FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

77GC-73 量産型と重装D型の肩

先週は,ようやく模型を再開したのにもかかわらず,体調不良のため,進展具合は今一つ.風邪でした.
今週は,雪と雪より怖いフリージングレインのため,1日半ほど職場が休みになっていました.その間に,何とか体調も復活しました.風邪の原因はうたた寝でした.癖にならないようにしておかなければ.

さて,前回までで余計なものも含めて下腕まで終わりました.本日からは,肩を進めます.77系の機体では,我ら108号機以外の5機体にはすべて肩に装甲が付いています.そのうち,重装型とガンキャノンIIは同じ形状ですが,残りはすべて異なるデザイン.しかも,肩のパーツはすべてオリジンキットを使用していますから,他のキットと比べると一回りないしは二回りほど大きくなっています.そのため,使えそうなパーツでもそれなりの対応が必要なので,すんなりとはいかないでしょう.

さて,まずは,キットのパーツが使えそうな量産型の肩から始めます.

77-839.jpg

裏側には,接続用のダボがあるのですが,オリジンキットの肩パーツを使用するので,そのダボは不要です.削り取ってしまいます.

77-840.jpg

特徴的ないわゆるブチ穴を開口し,スジ彫りやディテールを入れます.

77-841.jpg

下型の円モールドは掘りなおしてシャープにしています.また,底面にも同様な円モールドを入れています.ここにはコトブキヤさんの円モールドを埋め込んでいます.

77-842.jpg

さて,オリジンキットの肩は,この量産型キットの方に比べるとかなり大きいため,このままでは肩装甲を装着できません.接着面で2㎜の幅増しを行います.

77-843.jpg

プラ板を追加した中央部に突起がみえますが,この突起を使って肩パーツを接続します.

77-844.jpg

位置合わせは大変でした.が,接続部は最適な場所に落ち着きました.2㎜の幅増しは,このサイズでは結構な違いが出ます.

77-845.jpg

肩パーツがきちんと入ることを確認し(それでも無理っぽかったので,肩パーツの側面を削っています),接着します.

77-846.jpg

表面処理が残っていますが,この量産型の肩をいじることで,肩装甲と肩パーツの最適位置が決まりました.この位置関係は他の機体にも適用できます.そのため,表面処理は後回しにして,先に他の機体の肩装甲を作っていきます.

量産型は,通称ガンキャノンDと呼ばれますが,同じDつながりで,今度は重装D型の肩装甲に移ります.量産型同様,重装D型も肩パーツがすっぽりと収まるような肩装甲です.もちろん,そんなパーツはありませんから,こちらは完全自作です.幸い,直線的な形状ですから,プラ板の箱組で対応できそうです.胴体側は,クリアランスがギリギリなので,0.4㎜厚のプラ板をベースに,天井面を接着します.

77-847.jpg

肩パーツの接続用に円柱プラ棒をさしておきます.肩パーツを取り付けて確認します.

77-848.jpg

問題なさそうです.天井部から斜めの側面を貼ります.

77-849.jpg

ついでに,装甲の縁にプラ材を貼り,厚みを追加しておきます.そして,側面パーツを加工.

77-850.jpg

接着します.

77-851.jpg

軽く表面処理を行い,概形ができました.

77-852.jpg

スキマが目立つので更なる表面処理が必要です.その前に,次の装甲に移ります,が,本日はここまで.明日も,肩装甲を続けます.
スポンサーサイト



<< 77GC-74 重装型とガンキャノンIIの肩 | ホーム | 77GC-72 シールド >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム