プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

76GC01-07

時間に少し余裕ができると思っていたのですが,なかなかそうならず週末になってしまいました.週末ぐらいは,それを少し脇に置いておいて,模型製作したいと思っています.まだ,それに時間を割くことができるというのは,まだ余裕があるということなのでしょうか.

ガンキャノンは,白いパーツに取りかかっていました.本日もその続きです.まずは特徴的な胸のダクトから.

76-01-66.jpg

まずは,リンクさせていただいているgyoさんも行われたように,ダクトフィンの縁をシャープに.上の写真では,右側をシャープにしています.次に,ダクトの先端を切断しました.

76-01-67.jpg

最初は,後ハメ化のためでしたが,胴体側面は合わせ目を消すのではなく,段落ちで処理しようと考え直したので,無意味な工作になりかけました(笑),しかし,後ハメ化ではなく,もう一つの目的がありました.それがこれ.

76-01-68.jpg

キットのままでは,ダクトの縁が少し出っ張った感じだったのですが,一度切断して,長さを若干調節してみました.これで少し,くぼんだ感じになったと思います.ここでお遊びですが,この切り出したダクトを逆に取り付けると,

76-01-69.jpg

分かりますかね?分かる人には分かりますよね.あれが再現できそうですよ(笑).108号機といい,これといい,自制しないといけませんね.いけないあの気持ちがふつふつとしてきました.

ともあれ,切り出したダクト先端は,

76-01-70.jpg

プラ板を付けてシロにしました.これがガイドになって,ダクトがはめやすくなります.

白いパーツの最後は,これです.

76-01-71.jpg

頭部です.ガンキャノン試験型は,機動試験用と火力試験用の2タイプとがあり,それぞれで頭部が異なります.せっかくなのでどちらも作ってみます.今回の製作は,できるだけキットのままですが,頭部のバルカンはHIQパーツさんの金属パーツを埋め込むことに.そして火力試験型の頭部の丸型センサーも,モノアイ用のメタルパーツを取り付けることにしました.

バルカンは,それ以上押し込めないように,プラ板を貼り付けておきました.

76-01-72.jpg

そして,接着して合わせ目を消しました.

76-01-73.jpg

Vアンテナも安全対策のフラッグを取り,シャープにしました.

ひさしも表面処理しておきました.

76-01-74.jpg

加工が終わったので,白パーツの塗装に移ります.まずは,下地としてダークグレーをエッジに吹きつけました.

76-01-75.jpg

黒立ち上げならず,灰立ち上げです.

そして,少しグレーがエッジに残る感じで白を塗装しました.

76-01-76.jpg

べたにならないように,少しだけエッジを残すように,そして厚化粧のようにくどくならないように,ほんのりエッジを残しました.部分塗装は必要ですが,白のパーツもほぼ終了です.続きはまた明日.
スポンサーサイト

<< 76GC01-08 | ホーム | 76GC01-06 >>


コメント

うっひゃああああ早いいいい!!

しかも、知ってるところの工作だーと思ったら、いきなりダクト切ってるし!
なるほど。後ハメ化は大胆に行かなきゃなのか。
逆に付ける意味は、自分には解明できませんでした(汗)
細かい部分も抜かりないですねえ。

しかし、フツーにいい感じでエアブラシペイントしていますが、あの水性アクリルなんですよね。上手です。

Re: タイトルなし

gyoさん,早速のコメントありがとうございます.

> うっひゃああああ早いいいい!!

今回は,本当に早いですよね(笑).でも,来週からは,出張なんかが入るので,しばらくは御預けになります.あぁ,日曜日の分の更新もしますよ.自作パーツや妙な改造をやっていないので,進むのが早いです.なんといっても,神キットですしね.

> しかも、知ってるところの工作だーと思ったら、いきなりダクト切ってるし!
> なるほど。後ハメ化は大胆に行かなきゃなのか。

ここは,塗装のことを考えると,切っておく方が便利ですよ.しかも,はめ込むだけで正面以外は見えなくなるので,切り口の処理もいい加減でいいし.

> 逆に付ける意味は、自分には解明できませんでした(汗)


逆に付ける意味は,77-04がヒントです(笑).77の前にお約束のRXを付けてググってみると,何かが出てきますよ.

> 細かい部分も抜かりないですねえ。

ありがとうございます.今回は基本工作メインの予定です.それでも面が多いので,何気に表面処理に時間がかかりますね.一応,スジも掘りなおしています.オリジンのキットは,素でディテールが多いので,独創的なスジ彫りを加えなくても,それを掘りなおすだけでも,ずいぶん違う気がします.SW系のキットもそんな感じですよね.あちらはもっとモールドが多いですが(よだれが出そうになります).今回は,一か所だけアウトラインをいじっているのですが,それは次回に出てきます.

> しかし、フツーにいい感じでエアブラシペイントしていますが、あの水性アクリルなんですよね。上手です。

そうなんですよ,アレです.左の過去ログの中に”色いろいろ”というふざけた項目がありますが,そこに魔法のカクテルレシピを載せています.ここに行き着くまでに,人柱的な試行錯誤を繰り返していますから,お時間のある時に眺めてみてください.

あそこに書いていないトリックは,5分おきに綿棒でエアブラシのニードル先端を拭き,固まりかけている塗料を除去すれば,その塊が飛び出すのを防げますよ.あと,3㎜ニードルのエアブラシを使用しています.2㎜では,粘度と圧のコントロールがさらにシビアになる感じです.

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム