FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

デルタ・プロジェクト-その3

デルタ・プロジェクト,3回目です.両キットの説明が終わったので,いよいよ製作,作り比べです.

まずは,頭部から.

delta03

同一スケール(1/144)ですが,百式のほうが二周りほど大きめ.デルタプラスの頭部に,覆面のようにそっくりかぶせそうです.どちらも精悍な顔つきですが,百式の口周りは70年代暴走族のマスクのようですね(爆).あるいは,カラス天狗といったところでしょうか.

どちらも,ガンダムのようにツインアイっぽいですが,目の玉つながりのおまわりさんのように(これが分かる人は,同年代だ!>実質,バカボンのパパの歳を越えてしまった>涙),シングルバイザーです.百式は,シールのみだったのに対し,デルタプラスは,シールを貼った上からクリアーパーツをかぶせるという念の入れよう.ここでも時代の違いを感じます.

delta01

側面は,前面ほどサイズの差が現れていません.横顔は,百式のほうがいい感じです.

delta02

高等部は,兄弟機でありながら,かなり違いますね.百式は頭が張っていますが,デルタプラスは下部で広がっています.なお,センサーはどちらもクリアーグリーンとなるはずですが,百式のほうは割愛されています.これも時代の違い.

次に,胴体.

delta08

同様な配色ですが,百式のほうが太めですね.これは,可変かどうかの違いでしょうか.

delta11

上から見ると,胸板の厚さ違いではなくて,バックパックの大きさの違いだということが分かります.というか,デルタプラスには,バックパックはありませんね.

側面は,

delta09

兄弟機といえど,細部はかなり違います.

delta10

後姿です.百式のバックパックにはバーニアがあるので,ここだけ見る感じでは,百式のほうが機動性はよさそうです.
スポンサーサイト



<< デルタ・プロジェクト-その4 | ホーム | デルタ・プロジェクト-その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム