FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

エナメル塗料のふき取り

今週末は,というか,木曜から日曜まで出張で,模型製作はありません.たぶん,1回分の記事は書けるぐらいの貯金はあるのですが,少々中途半端なので,製作記の代わりに久しぶりの”色いろいろ”に関する記事を書いてみたいと思います.

まずは,先週の記事の最後にお見せした画像から.

kje-1518.jpg

この赤の部分塗装は,マスキングが面倒だったので,モデルマスターのエナメル塗料をそのまま吹きつけ,乾燥後にふき取ったものです.ちなみに,塗装直後はこんな感じでした.

2017-03-16 22.56.02

基本,アクリル塗料を使っていますが,その上からエナメル塗料を使っても,ラッカー同様下地を侵食することはありません.そういう意味では,非常に使い勝手がいい塗料だと思います.

しかし,私にとっては大きな問題があります.それは,エナメル塗料用の薄め液(シンナー)の匂いが耐えられないことです.少しでも匂いを嗅いでしまうと,頭痛がしてきます.そうです,筋金入りのモデラーさんと比べると,軟弱者なのです.吹付けの希釈は,野外でやれば,その匂いはあまり気になりませんが,さすがにふき取りはそういう訳にはいきませんよね.プラの浸食を抑えるために,エナメルシンナーの代わりに,ジッポーライターのオイルとか,ホワイトスピリッツ系の鉱物系オイルを使うことも一般的ですが,やはり同じようなにおいのために,できれば使いたくありません.

軟弱者の私が使用しているのは,これです.

2017-03-16 22.59.09

画材屋で購入したGamsolというもの.オイル系の絵の具を薄めるためのものですが,なんといって無臭なのです.こちらでは,Odorlessの薄め液として,販売されており,エナメル塗料のふき取りには使えます.実際に,フタを開けても,全くにおいませんから,本当に水みたいです.もちろん,無臭ということは,当然薄め液としての性能も低下していますから,エナメル塗料の希釈には使い物になりません.綿棒でふき取ろうとすると,弱い分,何度もこする必要があり,せっかく塗装した下地もはげてしまいます.そう,普通のふき取りには,使い物にならないのです.

日本では,ふき取り用にフィニッシュマスターというものが,販売されています.それを使うと,この弱いGumsolでもエナメル塗料のふき取りができるようなります.ただじ,時間はかかりますし,フィニッシュマスターの専用スポンジと言えども,こすりすぎてスポンジ表面がボロボロになり,そのかけらがせっかくの表面に付着してしまいます.ただし,塗装面はこすれによる塗装はげは無くなります.

そこで,現在,ふき取りに使用しているのがこれ.

2017-03-16 22.54.27

フィニッシュマスターやん?とツッコミましたね(笑).よく見てください.黒い心棒に付いているのがフィニッシュマスターについてくるスポンジで,その奥にあるのが私が使っているスポンジです.一見,そっくりですが,よく見ると形も若干小さく,色も少しクリームっぽくないですか?

これは,いくらこすっても表面が崩壊しないので,カスが全くでないのです.それではこれは何か?
それは,半導体というかシリコンウェハーの表面を洗浄するための専用スポンジなのです.前回お見せしたふき取り後のスポンジは,実はこちらでした.

kje-1512.jpg

数年前に購入したため,いくらだったか忘れてしまいましたが,とんでもない量が入っていました.

2017-03-16 22.54.47

これだけでもすごい量ですよね.でも,これはほんの一部でしかありません.なんと2千個入っていました.まだ,20個程度しか(1%!)しか使っていない計算ですね.うまく検索すれば,出てくるかも.もしかしたら,改良版のフィニッシュマスターRと同じものかもしれませんから(こちらでは購入できず),そちらを試すといいかもしれません.

久しぶりのツール系でした.
スポンサーサイト



<< 続々・モデルマスターアクリル塗料を薄めてみる | ホーム | kje-128 >>


コメント

スゴイ!

プラモデル用のラッカーシンナーのニオイ、けっこう好きです(笑)エナメルシンナーはあんまりいい匂いじゃないですが、やっぱり好き。

ところで、シリコンウエハースポンジ凄いです!
よく見つけましたねー!
私も、プラモデルに応用できないかと日々色々な物にアンテナ張っているんですが、これは絶好たどり着かないや。
早速調べてみます!

今日、通販で初めてフィニッシュマスターなるものを
買ったばかりなので、実にタイムリーな話題でした。

Re: スゴイ!

gyoさん,コメありがとうございます.

> プラモデル用のラッカーシンナーのニオイ、けっこう好きです(笑)エナメルシンナーはあんまりいい匂いじゃないですが、やっぱり好き。

その昔は,アセトンとかベンゼンの匂いは何ともなかったんですけどね.今では,というより,模型製作に戻ってきてからは,ちょっとつらいです.軟弱者になったんでしょうね.

> ところで、シリコンウエハースポンジ凄いです!
> よく見つけましたねー!
> 私も、プラモデルに応用できないかと日々色々な物にアンテナ張っているんですが、これは絶好たどり着かないや。
> 早速調べてみます!
>
> 今日、通販で初めてフィニッシュマスターなるものを
> 買ったばかりなので、実にタイムリーな話題でした。

おそらく,フィニッシュマスターのoemが今使っているヤツかそれに準ずるものだと思います.何度こすっても下地を痛めることはありませんし,昔のフィニッシュマスターよりもカスが出ないので,ふき取りにはもってこいです.後は,水転写デカールを貼る際にも使用しています.ガルスくんは,うまくいけば来月にはデカールワークに移れると思いますから,また多用するでしょう.

今は出張中なので,具体的な品名等は戻って調べないと分かりませんが,判明したらお知らせしますよ.

こんばんは!

前記事での話はこのスポンジの事だったのですね?
それにしても2千個ですか!(;^_^A
物凄い量ですね(^-^;
使い勝手も良さそうでこれ良いですね!(^^♪

Re: タイトルなし

14roeさん

いつもコメントありがとうございます.

> 前記事での話はこのスポンジの事だったのですね?

そうなんですよ.これは,塗料のふき取りだけでなく,デカールを貼る際に余分な水分をふき取るときにも使えますよ.

> それにしても2千個ですか!(;^_^A
> 物凄い量ですね(^-^;
> 使い勝手も良さそうでこれ良いですね!(^^♪

2千個はいくら何でも多すぎますよね.でもこれが最低量だったのです.本来の用途を考えると当然かもしれませんが(笑).用途が用途だけに,綿棒とは異なりスポンジからはクズが出ませんから,いいですよ.表面に傷をつけることもありませんし.

過去エントリーへのコメント失礼します。
CAの北にある州からこんにちは♪
アメリカでの塗料模索の先駆者がやはりいらっしゃいましたか!
こちらに来たばかりのころはクレオスを探してみましたが見つからず(当たり前ですが)、シタデルだVallejoだと試してきました。最近はなんかめんどくさくて部分塗装でやめています。
やすりがけ様の検証がすごく参考になります。
Model Masterは食わず嫌いで敬遠していましたが、塗膜が強いんですね!今度試してみます。
ところで、このシリコンウェーハスポンジですが、こちらでは何という名前で売られているのでしょうか?
そのシリコーンウェーハをごにょごにょする業界にいるのですが、全く部署というかやっていることが違うので調べても出てきません。
もしお差支えなければこのスポンジのアメリカでの品名を教えてください。


Re: タイトルなし

> 過去エントリーへのコメント失礼します。
> CAの北にある州からこんにちは♪

Tassyさん,こんにちは.ようこそ,辺境ブログへ

> アメリカでの塗料模索の先駆者がやはりいらっしゃいましたか!

先駆者的なところまで行き着いているかどうかは,分かりませんが,塗料に関しては,本当に苦労しています.

> こちらに来たばかりのころはクレオスを探してみましたが見つからず(当たり前ですが)、シタデルだVallejoだと試してきました。最近はなんかめんどくさくて部分塗装でやめています。

モデルマスターアクリル等のアクリル系塗料をエアブラシで何とか吹けるようにと,いろいろと試行錯誤してきました.たまに,いわゆるラッカー系の塗料を吹くと,なんて吹きやすいんだと痛感します.

私の経験上,シタデルは筆塗り専用,ヴァジェホは頑張れば吹けるが被膜弱しという結論に達しました.

> やすりがけ様の検証がすごく参考になります。
> Model Masterは食わず嫌いで敬遠していましたが、塗膜が強いんですね!今度試してみます。

これ以外い,ヨーロッパ系のHATAKAやLIFE COLORも試してみましたが,被膜の強さだけで言えば,モデルマスターアクリルが最強です.言い換えると,それだけ吹くのも大変ですが.この色いろいろのカテゴリーで,もっと新しい記事がありますが,その中でMission Model Paintというアメリカの塗料は,かなり使えますよ.正確には,この会社のシンナーとポリウレタン添加剤(こちらではPolyと呼ばれていますが)を使えば,モデルマスターアクリルが楽に吹けるようになります.モデルマスターアクリルの専用シンナーは,ただのイソプロパノールなので,買う価値なしです.

> ところで、このシリコンウェーハスポンジですが、こちらでは何という名前で売られているのでしょうか?
> そのシリコーンウェーハをごにょごにょする業界にいるのですが、全く部署というかやっていることが違うので調べても出てきません。
> もしお差支えなければこのスポンジのアメリカでの品名を教えてください。

購入したのが相当前で,記録を調べていたのですが,見つかりませんでした.購入時は,$200ぐらいした記憶があります.その代り,2000個ぐらい入っていました.通常は職場の倉庫で保管していますので,調べてみます.残念ながら,今週は職場にはいかないので,来週になってしまいます.すみません.

MMPはイイと聞いていたのでHobby Townで買おうとしたのですが、価格を見てそっと棚に戻しました(笑
IPAは仕事でよく使うのでそれを拝s(自粛削除

シリコンスポンジは気長に待ちますので名前がわかりましたら教えてください♪

Re: タイトルなし

> MMPはイイと聞いていたのでHobby Townで買おうとしたのですが、価格を見てそっと棚に戻しました(笑
> IPAは仕事でよく使うのでそれを拝s(自粛削除

MMPは,メタリックとプライマー以外はいい塗料だと思います.値段は気になるところですが,容量が多いので,容量当たりの価格はモデルマスターと変わりません.被膜の強さは,モデルマスターとほぼ同等です.一方で,MMPのシンナーはお勧めですよ.これを使うと,IPAが使い物にならないことが分かります(使えないことはないのですが,希釈のスィートスポットがシビアすぎ).

> シリコンスポンジは気長に待ちますので名前がわかりましたら教えてください♪

次回,職場に行くときに調べてみます.

Re: Re: タイトルなし

> > シリコンスポンジは気長に待ちますので名前がわかりましたら教えてください♪

日本製で,ルビスティックと言うもののようです.購入したのは,ヘッドだけでしたが,今見てみると,500個入りの袋が八つ来ていたようですね(汗).どんなに頑張っても,1キットにつき,10-20個程度しか使わないでしょうから,これからもかなりの数のキットを作らないといけません.

ありがとうございます♪
ルビスティックというんですね!
この名前で買えるところ調べてみます!

Re: タイトルなし

> ありがとうございます♪
> ルビスティックというんですね!
> この名前で買えるところ調べてみます!

日本製のようですので,こちらでは簡単に購入できるかどうか分かりませんが,少なくとも日本では簡単に入手できるようです.

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム