プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

kje-137

今週は,本職が忙しく,木曜日に7時間運転して出張し,金曜の夜に戻ってきました.到着は朝4時.久しぶりに,夜通し運転しました.しかも,豪雨というおまけ付き.こういう無理をすると,その後のダメージがなかなか抜けません(涙).

さて,先週末までの製作で,部分塗装は一段落.本日は非常に疲れているので,製作の続きはお休みして,これまで少しづつ進めてきた最後の製作パーツについて書きます.ほぼ初めてやることだったので,一筋縄という訳にはいかず,試行錯誤しながらだったので,記事にするまでに時間がかかりました.

それは,ずばり複製です.今回は片面での複製で,パーツも片面のモールドだけでしたから,液体シリコンを使わず,粘土状シリコン(プラチナ系のシリコン)を使って,型どりしました.そして,レジンを流し込み,待つこと1昼夜.こうなってしまいました.

kje-1624.jpg

使ったレジンが古く,いつまでたっても硬化しませんでした.結局,レジンが剥がれず,型ごと処分しました.気を取り直して,型を作製.

kje-1625.jpg

いろいろな片面型を作ってみました.

こちらで入手可能なシリコンやレジンいろいろ調べていくと,自宅のすぐ近くにその手のものを作っている企業があり,そこにはショップも併設されていることが分かりました.そこで,レジンを購入し,上記の型に流し込みました.

kje-1626.jpg

もう少しで硬化します.

kje-1627.jpg

作ってたのはこんなのです.

kje-1629.jpg kje-1630.jpg

ビルダーズパーツのエンブレムを複製していました.ついでに,こんなのも.

kje-1631.jpg

いつか作ろうと思ってるあるMSのスパイクです.形状が少し違うので,余ったエポパテで作っておいたものを複製しました.さすがにこんな形状を,手作業で複数製作するのは無理がありますよね.

いくつかのパーツは,高価直前に型から外し,形状をなじませておきました.

kje-1628.jpg

ネタバレかもしれませんが,未来のためということで(笑).

差て,現実に戻りましょう.今回の複製作業は,このためです.

kje-1632.jpg

以前,シールドのエンブレムをビルダーズパーツのネオジオンエンブレムから作っていました.こちらも,ネオジオンのエンブレムとは形状が異なるので,切ったり,貼ったり,削ったりして,作っています.大量に複製していますが,バリを除去し,気泡がないものを選ぶと,残ったのはこれだけでした.

kje-1633.jpg

一部は非常に細いので,作業中に折れたりしましたし.歩留まりが悪いですね.残った四つも,よく見ると気泡が入っているものがあります.その二つは,目立たない設置になるので,あればいいというレベルで大丈夫なのですが(笑).気泡は避けられないですが,いい方法を検討しないと,気泡を埋めにくいこういった形状のものだと致命的ですね.

今回は四つ必要だったわけですが,二つしか必要でなければ,複製しなかったかもしれません.いずれにせよ,複数製作のおかげ(?)で,複製作業にもチャレンジすることになりました.さて,このエンブレム,サフ後,白で塗装しました.

kje-1634.jpg

そして,シールドに接着.

kje-1635.jpg

最後のパーツが完成です.次は,マーキング作業ですね.



スポンサーサイト

<< kje-138 | ホーム | 相互リンクです >>


コメント

たくさん複製しましたね!
気泡は、水と硬化剤が反応してCO2が発生するためだそうです。

以前は発泡防止剤のような商品があった記憶がありますが、最近見かけないですね。

自分は、オープンな型のときはUV硬化樹脂で複製します。
型の奥に残った気泡も、のんびりつまようじでつついて取れます。

割り型のときは、加圧チャンバーを利用して発泡を防いでいます。
加圧チャンバーといっても、蓄圧式スプレータンクを改造したものなので、小物だけですけど。
ちゃんとしたものを買うとかなり高いし、でかいの自作して爆発すると怖いですし。

Re: タイトルなし

gyoさん,コメントありがとうございます.

> たくさん複製しましたね!

本当はもっとやったんですが,型から外す際に割れたり,気泡がひどかったのは,省いてます.

> 気泡は、水と硬化剤が反応してCO2が発生するためだそうです。
>
> 以前は発泡防止剤のような商品があった記憶がありますが、最近見かけないですね。

なるほど,発生源は,レジン液に混入している水蒸気(水)なのですね.レジンを購入した際,湿度が高い条件だと,半年未満で劣化すると(脅され)言われました.

> 自分は、オープンな型のときはUV硬化樹脂で複製します。
> 型の奥に残った気泡も、のんびりつまようじでつついて取れます。

UV硬化樹脂ですか.日本のネットでは何度も目にしていますが,こちらではまだ見たことがありません.

> 割り型のときは、加圧チャンバーを利用して発泡を防いでいます。
> 加圧チャンバーといっても、蓄圧式スプレータンクを改造したものなので、小物だけですけど。
> ちゃんとしたものを買うとかなり高いし、でかいの自作して爆発すると怖いですし。

加圧チャンバー(真空チャンバーと言われましたが)は,レジンを購入した際に,勧められました.が,値段を見てびっくり.真空にするなら,他の方法は使えないですかね.加圧であれば,圧力鍋を改造して,使っている知り合いがいます.割型の複製もやってみたい(というか,割型じゃないとできない)ので,もう少し地下でいろいろやってみます.

加圧による爆発は怖いですよね.以前,バイクのタイヤに空気を入れている際に破裂したホイールを見せてもらったことがありますが,もう自分では空気を入れたくないと思いましたよ.

真空脱泡器はポンプとあわせても比較的安価で購入できますが、
加圧容器は一桁違ってくるんですよね。
ただ、模型用途限定でしたらそんなに耐圧性能は要らないので、身近なものの改造で大丈夫かもですね。
自分は、加圧ポンプは車載用の非常時空気入れで、maxでも500KPa/Nm2くらいのものです。
能力限界まで攻めるとそれなりに高圧ですが、せいぜい2~3キロも上げてやれば、経験的には古い樹脂でも気泡には悩まされませんでした。
真空脱泡器は、型の細部に残ったエアを追い出すのには好適ですが、
水分が原因の泡には無力です。
また、ホビー用のウレタン樹脂は硬化が早すぎ、真空作業中に可使時間を使い切ってしまいがちです。

理想は、真空下で注型→その後加圧ですね。
ラジコンで真空化注型まではやってみたのですが、
加圧容器がネックとなり、その先に進んでいません。

そのうち、私もブログネタにしてみます。

Re: タイトルなし

gyoさん

> 真空脱泡器はポンプとあわせても比較的安価で購入できますが、
> 加圧容器は一桁違ってくるんですよね。

そうなんですよね.足を運んだお店で売られていたのは,一番小さいものでも,$500.さすがに複製を生業にしない限りは手が出せませんよね.

> ただ、模型用途限定でしたらそんなに耐圧性能は要らないので、身近なものの改造で大丈夫かもですね。

そうですね.圧力鍋を使っていた方は,気泡がなくなっていました.そういった工夫で対処するのがベストかもしれません.一方で,あまりにチープなものだと,破損,ひいてはケガの恐れもありますから,そこだけはしっかりと抑えておかないといけませんね.

> 自分は、加圧ポンプは車載用の非常時空気入れで、maxでも500KPa/Nm2くらいのものです。
> 能力限界まで攻めるとそれなりに高圧ですが、せいぜい2~3キロも上げてやれば、経験的には古い樹脂でも気泡には悩まされませんでした。

3キロレベルだと,それほど極端に高圧という訳ではないですから,圧力鍋でも大丈夫かもしれませんね.

> 真空脱泡器は、型の細部に残ったエアを追い出すのには好適ですが、
> 水分が原因の泡には無力です。

やはりそうでしたか.となると,レジンの水抜き剤が必要ですね.こちらの夏は,日本同様,高湿度になりますから,複製には向きそうにないですね.実は,糠漬け用の真空容器や掃除機でエアを抜く衣類の収納袋を考えていたんですがダメかもしれませんね.もっとも,こちらでは,糠漬け用の真空容器は入手できないので,今度日本に帰った時に購入しようと思っていました.

> また、ホビー用のウレタン樹脂は硬化が早すぎ、真空作業中に可使時間を使い切ってしまいがちです。

そうなんですよね.このことを考慮して,硬化が最も遅いレジンを購入しました.が,それでも早い感じです.

> 理想は、真空下で注型→その後加圧ですね。
> ラジコンで真空化注型まではやってみたのですが、
> 加圧容器がネックとなり、その先に進んでいません。

Radio-Controlled variable pressure injection!

もはや趣味のレベルを逸脱していますが(笑),そういうシステムがあると高精度の複製が可能になるかもしれませんね.おそらくは,チェコのAiresが販売しているレジンパーツなんかは,それに近い状態で複製しているんでしょうね.

> そのうち、私もブログネタにしてみます。

ぜひ,お願いします.参考にさせていただきます.

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム