FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

KJE-10

早くも10回目なのか,もう10回も経っているのに,まだ最初に手を付けた腰とその周辺の作業が終わっていないのかよくわかりませんが,3個同時製作というのはきっとそんなもんなんでしょうね.手が遅いので時間が余計にかかります.前回の記事は,空港のラウンジからでしたが,今日の記事は出張先.ヨーロッパとアジアの境目の街で,この記事を書いています(笑).両者の融合は,キットバッシング(ミキシングビルド)に通じるものがあるかも?(爆)

シュツルムガルスの腰を芯にして,ガルスJのリアアーマーを取り付けようとしています.前回は,接続部を作りましたから,今日は腰パーツをそれに合わせて加工していきます.リアアーマー腰パーツの隙間を埋めます.

kje-111.jpg

リアアーマーの取り付け角度が分かったので,プラ板を加工して股間部後半をつぎ足しました.そして加工.

kje-112.jpg

形状が違うのは,股間の長さが若干異なるためで,特に狙ったわけではありません(涙).リアアーマーの接続部を取り付けると,こんな感じです.

kje-113.jpg

ここだけ見ると,ずいぶん後ろにはみ出しているようですが,リアアーマーとサイドアーマーのサイズを考慮すると,これぐらい後ろに張りだしてちょうどいいようです.股間部も,1㎜前方に移動していますしね.実は,シュツルムガルスも同じように後ろに張りだしています.

では,リアアーマーを取り付けて,大きさを検討します..

kje-114.jpg

やっぱり長すぎです.少々詰めないといけませんね.どうやって詰めましょうか?シュツルムガルスのリアアーマーと比べてみます.

kje-115.jpg

少し見にくいですが,赤線で示したように,曲面の角度が変わる下部の長さがほとんど変わらないことが分かります.E型は,J型をベースに装甲を取り除いているはずですから,下部の長さはいじれないことになりますね.ということは,詰めるとすれば上側です.

ヒントは,仮組した前の写真にありました.

kje-114.jpg

このリアアーマー,上下にスイングする構造なので,その際の干渉を避けるため,接続部とリアアーマーの間に,かなりの隙間があります.ここを詰めるようにすればよさそうです.リアアーマーのはめ込み位置を,3㎜程ずらすように削り,はみ出た上端を3㎜カットしました.

kje-116.jpg

また,下端のエッジを直線状に削りました(右のパーツ).丸みを帯びている方がガルスっぽい気がしないでもないですが,詰める作業を合わせると,またユニーコーンで新たに書き起こされた設定画を見てみると,シャープなエッジの方がいい気がします.

3㎜も詰めたのにまだ隙間がありますから,さらにリアアーマーに1.5㎜幅のプラ板を追加して,隙間を小さくしました.

kje-117.jpg

すでにサフを吹いていますから,分かりにくいですが(最終的にそれは,いいことなんですけどね>笑),リアアーマーの上部についている二つの台形状のモールドの上に1,5㎜幅のプラ板を追加しています.

ついでに,切り取った上端もプラ板で埋め,シャープにした下端にもプラ板を貼り,厚みを調整しました.が,設定画を見直すと,この部分の装甲の淵は,もっと幅広になるべきです.頻繁に設定画をチェックしないとこうなりますね.

という訳で,さらにプラ板を貼り付けて,淵を幅を変更しました.

kje-118.jpg

サフをドン.

kje-119.jpg

裏パネルは,そのうち考えます.まずはアウトラインを優先で,ディテは後回しです.

kje-120.jpg

隙間がずいぶんと小さくなりましたね.でも,中身が見えますから,ここは何か考えましょう.もちろん,後回しです.次は,腰部,最大の難関,サイドアーマーです.今まで使ったことがない技法が必要になりそうです.

来週は,出張のため,まともに記事を書けないと思います.結局,休みが取れないまま,夏が終わってしまいました(涙).
スポンサーサイト



<< KJE-11 | ホーム | KJE-09 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム