FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

Hi-ν 04 脚部その3 ヒザアーマー

週末になりました.今週末も先週に引き続き,2本立ての製作記です.まずは,ヒザアーマーの製作から.

ヒザアーマーは,Hi-νのキットのものを使います.先週の記事で,一体化されていたすねとヒザアーマーを切り離していました.問題となるのは,どうやってHi-νのヒザアーマーをナラティブの脚フレームに取り付けるかです.まずは,Hi-νのキットの方で,一体化されているヒザアーマーの裏とヒザ関節のパーツから,ヒザ関節を切り離します.

Hi-nu-30.jpg

ちょっとわかりにくいですが,右の2パーツがオリジナルで,関節部分を切り飛ばしたのが左の2パーツです.ヒザ関節がメインなので,その部分を除去すると,ずいぶんと小さくなりますね.

切り離すと,ヒザアーマーの裏に隙間ができるので,エバグリのスジ入りプラ板でそれらしく整形します.

Hi-nu-31.jpg

コントラストが高すぎたため,モールドが飛んでいますが,赤丸の箇所が追加した部位です.後は,これをどうやってナラティブの脚フレームに組み込むかですが,裏側の一番下に穴がありますから,これを利用しましょう.

ちょうどナラティブの脚フレームには,くぼみがありますから,接続パーツを自作して,フレームに組み込みます.

Hi-nu-32.jpg

ヒザアーマーとスネパーツの間から,この接続部がチラ見するので,こちらもそれらしくでっち上げます.フレームパーツがあるとこういうことができていいですね.MGを作っている人には,当たり前のことかもしれませんが.この自作の接続パーツは側面から見るとこうなっています.

Hi-nu-33.jpg

これをフレームの中にある広い部分(プラ板)の間に挟み込むことで固定します.そうすると,ヒザアーマーがつきます.

Hi-nu-34.jpg

スネパーツは,整形前のものなので,若干前後しています.実際の製作は,いろいろな部位を少しずついじっていき,最終的な形状を出していくのですが,それだとまとまった記事を書きにくい(というよりも,読んでいて何をやっているのか分からない)ので,時系列よりも部位ごとに再編集して記事にしています.スネパーツで残っているのは,スネ下部のスラスターです.キットとマスターアーカイブの設定画では,形状が,というよりもスラスターの角度が違います.キットは,スラスターの口が正面を向いているのに対し,設定画の方では下を向いている構成になっています.やはりここは,下向きの方がよさそうなので,彫り込んで変更しました.

Hi-nu-35.jpg

赤丸の部分がそうです.キットをお持ちの方は比べてみてください.地味に大変な作業でしたww
表側はだいたい終わったので,今度は裏側,ふくらはぎのパーツをいじっていきます.ふくらはぎには,ν系の特有のバーニアがあり,そのカバーの形状が,キットとマスターアーカイブの設定画では大きく異なっています.いや,形状自体は悪くないのですが,角度に問題があるような気がします.そのために,側面のすそパーツの形状を変更したのでした.形状出しのこの段階で,ディテールアップはやるべきではないのですが,変更する前にやっておく方がよさそうな工作もあります.バーニアカバーの一部を切り取ります.

Hi-nu-36.jpg

角状に切り取るのも私にとっては難易度が高い工作です.左が加工後のパーツで,切り取った部位は下に落ちています.右は切り取る直前の状態です.その部位が斜めになっています.

ディテールアップのついでに,スジ彫りも入れておきます.

Hi-nu-37.jpg

テープで囲んだ部分を,幅広のタガネ(確か3㎜のもの)で彫り込みます.中央に立て線を入れて,スジ掘り完成です.

Hi-nu-38.jpg

先ほど,角状に切り飛ばした部分を囲むように,プラ板を貼り,カバーの形状を変えます.

Hi-nu-39.jpg

分かりにくいですが,黒い部分がプラ板を足した部分です.黒い流し込み接着剤を使ったので,どうしても汚いですね.そして,接続用に,プラ棒を刺しておきます.フレーム側に,受けの穴を開け,接続します.

Hi-nu-40.jpg

赤丸で囲んだ部分が形状返納した箇所です.すその横パーツも形状変更したので,すそがガバッと開いた感じになりました.ふくらはぎからすそにかけて,大がかりな形状変更が必要なので,その第一歩ですね.
本日はここまでにしておきます.明日に続きます.
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム