FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

KJE-04

昨日の記事でも書きましたが,ガルスの股間をいじっています.キット自体は胴体と脚の長さのバランスがいいだけあって,大腿部を設定画のように延長しようとすると,股関節の位置そのものを変更しないといけません.今風の言い方をすると,股関節のタイミングを調整したということになるんでしょうね(笑).昨日の記事では,キットのパーツを削ることで,延長するシロをほぼ4㎜分確保しました.これは,設定画で描かれている大腿部のアスペクト比を元に,キットの大腿部の幅から算出した延長分とほぼ同じです.逆に言えば,それだけ股間をくいこませて,いわゆる絶対領域を長くする必要があるわけです,設定画のような大腿部とするには.

今日の作業は,大腿部の延長です.が,大腿部を手掛ける前に,大腿部につながっているひざ関節からいじらなければいけません.まずは,インナーフレームの延長です.

kje-35.jpg

これは二重のひざ関節の上部パーツ.股のパーツに接続するための3㎜軸が見えます.ここに1.8㎜の穴をあけます.もちろん,中心にこんな穴をあけるのは大変なので,プラパイプを組み合わせて,こんな簡易治具を作りました.

kje-36.jpg

開口ガイドですね.開口部には,針金入りのプラパイプを接着します.

kje-37.jpg

関節部なので,多少の負荷がかかってもいいように,強度確保です(前回のラファエルでは,強度確保に泣きましたからね).そして,ランナーから5㎜程度の長さの棒を切り出し,同じように中心に1.8㎜の穴をあけました.

kje-38.jpg

で,接続.

kje-39.jpg

これで,接続軸を延長できました.このパーツを中心に,大腿部のパーツを挟むことになるのですが,それでは心置きなく延長できないので(笑),後ハメをするために,大腿部パーツの内側を削ります.

kje-40.jpg

それぞれ左側のパーツは,後ハメ処理の加工を済ませたものです.ちゃんとはまるのを確認しました.

kje-41.jpg

これで大腿部のパーツを接着できます.

kje-42.jpg

接着後,上端に2.5㎜厚のプラ棒を貼ります.ここは箱組に近い延長をするつもりでした.箱組と言えば,兄さん流風車殺法!適用してみました.上でも書きましたが,延長分は4㎜です.でも,ここでは2.5㎜.残りの1.5㎜分は,1.5㎜厚のプラ板から加工しました.

kje-43.jpg

加工と言っても,中央に8㎜の穴をあけただけですが(笑).これを風車の上に貼り付けて,

kje-44.jpg

計4㎜の延長となりました.後は,必死に削って,延長した大腿部です.

kje-45.jpg

股のパーツもついでに延長しました.

kje-46.jpg

これで,インナーフレームとなる軸だけでなく,こちらでも強度を確保できるはずです.

股関節の位置(タイミング>笑)を少し変えるだけなのですが,いろんなパーツをいじる必要がありますね.立体的な思考が要求されるのか....

今日の記事はここまでです.腰というよりも股間の調整は,まだまだ続きます.

来週は,うまくいけば,製作記事をすっぽかすと思います.その分,別の記事になると思いますが....製作記事になった時は,思惑がうまくいかなかったんだと笑ってやってください(笑).

スポンサーサイト



<< DVHAA 前編 | ホーム | KJE-03 >>


コメント

簡易治具,めっちゃいいですね!
こういった部分の中心を取るのタイヘンだと感じてました
やる機会があれば これやってみたいです!

Re: タイトルなし

ガンプランナーさん,コメありがとうございます.

> 簡易治具,めっちゃいいですね!
> こういった部分の中心を取るのタイヘンだと感じてました
> やる機会があれば これやってみたいです!

ガイアノーツさんから,金属製のちゃんとしたのが出ていますが,完ぺきな精度を要しないような今回の開口では,これで十分だと思います.たった3種類のプラパイプをきちんとはまるように内側を少し削っただけで作れますから,とても簡単ですよ.15分もあれば,作れます.できると思います.精度を上げるには,プラパイプの接続をきつめに調整する必要があるのでしょうが,その場合,流し込み接着剤は不可ですよ.確実に割れます.負荷がかかった状態で,溶けるような環境だと,割れが一気に伝搬するんですよ.いわゆるエナメル割れもその一つ.専門的には,応力腐食割れというそうで,ガスなんかのパイプの継ぎ目等で起こることがあるとか.

ぜひ試してみてください(もちろん,プラパイプを割る方ではなく,簡易治具の作製の方です>笑).最近では,こういった治具なしには切断すらできなくなっています(笑).

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム