FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

天と地と-50 脚部ひざ下12 ツメ基部1

今日は週末ではありませんが,祝日なので,特別に模型制作の続きを書きます.今回で,こちらの製作記も50回目なんですね.何でこんなに時間がかかるのでしょうか?理由は時間がないくせに余計なことばかりやってるからです.今日もそんな余計なことのオンパレード(爆).前回までで,スネの製作は一段落.次のターゲットはこちら.

sv2-509.jpg

GNクローの基部(赤で囲んだもの)です.キットでは,この基部とアームは一体整形だったのですね.これをどれだけいじってるのやら....まず,アームはもう不要なので,切断します.

sv2-510.jpg

問題なのは,前後・左右で2体分,計8個あること.数が多いのはそれだけでチャレンジです(笑).当然ですが,円のモールドは開口しています.以前,試作でやったのと同じように,このパーツを3枚におろします.そのために自作トースカンで固定し,エッチングソーでスライスします.

sv2-511.jpg

固定は両面テープです.これぐらいなら,両面テープで十分です.前4mm,後ろ4mmでスライスしました.

sv2-512.jpg

ただ,数が多い.使うのは,赤枠で囲んでいる上から2段のパーツです.厚みが11mmだったので,中央の3mmを幅寄せしたことになります.

次にポリキャップ.こちらも耳を落とし,2mmにスライス.

sv2-513.jpg

耳はカッターナイフで落としましたが,ポリパーツを2mmにスライスするのは簡単ではありません.上記のパーツ同様,自作トースカンに固定し,エッチングノコでスライスしました.

sv2-514.jpg

これもやっぱり8個必要です.ちなみに,このポリキャップには,パイプジョイントを入れる予定です.そのため,穴も3.2mmに広げています.

sv2-515.jpg

ちなみに,下のパーツは,何をするかを示した先行作製のパーツ.そう,2mmにスライスしたポリキャップを基部パーツの間に入れ込むのです.最初の試作では,ここはパイプジョイントを入れ込むだけの予定でした.反対に,アームの基部にポリキャップを入れることにしていました.しかし,アームの基部はサイズがパイプジョイントギリギリになってしまったので,ポリキャップを入れることができません.そのため,こちら側にポリキャップを入れることにしました.見ての通り,こちらもギリギリ.でも,スペースは確保できそうです.

その方法は,まず,スライスした前後のパーツの中央に彫金用の丸ビットでくぼみを付けます.

sv2-517.jpg

残りをナイフで削り,スペースを確保します.

sv2-518.jpg

ちゃんとやれば,きちんと収まります.


sv2-519.jpg

しかし,サイズがサイズだし,場所も場所なので,作業は簡単ではありません.さらに,裏側には,ツメのボールジョイント基部が収まるので,厚みはこれでもギリギリ.慎重にスペースを確保しないと,パーツを破損しそうです.次に,ポリキャップでの接続ができるように,開口しました.

sv2-520.jpg

面倒な作業だったので,結局,8個中,3個しかできませんでした.続きは来週末です.こんな面倒な作業をやっているのは,理由があります.ツメの周囲の変形は複雑で,単純な回転機構だけでは無理そうです.どうしても,基部のどちらかには,いわゆる引き出し関節が必要になると判断しました.引き出しの距離は2mmもあれば十分だと思うのですが,アームの方の引き出し機構は,他パーツとの干渉のためオミットしてしまったので,この基部以外にその引き出し機構を入れ込む場所がありません.変形を再現するのは,やはり尋常ではありませんね.この基部の工作はもう1回続きます.

スポンサーサイト



<< 天と地と-51 脚部ひざ下13 ツメ基部2 | ホーム | 天と地と-49 脚部ひざ下11 スネ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム