FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

USAF 博物館

今週は,恐ろしく負荷がかかった1週間でした.その負荷は,無意識レベルで影響をおよぼしていたようで,ノートPCを会議室に置き忘れてくるほど,ひどい状態でした.夜中に会場に行き,部屋を開けてもらったら,ちゃんとそこにいたので良かったですが.暑いのに,冷たい汗が流れていました.

さて,ここまで追い詰められても頑張ったのは,自分の中でどうしても行ってきたい場所があったからでした.出張先から車で約1時間の場所にあります.そのために,今回は7時間もかけて車で出張してきました(笑).

行ってきたのは,オハイオ州にあるライトパターソン空軍基地に隣接されているNational Museum of USAFというおそらく世界でも最も珍しい機体が展示されている航空博物館.あまりに焦って中に入ったので,入口の写真はありません.忘れてました.帰りは,SDカードのメモリー切れ.1月にPIMAの博物館に行った時以上に,写真を撮ってきました.おそらく,1000枚ぐらい.そりゃ,メモリーもなくなりますね.今回は,カメラのバッテリー3個(これはPIMAの時と同じ)に加え,日本で買った新しいカメラ(そのうち記事を書きますね)も投入.そちらもバッテリー2個体制でした.

実は,去年の10月と今年の3月にも,同じ場所に出張していたのですが,その時は,改修中で最も見たかった研究・開発系の機体が見れない状態でした.今回は3度目の正直です.ちなみに研究・開発系のハンガーは,今年の6月にオープンしたばかり.

4番目の一番奥のハンガーなので,まずそこに行き,奥から見学するのがベストなルートだと思います.特に私のように,Xの実験機やYの試作機が大好きな人間にとっては.ちなみに入場料はタダです.博物館の地図は5ドルですが,寄付みたいなものですね.もちろん,買っておきました.

さて,最初に行ったのは,第3と第4のハンガーの間にあるカフェ.着いたのが9時半でしたからカフェはまだ開いてはいませんでしたが,その場所からは,両ハンガーの様子が展望できます.これが第3ハンガーの一部です.

NM-USAF01.jpg

U-2,F-102,F-106,F-16,B-1,B-2,SR-71が一度に見れるんですよ.そして,180度回頭すると,第4ハンガー.

NM-USAF02.jpg

手前には,X-15,X-24AとX-24B.天井には,X-29,X-5,X-4がぶら下がっています.中央は,SR-71に見えますが,その前身機体であるYF-12.そして,最も美しい機体と言われているXB-70バルキリーが展示されています.2機製造されたうちの1号機で,2号機はバルハラ(ワルキューレ(バルキリーはその英語読み)神がいる場所)に帰っています.

1000枚近く写真を撮っていますから,その全部はとても載せられないのですが,何を取っていたのかを1部だけ載せますね.

まずは,X-15A-2

NM-USAF03.jpg

これは,有人機体最速の記録を達成した機体.A-2は改修後のコードです.確か元の機体から72㎝(1/72でちょうど1㎝!)延長されているはず.上の写真は,一般の人が撮影するような写真ですよね.そんなんだったら,webで見れますから,わざわざ足を運ぶ必要はありません.私が撮りたかったのは,こんな写真です.

NM-USAF04.jpg NM-USAF05.jpg NM-USAF06.jpg

柵の手前に座り込んで,覗き込むように撮影していました.もちろん,そんなことしていた人間は誰もいません.被写体が女性だったら,間違いなく犯罪ですね(笑).一応,係員の人には許可をいただいています.彼らは,退役された軍人さんだったようで,優しくOKを出してくれました.いかれたマニアだと思われたでしょうね.昼食の30分を除き,ほぼ6時間,ずっと撮影していました.1000枚ぐらいにはなりそうでしょう?

マニアックな写真は掲載しませんが,せっかくなので1部だけ.

NM-USAF07.jpg NM-USAF08.jpg

XF-92とXF-85.デルタ翼のテスト機,通称ダートと爆撃機の中からビックリドッキリメカのように出撃する(予定だった)ゴブリンです.

NM-USAF09.jpg

左から,前進翼のX-29(我々の世代では,カザマシンの最後の乗機の方がしっくりきますかね),初めての可変翼機体であるX-5,そしてX-4です.

NM-USAF10.jpg

ハリアーそっくりですが,その試作機であるケストレルという機体.もちろん,イギリス製ですが,この試作機は,イギリス,ドイツ,アメリカの3国でテストをしていました.テスト終了後,更なるテストがアメリカ空軍で継続されましたが,これがその機体.ケストレルなのに,USAF所属で,コードはXV-6Aです.リベットがそそられます.

NM-USAF11.jpg

個人的には,ようやく会えたな!と言いたくなる機体.私が最も好きなF-16の全規模開発(FSD)の内の1機です.F-16は,YF-16という試作機が2機とFSDが8機(単座6機に複座2機)あるのですが,この機体は,FSD6番目の機体です.AFTIというテストに使用されました.背中にドーサルスパインがありますよね.当初は,下部インテークの下にカナード翼が2枚付いていたのですが,後半ではそれが除去されたようです.ついでに,カラリーングも写真のように変更されています.模型的には,カナード翼付きの方がいいんですけどね.こいつはいつか作ります.

NM-USAF12.jpg

ブラックスパイダーですよ.YF-23の一機(黒い方)です.

こういった写真は一部で,実際にはこんなものばかり.

NM-USAF13.jpg

F-104Cスターファイターのエキゾーストの内側です.

NM-USAF14.jpg

少しくらいですが,B-1Bのエキゾーストです.B-1Bは後半,F-15Cのようにエキゾーストの周囲のフィンが撤去されますが,このエンジンが2基あると同調してフィンが落ちるためだそうです(F-15Cと同じ).そのため,周囲の骨が見えますね.

さて,これ以上はさすがに書けないので,今回はこれでおしまいです.書くネタに困ったときは,また記事にするかもしれません.

久しぶりの顔出しです.

NM-USAF15.jpg

オハイオ州デイトンにあるこの博物館,おすすめです.近くに行くことがあれば,ぜひ尋ねてみてください.映画”ライトスタッフ”の世界がそこにはあります.
スポンサーサイト



<< KJE-81 | ホーム | プラ板を切る その4 円 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム