FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

カッパ その21 スミ入れ

忙しいといっていながら,ちゃっかり更新しています.正確に言うと,ちょっと行き詰っているので,逃避ですかね(笑).今週末の目標は,申請書作成を3/1は終わらせること.今は,こちらの時間で土曜日の夜ですが,目標到達60%まで来ています.が,ここからが進まないんですよ.書くだけじゃなく,いろいろと調べたり,まとめたりしないといけない作業が入ってきます.後2ページ分書き上げたら,今週末の作業は一段落です.あっ,月曜日の宿題の準備もあった(汗).

リアルの状況はさておき(いいのか?),ズゴックEの続きです.前回までで,塗装まで終わりました.もう一息ですね.塗装の次は,スミ入れ.実はこの作業,好きです.そのために,スジボリを入れたようなもの.画像が多くないので,一気に行きましょう.

まずは,カモフラージュグレーを塗った箇所.ここは,タミヤさんのスミ入れ専用グレーでスミ入れです.黒だと,コントラストがつきすぎですもんね.

ZgokE189.jpg

スミ入れしたままで,まだふき取っていません.このスミ入れ専用カラーは,私のような不精モノにはもってこいのツールです.色は3種類しかありませんが,ズゴックEは,グレー系なので,この3色で十分です.

次は,バーニア/スラスターの内側,クリアレッドでキャンディ塗装した箇所です.

ZgokE190.jpg

心持,スジを目立たせたかったので,同じくタミヤさんのスミ入れブラウンを使いました.まぁ,使ったかどうかすらハッキリしませんね.

最後は,ガンシップグレーで塗った本体.

ZgokE191.jpg

ここは,迷わずブラックでスミ入れです.もちろん,タミヤさんのものを使っています.

で,ふき取り作業.ふき取りには,モデルマスターエナメルの薄め液(テスターのエナメルと同じ薄め液)を使いました.タミヤさんのエナメルならば,ハンブロール(こちらもエナメル)の薄め液も使えるとは思うのですが,これはモデルマスターエナメルには役立たずなので,ふき取りには,モデルマスターエナメルの薄め液を使うことにしています.

えっ,どうしてタミヤさんのエナメル専用薄め液を使わないかって?こちらでは,売ってないんです.タミヤさんのアクリル塗料は売っているのですが,エナメルは競合が多すぎて輸出していないのでしょうね.

ふき取りは十分ではありませんが,スミ入れ後のパーツを一部お見せします.まずは,ふくらはぎのパーツ.ここのスジボリはがんばりました.塗装とスミ入れでこんな感じになりました.

ZgokE192.jpg

そしてもう1箇所.足首です.

ZgokE193.jpg

特に足の裏.スジボリの練習をするのなら,足の裏が一番です.妙なディテールが入っているので,それに沿って彫りなおすことを繰り返せば,結構いい練習になります.失敗しても,見えなくなるので,さらにオッケー(笑).今回は,スジボリの順番を間違えました.合わせ目を消す前に,スジボリを施すべきでした.合わせ目を消した際に,元々のディテールもさらに浅くなり,ガイドとして使えなくなってしまいました.そのため,1部よじれています.元々モールドがある場合には,それを深くしたあとに,削っていったほうがいいですね.次からそうします.

それでも,塗料が筋に沿ってす~っと流れていくのを見るのは,快感です.ふき取りには,めん棒は使っていません.別のものを使っています.ズゴックEが終わったら,紹介します(模型製作では,一般的に使われていますが).でも,ズゴックEは後4回(も?)続きます.
スポンサーサイト



<< クリアー三連星 | ホーム | カッパ その20 塗装終了 >>


コメント

No title

はじめまして!
いつも訪問者記録からのぞいておりました「兄さん」です!
お仕事の合間をぬっての模型製作に毎度感心しておりました、、、
さて、、、
これは「年寄りの老婆心」からの書き込みですが、、、
「スジボリ」「塗装」とだいぶこなれてきて、今が一番楽しい時期だと思います、なので、ホント余計なお話なのですが、、、、
「合わせ目消し」と「スジボリ」に順番があるように、実は塗装にも順番があり、少し費用はかかるのですが、今ご使用になっているカラーは、たぶん、「半ツヤ」もしくは、「艶消し」だと思うんですが、そこに同じメーカーの「クリアー」を大量に入れ、全てのカラーを「艶あり」に変更しておくと、モデルの仕上がりが格段に良くなります!!
勿論、塗装後はテカテカのグロスになるんで、「スミイレ」の際のじゃみりや拭き残しもほとんどなくなりますし、拭き取りに力が必要無くなる分、モデルの表面を傷めることもなくなります、、、、
「グロス塗装」>「スミイレ」>「最後に艶消し」と、手法を少し変えると、驚く程仕上がりが変わるかと思います、、、、
まぁ、余計な話なんですが、もし、よければ次回作からでも参考にしてみてください!!
(カッパの完成楽しみにしてますね!!)

Re

> はじめまして!
> いつも訪問者記録からのぞいておりました「兄さん」です!
兄さん,このような辺境のブログに訪れていただき,なおかつ,コメントまでいただけるとは,本当にありがとうございます.
ほとんどコメントがないこのブログなのですが,コメントのお名前を拝見し,正直,ぶったまげました.よもや,兄さんからコメントを頂く日がこようとは!
> お仕事の合間をぬっての模型製作に毎度感心しておりました、、、
昔は大好きだった模型つくりを四半世紀ほど忘れておりまして,昨年あたりから,ちらほら再開した”出戻り組み”の一人です.プロの方に対しては,非常に申し訳ないのですが,仕事の息抜きというか精神安定みたいな感じで作り始めました.そういう訳で,タダでさえ手が遅い上に,限られた時間しか当てられない週末モデラーと化しつつあります.
> さて、、、
> これは「年寄りの老婆心」からの書き込みですが、、、
> 「スジボリ」「塗装」とだいぶこなれてきて、今が一番楽しい時期だと思います、なので、ホント余計なお話なのですが、、、、
出戻りといっても,全くの素人ですので,サジェスチョンは大歓迎です.こんな偏狭な地におりますので,このブログを通して見つけてもらった古くからの友人を除いては,生の声を聞く機会はほとんどありません.非常にありがたいですよ,ホントに.
実は,彫り直しに加え,スジボリに挑戦しようと思い始めたのは,リックドムIIを作製中の頃で,それは兄さんのHPでスジボリ講座を拝見したのがキッカケなんですよ(本当です).点と点から線を決める(このまま書けば当たり前に聞こえますね)やり方の解説が非常に分かりやすく,やってみたくなったのが動機なのですよ.さすがに,神の域のプラ板工作は,私にとっては触れえざる畏敬のレベルなのですが(笑).
> 「合わせ目消し」と「スジボリ」に順番があるように、実は塗装にも順番があり、少し費用はかかるのですが、今ご使用になっているカラーは、たぶん、「半ツヤ」もしくは、「艶消し」だと思うんですが、そこに同じメーカーの「クリアー」を大量に入れ、全てのカラーを「艶あり」に変更しておくと、モデルの仕上がりが格段に良くなります!!
> 勿論、塗装後はテカテカのグロスになるんで、「スミイレ」の際のじゃみりや拭き残しもほとんどなくなりますし、拭き取りに力が必要無くなる分、モデルの表面を傷めることもなくなります、、、、
> 「グロス塗装」>「スミイレ」>「最後に艶消し」と、手法を少し変えると、驚く程仕上がりが変わるかと思います、、、、
> まぁ、余計な話なんですが、もし、よければ次回作からでも参考にしてみてください!!
なるほど,クリアーをつや消しの塗料に入れて塗装するんですね.実は,この後で,別の失敗があって,トップコートのやり方を考えなおさないといけないと思っていました.通勤途中にある模型屋には,セミグロスしか置いていなかったので,マットとついでにグロス(このときは)を注文したところでした.次回作では,試してみます.その前に,どれだけのグロスを足してよいのか分からないので,少し実験してみないといけませんね.
> (カッパの完成楽しみにしてますね!!)
ありがとうございます.この後に失敗もありましたが,何とか完成まで持っていきました.これからも,できるだけ週末は,何らかの更新をしたいと思っておりますので,よろしければまたお越しください.

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム