FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

77GC-35 高出力バックパック その7

5月最後の投稿になりました.いまだにバックパックです.同じパーツばかりを見ていると,流石に飽きてきましたね.先月から,機種は違えど,バックパックばかりですからね.本日は,月曜日.いつもの日曜日ではありません.こちらでは,MemorialDayという祝日で,お休みです.そう,本日は二日分の作業を1回の記事に凝縮してみます(作業量の割に,二日分にできるほどの内容ではないからですが).そう,本日の作業量はすごいんです,作業量はね.

さて,前回,ようやくサイドスラスターまでが出来上がったので,次は下部バーニアのカバーと言うかベクタードノズルと言うか,いわゆるバーニア周りのフィンを取り付けるための作業が残っています.

さて,旧キットでは,この接続が一体成形のままですが,これをベクタードノズルっぽくしてみたいと思います.方針が決まれば,作業開始です.可動ヒンジを作ります.

77-391.jpg

可動部の側壁と

77-392.jpg

そこにはめ込む回転部です.側壁はプラ板から,回転部はオリジンキット火力試験機用のショルダーキャノンのパーツを加工しています.そして,可動部の底面です.

77-393.jpg

回転部を先に塗装し,組んでみました.

77-394.jpg

塗装したため,マスキングテープで保護していますが,似たようなカラーリングになっています.次に,ここにつながる部分ですが,以下のパーツをプラ板の積層から作製しました.

77-395.jpg

これをフィンに取り付けます.

77-396.jpg

少々,オーバースケール気味ですね.取り付けは塗装後の予定です.これで,大まかなパーツはそろいました.でもまだ残っているんですよ,あの地獄が....(笑).この高出力タイプのバックパックですが,連邦の機体のくせに,あるんですよ,動力パイプが....MSVのガンキャノンIIキットにも,動力パイプのパーツは付いているんですが,今回,バックパックの形状そのものを変更したため,全く使えません.そう,かくなる上はの,自作です.まずは,基部となる部分をプラパイプから作ります.切り出し.

77-397.jpg

2重構造にするために,3.2㎜と2.4㎜径の2種類のパイプを切り出し,うまくつながるように3.2㎜の方はボアアップします.ついでに片側も面取りしています.このうち,短い方は,高さがきっかりと2㎜になるように,テンプレートにはめ込み,

77-398.jpg

削って整形.これらを,0.5㎜だけずらして接着します.

77-399.jpg

下の板は,0.5㎜ずらすための治具です.0.5㎜のずれがあるため,取り付けが容易になります.

77-400.jpg

ついでに,先ほど切り出したパイプの内,長い方もシリンダー側に取り付けています.パイプ基部のサイズは,3.2㎜です.次は,そのパイプの方.こちらは,思考は不必要,ただやるだけです.

77-401.jpg

2.4㎜径のパイプを,内径を1.8㎜にボアアップと片側面取りしながら,ひたすら切り出します.そして,

77-402.jpg

テンプレートに取り付けます.ちなみに,これらテンプレートは,前回のガルスシリーズの際に作っておいたもの.ここから作っていたら,いつまでかかるか分かりません.そして,高さが1㎜になるまで,ひたすら削ります.

77-403.jpg

さらに,この削った側を面取りして,ようやく終了です.

77-404.jpg

本当にパイプ地獄ですね.こちらも塗装後じゃないと取り付けられないので,ここでひとまず終わりです.

さて,これでようやく最後のパーツ.それは,これ.

77-405.jpg

高出力タイプのバックパックには,側面下部に何やら流線型の出っ張りがあるようです(赤矢印).でも,キットは使えそうもないで,プラ棒から削りだして作ってみました(青矢印).米粒よりも若干小さいでしょうか.縦,4㎜です.さすがにこれを6個同じ形に削りだすのは困難なので,複製します.

77-406.jpg

粘土系シリコンを使って,片面で型を作ります.そして,UVレジンを流し込み,硬化.整形後,ようやく本体に取り付けることができました.

77-407.jpg

表面処理等は残っていますが,これでようやくバックパックは終了です.ホントに長かった.でも,まだ胴体すら終わっていないんですよね.まだまだ頑張ります.



スポンサーサイト



<< 77GC-36 バックパック関係 残り作業 | ホーム | 77GC-34 高出力バックパック その6 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム