プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

77GC-39 胴体前面 その3

前回までは,形状が同じ2機分を同時進行していましたが,残りの三つは形状が異なるので同時ではムリ.各個撃破モードにならざる得ません.

が,最初のステップはすべて同じなので,まずは3機分,コクピットハッチの両脇に切れ目を入れます.

77-441.jpg

矢印を入れている場所がそうです.この切れ目を基準にして,胸部ダクト内側を削り,コクピットハッチ部を広げます.

77-442.jpg

ここまで同じパーツを出すと,一体何個持っているのか分かりませんが,ダクトパーツが入っている機体はそのまま初期型で作る予定のもので,比較のために並べています.矢印で示したように,ダクトの内側に0.6㎜の溝を掘りました.この溝は,コクピットハッチをいじる際に使用する予定です.同一の作業はここまで.ここからは,重装型に絞ります.重装型は,形状的には,初期型に酷似していますし,ダクトのフィンも108号機の通常ガンキャノンと違い4枚ですから,コクピットハッチ部をいじればいけそうです.が,そのコクピットハッチをなじませるには,胸部ダクトがあまりにも前面に出すぎている気がしました.ここをいじるのはとても繊細な作業が必要なので,まずはダクトの上下に0.75㎜角のプラ棒を貼り付け,

77-443.jpg

そのプラ棒をガイドにしてダクト先端を除去しました.

77-444.jpg

ダクトが広がっていますね.ダクト位置を内側に下げたため,その抑えを調整します.

77-445.jpg

下げた分,切り飛ばしました.右のパーツです.すでに分割しているダクトを取り付けると,これぐらい縮めたことになります.

77-446.jpg

ダクトを取り付けて仮組します.

77-447.jpg

ダクトの内側と上部の隙間が気になるので,プラ板で調整します.

77-448.jpg

そして,ひたすら整形.

77-449.jpg

比較のために,オリジナルのパーツと並べています.違い,分かりますか?すでに間違い探しのレベルですね.しかも,無理に削っているために,ダクトの内側と上部には穴が開いてしまいました.UV硬化樹脂と瞬間接着剤で,穴をふさぎつつさらに整形.

77-450.jpg

何とかみられる状態になりました.右側がオリジナルです.ダクト部分を若干下げています.まだ,コクピットハッチが手付かずなので,違いがあまりないですね.でも横からだと結構違います.

77-451.jpg

重層型は,バックパックが巨大なため,胴体は少々切り詰めた状態でバランスをとっています.もっとも,コクピットハッチをつけると,切り詰めた胴体がまた巨大化するでしょうけど.

あとは,サフを吹いて,表面処理を繰り返しました.

77-452.jpg

なお,ダクトのフィンもウスウス攻撃でシャープにしています.雰囲気変わりましたか?明日は,謎の機体の胸部です.
スポンサーサイト

<< 77GC-40 胴体前面 その4 | ホーム | 77GC-38 胴体前面 その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム