FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

天と地と-125 腰アーマー3

本日から,今年最後の出張に出かけます.年の瀬が迫ってきている時期の出張は,何かとあわただしく落ち着きませんね.基本,金曜の夜だけは仕事をしないことにしていますので,昨日の夜からの進展を記事にしてみたいと思います.

先週から,リアアーマーをいじっていました.今日は,残りの内部パネルからです.まずは,いつものようにプラ板を切り出します.

sv2-1337.jpg

これらを組み合わせて,こんな感じに.

sv2-1338.jpg sv2-1339.jpg

設定画通りのパネルです.想像力が乏しいので詳細な設定は非常に助かります.が,上側のスリットが左右対称ではないですよね.ちょっと,目に余る.ということで,Take2です.プラ板を切り出しました.

sv2-1340.jpg

メインの板です.この板に入れたスリットがダメでした.作り直したものは上です.そして,必要なプラ板を切り出します.

sv2-1341.jpg

今度は,最初のヤツよりもシンプルにします.だから,切り出したプラ板も少なくなっています.そして,組み上げ.

sv2-1342.jpg

下の4枚が作り直したものです.メインの板の下に,2重でプラ板を張り,スリットモールドを強調しています.下に付けたので,組み下げなんでしょうね.

リアアーマーの中に入れてみます.

sv2-1343.jpg

これでいいことにします.では次.穴を深くしたスラスターが残っています.ここは,ベクタースラスターにします.ということで,シイタケですね.まずは,スライドガラスを使って,作業台を固定し,ベースとなるプラ板をおいてみます.

sv2-1344.jpg

ピンボケですみません.今回のシイタケは,囲い付きですので,その囲いも付けていきます.片側だけですが.

sv2-1345.jpg

そして,シイタケを組んでいきます.

sv2-1346.jpg

今回は,スラスターのフィンなので,シイタケのフィンの先端を斜めに削っています.見えますかね?

sv2-1347.jpg

そして,囲いを追加します.

sv2-1348.jpg

囲いシイタケの完成です.

sv2-1349.jpg

この囲いを削りながら調整して,スラスターの中に入れてみます.

sv2-1350.jpg

プラ板の色が白いので,出っ張っているようですが,側面から見ると中に収まっています.

sv2-1351.jpg

以上で,リアアーマーの工作は終了です.次は,コイツだ.

sv2-1352.jpg

最後のパーツですね.ようやくここまできました.とりあえず,カットしておきます.

sv2-1353.jpg

が,ここで時間切れ.これを書いているのは,空港のラウンジですが,そろそろ飛行機の時間なので,行ってきます.




スポンサーサイト



<< 天と地と-126 腰アーマー4 | ホーム | 天と地と-124 腰アーマー2 >>


コメント

気持ち良い工作風景にうと~り、、、、
それにしても、、、、「125」まできましたかぁ、、
なんか、感慨深い、、笑
ほとんど病気ブログですが(爆!)
マジで、この先も楽しみです、、、、、、
最近ね、、、
本当に「便利」に対する弊害を肌で感じてまして、、、
この前、千葉しぼりの忘年会に、ある女性モデラーが遊びに来てて、作品を見て欲しいと言われ、、、、
拝見したんですよ、、、

勿論、アマチュアさんの作品なんで、出来に関しては、特に何も言いいませんでしたが、、、、
塗装がトリコロールなんで、赤や黄色がムラムラで、もしかして?「下地塗装」してないのかな?と、思い、、
聞いてみると?
「下地塗装とは何か?」と、逆に聞き返され、、、、
ちょっと、びっくりしました、、、
これが、単なるパチ組な模型なら普通にスルーなんですが、かなり大胆に改造されてて、ここまで工作してるのに?塗装の基本知識が無い、、、???
確かに、塗料は、昔と違い、物凄く種類も豊富になり、色々な用材がお店で簡単に買える、時代になりましたよねぇ?
塗料の種類は、知ってるし、メーカー名や商品名は、皆さんご存知なのに、、、、塗り方を知らない、、、
「本末転倒」とは、まさにコレなんですが、、、、
ナベさん、日本は本当に大丈夫なんでしょうか????
物質文化、流通過多の暗礁に乗り上げている感じがしてならないです、、、、

「便利」と引き換えに、何か大切な部分が、置き去りにされてしまい、モノが無かった頃の、工夫や努力を笑う人が、どんどん増え、自分でする苦労を時間の無駄と思う人が、ゆとり世代以降、増殖する傾向が強く、、、
現在では、マスキングテープを使用した仮組みさえままならない状況に追い込まれています、、、、、
果たして、そんなベース(環境)で、模型をやる意味や価値があるのだろうか?
と、自問自答の日々です、、、、

「ビギナーズ講座」を書いていく日々の中で、、、
少しでも、アホな事に興味を持って、みずから体験者となる人を模索していますが、、、、
もう、、、難しいのかもしれませんね、、、
なので、こういうナベさんの記事見てると、安堵するとともに、マイノリティーな世界なんだと、あらためてつくずく痛感してます、、、
ホント、昔は大勢いたんですが、、、
もう、少数派すぎて、僕が生きてる内に、文化が廃れそうで怖いですわ、、、、
「作る」って、言う意味を今一度、、、、
日本人のものづくり魂を今一度、考えて見たい、、、、

Re: タイトルなし

兄さん,コメントそして過分なお言葉ありがとうございます.

> 気持ち良い工作風景にうと~り、、、、
> それにしても、、、、「125」まできましたかぁ、、
> なんか、感慨深い、、笑

こんなに長くなるとは思いもしませんでしたが,手が遅いし,試行錯誤ばかりしているのでこうなったのでしょうね.

> ほとんど病気ブログですが(爆!)
> マジで、この先も楽しみです、、、、、、

ご存知でしたか?病気は染るんですよ(笑).私も,とある病的なブログを拝見したら,感染していました(爆).閲覧感染というらしいです.


> 最近ね、、、
> 本当に「便利」に対する弊害を肌で感じてまして、、、

> 確かに、塗料は、昔と違い、物凄く種類も豊富になり、色々な用材がお店で簡単に買える、時代になりましたよねぇ?
> 塗料の種類は、知ってるし、メーカー名や商品名は、皆さんご存知なのに、、、、塗り方を知らない、、、
> 「本末転倒」とは、まさにコレなんですが、、、、
> ナベさん、日本は本当に大丈夫なんでしょうか????
> 物質文化、流通過多の暗礁に乗り上げている感じがしてならないです、、、、

私自身,模型のことでは大きなことを言えないのですが,同様なことは本職の方でいつも感じていますよ.そちらの方では,最新鋭の装置を使ったりするのですが,最近の装置はとても便利になっています.一昔前では,奇跡とも思えるような測定が,マウスをクリックするだけでできてしまう.それは,とても喜ばしいことで,誰もが望んでいたことでもあるんですが,やはり基本を知らずして,一見高度なことをやろうとしているので,どうしても底が浅いというか測定結果に踊らされているような状況に陥っている人を頻繁に見かけます.まさに,本末転倒なんですよね.この現象,日本やアメリカだけに限らず,世界規模で蔓延しています.

> 「便利」と引き換えに、何か大切な部分が、置き去りにされてしまい、モノが無かった頃の、工夫や努力を笑う人が、どんどん増え、自分でする苦労を時間の無駄と思う人が、ゆとり世代以降、増殖する傾向が強く、、、
> 現在では、マスキングテープを使用した仮組みさえままならない状況に追い込まれています、、、、、
> 果たして、そんなベース(環境)で、模型をやる意味や価値があるのだろうか?
> と、自問自答の日々です、、、、

便利になったからこそ,新たなチャレンジが生まれるので,そんなに悲観される必要はないと思いますよ.誰かが,本質を叫び続ける必要はありますが,新しい環境の中でのチャレンジはそこにあるはずです.極端なことを言い出せば,コンテストでも優秀作が,翌日には3Dスキャンされ,個人の手元にデータが送られ,そこで3Dプリンターで出力されるということも近い将来十分に考えられますよね.要は,そういう環境で何をするのか,規制のもので満足できるのか,少しでも工夫してオリジナリティを付加するのか,それは消費者というかモデラー側の問題になると思います.マイナリティーとしてでも,オリジナリティを追求するのは,意味があることだと思いますよ.


> 「ビギナーズ講座」を書いていく日々の中で、、、
> 少しでも、アホな事に興味を持って、みずから体験者となる人を模索していますが、、、、
> もう、、、難しいのかもしれませんね、、、
> なので、こういうナベさんの記事見てると、安堵するとともに、マイノリティーな世界なんだと、あらためてつくずく痛感してます、、、
> ホント、昔は大勢いたんですが、、、
> もう、少数派すぎて、僕が生きてる内に、文化が廃れそうで怖いですわ、、、、
> 「作る」って、言う意味を今一度、、、、
> 日本人のものづくり魂を今一度、考えて見たい、、、、

既製品が増えるということは,逆にオリジナリティーが出しやすいのではないでしょうか.こういう時代だからこそ,ものづくりの精神を伝えることに価値はあるように思います,仮にそれがマイノリティであったとしても.ちなみに,マイノリティーは,存在するだけで,意味があるんですよ(笑).それって,それだけで得した感じではないですか?私のように,毎日マイノリティーを感じて生きていると,それはそれでいいんだと思うようになりました(笑).いつか,こういう話をじかに語り合いたいですね.

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム