FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

天と地と-148 塗装4

昨日の記事でも触れましたが,今週末の予定が変わったため,日曜日はほぼ塗装していました.天気も良かったし,何よりようやく気温が5度くらいになったので,長く外にいても震えなくて済みました.という訳で,ひたすら塗装です.

まずは,この色から.

sv2-1626.jpg

いい色に見えませんか?もちょっと拡大してみましょう.

sv2-1627.jpg

ね,いい色でしょ?(何度も強要するなっての)これは,アルクラッドIIから出ているこの色です.

sv2-1625.jpg

ゴールドめっき調になるそうです.名前もミラーゴールド.下地が黒だったので,赤みが少なく真鍮に近い感じですが,いい感じの色だと思います.これらのパーツは,当初,ガンメタルにしていたのですが,ガンメタルの比率があまりに多く,ワンポイントのさし色として使ってみました.と言っても,ボルトの頭は,通常見えない位置に着きますが....

では次です.前回の塗装では,ガンメタルを大規模で塗装しました.塗装したパーツは,単色ではなく,部分塗装をする予定です.その第一弾として,装甲にあたる部位に入っている斜め線を部分塗装してみました.

sv2-1628.jpg

小さいので分かりますかね?これは,GNバズーカ-のセンサーカバーです.斜め線状のモールドが入っていたので,そこにアルクラッドIIのデュラルミン(ジェラルミンと書いた方がいいですかね?)を吹いてみました.マスキングが必要ですが,その前に,アルクラッドの被膜が弱いので,あらかじめクリヤーを吹いておきました(量があるので,クリヤー吹きだけも出かなりの仕事です).が,クリアーの吹き方が甘かったのですね,テープと一緒にせっかくの塗装まで剥がれてしまいました.ガンメタル部は,修正しないといけません.こちらのパーツも同様です.

sv2-1629.jpg

GNバズーカ-の上部カバーです.そして,こちらも.

sv2-1630.jpg

GNクローのカバーです.さすがにこれだけあると,マスキングだけでも大仕事.黒地に銀のラインなので,1号ライダーのイメージですかね(笑).セラヴィーIIは,クローのカバーは本体色と同じですが,あまりにもモノトーンになるので(黒子だから致し方ないのですが),カラースキームは,セラのそれを参考にしています.なお,結構なパーツでガンメタルが剥がれてしまいしたから,その修正は必須です.それは,次回,頑張ります.

では,今日の本命です.これまで,ガンシップグレーとガンメタルを大規模に塗装しました.第3弾の大規模塗装は,パンツァーグレーです.この色は,関節の色にしています.今回の塗装だけで,新品のパンツァーグレーが半分以上無くなりました.それだけ大量に関節パーツがあるということですね.

ちなみに,このパンツァーグレーは,モデルマスタ-アクリルで,希釈が非常に面倒なのですが,昨日の記事で書いた魔法の希釈レシピを使って,大規模に塗装することができるようになりました.では,塗装したパーツ群です.

まずは,セラの胸部内側.肩のジョイント基部にもなっているので,その部分だけの着色です.

sv2-1631.jpg

高さが違うのでフォーカスが合っていませんね.こちらでどうでしょうか?

sv2-1632.jpg

内側はガンシップグレーですが,関節部をパンツァーグレーにしています.

ひざ関節の一部です.

sv2-1633.jpg

ここは,内部をめっき調にしてチラ見せにします.色とつやの両方でコントラストを出しています.ここでも,問題発覚.ミラークロムの上からクリアーを吹き,トップコートしていたのですが,マスキングテープをはがす際に,やっぱり持っていかれました.トップコートの量が甘かったのですね.要修正です(こればっかり).

次は,腰と首です.

sv2-1634.jpg

一部はすでに着色していましたが,1年以上前だったので,重ね塗りしてみました.次は,こぶしです.

sv2-1636.jpg

ラファエルのぐー手のマスキングがうまくいきました.ちなみに左上の4パーツは,GNバズーカ-に接着します.

今度は,GNクローの関節ですが,以下は親指にあたる側面の爪の関節です.

sv2-1637.jpg

ここは,2重関節でしたね.左上の4パーツには,パネル面があるので,後で,部分塗装します.

次は,メインのクローの関節です.

sv2-1639.jpg sv2-1640.jpg

ここは,完全自作の2重関節.前後・左右x2ですから,相当な量です.しかも,機械生産のように取り換えが効くほどの精度ではないため,混ぜることができません.ここだけで40パーツ以上ありますが,その塗装はしんどかったです.

自作の関節といえば,こちらもです.

sv2-1641.jpg

腰アーマーの可動部も自作しました.

sv2-1642.jpg


量に圧倒されますが,まだ続きます.次は,ひじです.

sv2-1643.jpg

これは,セラビーのキットのまま.そして,股関節です.

sv2-1644.jpg

つやがそろっていないので,一体感はありませんが,ここだけで3色.頑張りました(笑).

順番はバラバラですが,GNクローの基部です.

sv2-1645.jpg

この後,部分塗装が必要です.そして,GNクロー基部も動かすためのボールジョイントも塗装しました.

sv2-1646.jpg

ひざ関節の残りも塗装しました.

sv2-1647.jpg

ちらりとのぞくミラークロムがいやらしいでしょうか(笑)?右の二つは,マスキングテープが付いたままですが,クロムの塗装をやり直した直後で,まだトップコートしていません.トップコートの塗装は,最低でも1日は待った方がいいそうです(表面が割れる可能性あり).

最後に,セラヴィーIIとセラをラファエルに接続するためのジョイントも同色で塗っておきました.

sv2-1638.jpg

とんでもない量でしたね.何度も負けそうになりましたが,何とか3色目の大規模塗装ができました.これで,塗装の50%は終わったかな?ちなみに,本日のパンツァーグレーは,すべて2度塗りしています.昨日紹介した希釈レシピを使わなければ,これほどの効率では塗装できなかったと思います.これだけの量を吹いても,エアブラシのニードルキャップ内側に付着していた塗料はほとんどありませんでした.これまでは,周囲に飛び散りながらしか,吹けなかったのですが,塗料の霧をかなり細く絞れたという証拠だと思っています.

初めて,モデルマスターアクリルを味方だと思うことができました(笑).
スポンサーサイト



<< 音を超えろ | ホーム | 続・モデルマスターアクリル塗料を薄めてみる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム