019.jpg

このままではイマイチなので,もう一工夫しないといけませんね.しかも,シルバーと色つきのものを準備してみましたが,あとで塗装するかもしれませんから,今のところ両方作っておきます.

さて,ここでもう一度重装型のキャノン.キャノンについている角状のモールドにスジ彫りを入れました.

77-1020.jpg

これは,大河原先生のMSV画集を参考にしました.こんなところにモールドがあるのを知らず,たまたま確認したらモールドが入っていました.見えたんだから仕方がありませんよね.

最後は,すべてのきゃのんのディテールアップです.キャノン側の接続パーツ受けは,そのままだと関節部がむき出しになりますから,端を1㎜切り詰めて使っています.その部分には,モールドを加えます.

77-1021.jpg

コトブキヤさんのパーツを使いました.もちろん,複数必要です.

77-1022.jpg

これで,キャノン部の製作はおしまいです.残すは手首のみ.それは来週がんばることにしましょう.
スポンサーサイト



<< 77GC-87 こぶし その1 銃持ち手 | ホーム | 77GC-85 キャノン再び その5 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム