FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

天と地と-48 脚部ひざ下10 スネ内側 すき間埋め

まだまだ脚部の工作は続きます.本日もスネの内側.しかし,ようやく形になってきたと思います.おそらく明日には,スネ側の工作は終わるでしょう.

まずは先週の続き.先週はGNドライブの取り付け穴をプラ材で埋めました.GNドライブの取り付けには,磁石を使うことにします.そのために,まずはこちらを使います.

sv2-486.jpg

HIQパーツさんのマグネットセッターです.今回は4x4mm2のものを使います.先週作製したプラパーツのくぼみにこのセッターを貼り付けます.

sv2-487.jpg

マグネットセッターは,塗装せずに使いたいのでマスクしています(GNドライブを取り付けると見えなくなるので,このまま上から塗装してもいいかもしれません).なお,マグネットセッター裏側のノリは,エナメル溶剤で落とし,エポキシ系の接着剤で固定しました.セラビーIIのスネに組み込んでみました.

sv2-488.jpg

これで,GNドライブの位置が移動できます.タケノコ状のGNドライブには,マグネットを固定しないといけませんね.

セラの方にも,このパーツを使うのですが(GNドライブの固定用には使いません),その前にいくつかの作業を行いました.ラファエルに組み込むために,内側のパーツをかなり除去したのですが,そのせいで,すき間だらけになっています.最終的には見えなくなるので,そのまま放置してもいいのですが,見えないということは失敗してもダメージが少ないということで,ディテールアップの練習とお試しを兼ねて,少しいじってみました.

お試しということで,エバグリの4542(F-1)であるBoard&Battenの一番密なものを使ってみることにします.エバグリのスジ入りプラ板の一つなのですが,これはスジの部分が凸状態のもの.言い換えれば,凹部の方が広いパターンのものです.スカスカのシイタケもどきといえば分かりやすいでしょうか.

sv2-489.jpg

これを4mmの幅に切り出し,組み込める長さに切ります.

sv2-490.jpg

取り付けたい部位に下駄を履かせ,取り付けます.

sv2-491.jpg

スジを強調するために,すべての角のスジを彫りなおしています.次は,上の写真で,赤丸で示した側面.これもしっかり埋めたいと思います.強度確保にもなります.

sv2-492.jpg

側面にプラ板を貼り,それをドダイに内側の切りかけもプラ板でふさぎます.

sv2-493.jpg

これですき間は後一つ.プラ板をその形状に切り出して貼り付けるのは簡単ですが,内部フレームを組み込む際に使うかもしれないので,とりあえずは保留にしておきましょう.

セラの方は,この内側に直接GNドライブを取り付けることはないのですが,ラファエルに取り付けるために,磁石を組み込みます.磁石は,GNドライブを取り付けるための,モールドを使うのですが,磁石を固定するために穴を少しふさぎます.

sv2-494.jpg

そこに,4x2mm2のネオジム磁石を固定します.

sv2-495.jpg


この磁石の高さは1mm,穴の深さは2mmなので,磁石を2個連結して固定しています.さらにマグネティックフィールドを増すため,裏側にもネオジム磁石を固定しました.

sv2-496.jpg

上の穴も,自作パーツでふさぎます.

sv2-497.jpg

ここまできたら,やっぱりラファエルに取り付けてみたいと思うのが人情.

sv2-498.jpg

大根足化,うまくいきそうです.ちなみに,赤丸で囲んだ部分.これは,ラファエルのヒザのパーツです.雑誌やネットの作例では,ここを削って,差し替えとされているものがほとんどでした.でも,ここは差し替えをせずに取り付けたい.明日は,アームを取り付けて,接続できるかどうか見てみます.接続できるようにアーム基部のデザインと試作を何度も繰り返したので,実は肝の工作だったりします.それではまた明日.
スポンサーサイト



<< 天と地と-49 脚部ひざ下11 スネ | ホーム | 天と地と-47 脚部ひざ下9 スネ内側 調整 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム