FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

Hi-ν 10 腰部その2 ティンコケース

いきなり,不謹慎なタイトルですみません.なんといえばいいのか分かりません(汗).用は,連邦Vマークが付いている股間中央の部位です.それにしても,気が付けばもう10回目.しかし,進展はいつも以上に遅い.いつもは複数機作ってるんですけどね.それだけ大変な作業が多いということでしょうね.

さて,腰部の製作は,前回ミキシングでフレーム形状を出したので,今回かは各部をいじっていきます.マスターアーカイブを参照すると,腰部は脚部同様,設定画とキットの形状が異なるので,またまた改修が必要です.その中で,好みの形状を模索していくことにします.そういう訳で,今回はティンコケース(まだ言ってる).キットではたったの2パーツです.

方針は,幅増しです.そのため連邦Vマーク部側面の壁を除去します.

Hi-nu-100.jpg

そして,1㎜プラ板を画像の形状に切り出します.

Hi-nu-101.jpg

そういえば,正面には1㎜プラ板を貼り,延長していました.キットのパーツに下書きしているような装甲を構築していきます.ここは,マスターアーカイブの設定画を参考にしています.

貼り付けて,加工しました.

Hi-nu-102.jpg

写真では分かりにくいですが,股間の先端に近い部位は,先ほど切り出した1㎜プラ板をさらに加工して貼り付けています.側壁を除去した部分は0..75㎜,内側は0..5㎜厚のプラ板を貼り付けていますから,段差のある装甲分割になっています.幅増ししたので,フロントパネルがちゃんと付くかどうか確認します.

Hi-nu-103.jpg

問題なさそうですね.側壁を除去したVマーク部は,幅増しのため,両側に隙間ができました.もちろん,想定内です.Vマークのパーツの両側にプラ板を0.75㎜のプラ板を貼り付け加工しました.

Hi-nu-104.jpg

ツライチにする際に,Vマークを削ったので,0.5㎜厚のプラ板から削り出しておきました.キットのパーツの左側に,削り出したVマークがあります.見えますか?

Vマークを貼り付けて,装着.

Hi-nu-105.jpg

問題なしです.これで終わってもいいんですが,下部のスラスターの形状が異なるので,こちらも自作することに.まずは,その部分をくりぬきます.

Hi-nu-106.jpg

まずは,C面に沿ってスジ彫りを入れ,その内側0.5㎜の位置でくりぬいています.このスジ掘りは0.25㎜幅.後で効いてきます.くりぬいた部分に入るスラスター(たぶん,ベクタードノズル)は,6枚フィンのシイタケで自作します.

Hi-nu-107.jpg

くりぬいた部分にきっちり入ります.

Hi-nu-108.jpg

さてここで,先ほど残しておいたスジ彫りを利用します.0.25㎜は,HGキットのスジ彫りとしては少し太め.普段はスジ彫り用には使いません(通常は0.15㎜).理由は,そこに0.25㎜厚のプラ板を差し込むため.

Hi-nu-109.jpg

スラスターの側壁ができました.

フィンと合体すると,

Hi-nu-110.jpg

サフを吹いて,

Hi-nu-111.jpg

ティンコパーツ,完成です.このペースだと,どれだけ時間がかかるんでしょうか?
ではまた来週.
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム