FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

Hi-ν 05 脚部その4 ふくらはぎなど

昨日の製作記に続き,連投の製作記です.今回は,魔のふくらはぎ周りをいじってみたいと思います.ふくらはぎの周りは,側面から背面にかけて上下2パーツで構成されています.そこは接着し,両側面をカットして,背面だけとします.

Hi-nu-42.jpg

この部分,”く”の字状に屈折していますが,そのため少し長く,また丸みがある湾曲R面にしたいので,赤線の部分でくさび状の角度を付けてカットし,再接着しました.そして,整形.

Hi-nu-45.jpg

スネパーツと共にサフ吹き状態です.”く”の字が,湾曲状になっています.なお,スネパーツも何とかつなぎ目が分からないようになりました.エッジはシャープになっていますから,苦労して削った甲斐があります.ふくらはぎ背面パーツを取り付けます.

Hi-nu-43.jpg

サフ前の画像ですが,ナラティブのフレームに合うように,ゲタをはかせて調整しています.ここで,ヒザアーマーの側面にも,何かしらのパーツが付いていますが,これは

Hi-nu-41.jpg

キットの側面パーツから切り出したもの.フレームや他の装甲となじむように,プラ板を足したりカットしたりして,形状を調整します.

Hi-nu-44.jpg

最終的に,三角形の穴が空いているパーツを使います.一部,色が違う箇所は,プラ棒を接着して,形状変更した部分です.

次のステップに移る前に,ここまでできているパーツは,整形し,サフを吹いておきました.ヒザアーマーです.

Hi-nu-46.jpg

サフを吹くと,追加の装甲裏やスジ彫りが分かりますね.

ふくらはぎのバーニアカバーです.

Hi-nu-47.jpg

これでもう,つぎはぎ部は分かりません.すそ側面です.

Hi-nu-48.jpg

こちらもつぎはぎだらけですが,分からなくなりました.

さて,今回の製作で最も面倒で,一度はしり込みした部位です.それは,ふくらはぎ側面のスラスター(マスターアーカイブ本によれば)です.ここが,キットと設定画で最も異なる部分.もっとも,キットは新しい設定画ベースなので,間違っているわけではないのです.単に,初期設定画ベースのマスターアーカイブ版にしてみたいと思っている個人的な好みの問題.

ないものは作るしかないので,ここは完全自作です.プラ板を切り出し,合わせてみます.

Hi-nu-49.jpg

これをベースに中空を保ちつつ,側をプラ材で積層します.

Hi-nu-50.jpg

黒い流し込み接着剤を使っているので,整形前は汚くてすみません.スラスター部は,4枚フィンのシイタケです.

Hi-nu-51.jpg

4枚フィンは,設定画とは異なりますが,ここだけはマッシブにしたかったので,4枚フィンが入るだけぶっとくしようと決めていました.

シイタケを取り付けてみます.

Hi-nu-52.jpg

この状態で,フレームに取り付けてみます.

Hi-nu-53.jpg

まだ整形前なので角ばってますが,後方に沿って湾曲した面に加工する予定です.ちょっと太すぎでは?というぐらいごつくなりそうです.今回に関しては,それを狙っています.

今週末はここまでです.次回は忙しいので,できても1回の更新ですね.それでは.
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム