FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

77GC-54 脚部その2 108号機

前回に引き続き,今回も77系の脚部です.しばらくは,77系の脚部ばかりでしょうね.

前回は77系の脚部で共通のパーツである大腿部をメインに触っていましたが,今回からは個別の機体に特化して,作業します.まずは,オリジンの機体にもっとも近いというよりも,すべてのガンキャノンの外なる108号機から始めます.基本,76系機体の脚部をシンプル化する方向でいじればいいようです.まずは,ひざから.

77-631.jpg

曲面ベースのひざあてですが,オリジンのパーツには下部にスラスターっぽいモールドがあります.しかし,108号機にはなく,シンプルな形状なので,裏に裏打ちし,

77-632.jpg

削ります.また,中央のステップモールドも,プラ板で埋めて,削ります.

77-633.jpg

サフを吹いて,ひざ小僧の完成です.2セットあるのは,108号機用と重装D型用です.次は,スネのパーツ.ひざあては,オリジンのキットを使ってますから,ひざの裏パネルは,76系でやったように処理しておきました.

77-634.jpg

また同じ作業でしたから,76系のときに一緒にやっておけばよかったですね.ここまでは2機体分ですが,ここからは,108号機に特化しての作業です.スネ側は,搭乗用ステップをすべて埋め,除去しました.

77-635.jpg

その他のモールドは,掘りなおしています.裏側も,段落ちにまたぐ横一文字のモールドを除去し,代わりにももの裏側と同様のモールドをプラ材で追加しました.

77-636.jpg

これで,108号機の脚部は終了!と思ったのですが,次の機体を検討している時に,少し違和感を覚えました.それは,側面の出っ張りモールド.76系ではこのモールドが何か分かりませんが,77系ではその用途が判明しています.設定画等を参照して,ほとんどの機体では,側面の装甲よりも上にははみ出していませんでした.そこで,そのでっぱりをカット.

77-637.jpg

すでに,プラ材で裏打ちしています.108号機では,プラ材を貼り付けて,大型化します.まずは,頂点と底面にプラ材の追加.

77-638.jpg

それをベースに上部にプラ板を張り付け,厚みを増します.

77-639.jpg

側面にもプラ板を貼り,表面処理.そして,サフを吹いておきました.

77-640.jpg

オリジンキットに比べると,2割増しのサイズになりました.ちなみに,108号機では,ここにハンドグレネードが入っているそうです.それならば,もう少し存在感をということでの大型化でした.サフを吹いてみると,ピンホールが目立つので,それを処理して,108号機はおしまいです.続きは,また来週.
スポンサーサイト



<< 77GC-55 脚部その3 重装D型 | ホーム | 77GC-53 脚部その1 まずは共通部位から >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム