FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

77GC-38 胴体前面 その2

さて,胴体前面の2回目です.先週,今週と非常に忙しく,そんな中で今回のような(いつもそうかも)手がかかる作業をすると,ほとんど進みません.先週末も今週末も,日曜から仕事ですから,今週の製作記は本日のみです(先週2回書けたのは,貯金があったからですが,わずか1回でそれも無くなってしまいました).

実は,今回の作業は,そのほとんどが,異なるキットを無理やり合わせるためのすり合わせですので,ほぼ間違い探しのレベルの進展しかありません.

では,先週の続きで,108号機(通常のガンキャノン)と重装Dタイプです.リバイブキットの胴体前面をオリジンキットの胴体背面に無理やり合わせるために,微妙な隙間を埋めていきます.まずは,首回り,襟の付け根.

77-430.jpg

矢印で示さなければ,絶対にわからない部分にプラ板を貼り,かさ上げします.これで隙間がなくなるはず.さらに,リバイブキットは襟が少し低い感じなので,プラ板を貼り,延長します.

77-431.jpg

曲面を延長し,さらにスジ彫りを入れるのは,地味に難易度が高いです.さらに,腹部を助教したことで,隙間ができたコクピットの両サイドをプラ板でふさぎます.これも,矢印で示さなければ,分かりませんね.

77-432.jpg

さらに,胸部下端が若干足りないようなので,プラ板をつぎ足します.

77-433.jpg

本当に地味な作業のオンパレード.ニコイチとはこういうものなのでしょうね(苦笑).しかし,その甲斐あってか,ようやく胴体前後を接着します.

77-434.jpg

整形色だけでトリコロールって,どういうことでしょうね(爆).ひたすら整形しました.そして,取り除いていた腹部を補てんします.

77-435.jpg

もちろん使用するのは,オリジンキットの胴体.該当部を切り出し(下に転がっている二つのパーツがそう),入念にすり合わせて,胴体に接着します.

77-436.jpg

前面から見ると,それほど派手ではありませんが,側面からだと

77-437.jpg

派手ですね.ちなみに紺の背面パーツの方が108号機です.ほとんど違いはないようですが,バックパックの取り付け部が若干異なります.バックパックが大きく異なるので当然ですが.コクピット内側の隙間が気になるので,プラ板でぷたをします.

77-438.jpg

矢印のプラ板がそう.合わせ目消しをしたくなかったので(笑),若干小さく切り出したプラ板を貼り付けています(段落ちパーツ化?).

そして,キャノン部にも,オリジンキットに準拠したモールドをプラ板で再現しました.

77-439.jpg

表面処理後,サフを吹いて表面状態の確認です..

77-440.jpg

これで,108号機と重装Dタイプの胴体ができました.続きはまた来週です.少しは進めることができると思いたいです.
スポンサーサイト

<< 77GC-39 胴体前面 その3 | ホーム | 77GC-37 胴体前面開始 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム