FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

タガネケースの製作

完成記事も半ばなのですが,今週末は撮影できなかったので,別の内容で記事を書きます.本来なら,夏には取り掛かれる準備ができていたのですが,余力はすべてガンキャノンの製作に回していたので,やらずじまいでした.走り出したら止まらないようです(汗).

それは,夏前にn兄さんのツイッターで見たタガネケース.オリジナルの記事はこちらからたどれます.実際の記事は,昨年のようですね.まっ,私が見たのは夏前ということで.で,この記事に書かれているタガネケースを作ってみました.現在は,バラでzipロックの袋にまとめて入れていただけなので,探すのに時間がかかっていました.これで,無駄が省けるでしょうか.

まずは,1㎜厚のプラ板を57.5x91.5 ㎜2に切り出します.

Tanane-case1.jpg

そして,日本の100均で買える名刺ケースを準備します.個人的には,これが一番ハードルが高いのですが(日本の100均は,世界一いぃぃぃぃ).

切り出したサイズのプラ板は,バッチリ収納できます.

Tanane-case2.jpg

ちなみに,この名刺ケースは,セリアで購入しました.もちろん,100円です.

次に,エバグリの角棒,3.2x2 ㎜2を準備し,8㎜の長さに切り出します.

Tanane-case3.jpg

ケチれば7.5㎜でも可能です.大盤振る舞いなら,プラ板と同じ91.5㎜でも大丈夫.これを,先ほどのプラ板に,45㎜間隔で接着します.

Tanane-case4.jpg

要はデカいシイタケディテールですね.性格に45㎜が望ましいので,私は治具を作りました.

Tanane-case5.jpg

治具のでっぱりの部分がちょうど45㎜です.でっぱりの厚みは1㎜なので,3.2㎜の高さの底には届きませんから,流し込み接着剤を使っても,治具が接着されることはありません.シイタケを作った経験がある方だと,この感覚はお分かりかと.

次に,3.2㎜幅のプラ棒を,21㎜の長さに切断し,一つの角を45度のC面を入れて,先ほどのフィンに貼り付けます.

Tanane-case6.jpg

この時,入れる予定のタガネの刃幅によって,用いるプラ棒の幅が異なります.0.7㎜のタガネまでは,1.5㎜幅で大丈夫でしたが,それ以上になると,1㎜幅,0.5㎜幅に偏向が必要です.また,45度も,だいたいで大丈夫です.これが,タガネの首位置になるため,刃が底に着くのを防いでくれます.

また,落下防止用に,上側にも1mm厚のプラ棒を接着しています.ケースに入れてみます.

Tanane-case7.jpg

いい感じ!タガネを入れてみます.

Tanane-case8.jpg

バッチリです.刃先はこんな感じです.

Tanane-case9.jpg

これで,整理整頓できますかね?ちなみに,3ケース分で,経費は約1000円でした.エバグリのプラ棒が一番高いです.
スポンサーサイト



76GC-44 完成編4(最終回) RCX-76-02 最初期型ガンキャノン 鉄騎兵中隊112号機

本記事は,先週末に上げようと思っていたのですが,立て続けに締め切りに追われ,そんな余裕はありませんでした.さて,76系ガンキャノンの完成記事第4弾です.しかも,これが76系最終回.最後は,鉄騎兵中隊所属の最後の機体である112号機です.

76-407.jpg

同時製作のため,製作過程,改修ポイントは,これまでの機体と全く同じです.鉄騎兵中隊所属の機体は,装備がロールアウト1号機とかぶるので,スプレーミサイルランチャーを装備した112号機にしてみました.

素の正面です.

76-408.jpg

他の機体との大きな違いは,武装であるスプレーミサイルランチャー.ミサイルは,すべて削り,1本1本自作しています.イチゴのようなつぶつぶ感を目指しました.

素の背面です.

76-409.jpg

ミサイルランチャーの付け根が少し浮いてますね.ミサイルランチャーの排気部には,それっぽいモールドを加えています.関節裏は,これまで通りです.

素の左側面です.

76-410.jpg

他の機体よりも,ミニタリーっぽい配色で好きです.

素の右側面,俯瞰です.

76-411.jpg

右側面には,機体番号の情報が無いので,キャノンの基部に付け加えました.そういえば,耳のエンブレムは,指示通り貼っているのですが,甲冑の向きは前向きが正しいはずです.左はそうなっていますが....

フル装備のガワラアングル左正面です.

76-412.jpg

キャノンはありませんが,ガンキャノンにしか見えません.

今度は,ガワラアングル右背面です.

76-413.jpg

キットの出来がいいので,楽しんで製作できました.これで,76系の4機はお終いですが,77系も同時製作で,6機が残っています.残りも順次アップしたいところ.

頭部前面のアップです.

76-414.jpg

首の基部にも,スジ掘り,モールドを加えています.

後頭部のアップです.

76-415.jpg

ミサイルランチャーにも,部隊のエンブレムを貼り付けました.

それでは,in action.

76-416.jpg

ガンキャノンと言えば,この踏ん張りポーズです.

76-417.jpg

元のファースト世代には,ガンキャノンが実弾のマシンガンを使うのは,ある意味,新鮮です.

76-418.jpg

あおり気味に.肩のガトリングガンは,砲身を開口しています.砲身部と基部で色が違うのですが,分かりにくいですね.

76-419.jpg

こちらのアングルの方がもう少し肩のガトリングが見やすいかも.でも,違いは分かりにくいですね.

76-420.jpg

以上,後の五星にボコボコにされてしまった,ガンキャノン中隊の最後の機体です.12機が一気にやられるのは,コンスコンのドムぐらいしか覚えていません.長かった初期型ガンキャノンの製作記もこれでお終い.次は,77系ガンキャノンの完成記事です.しかし,ちょっと撮影しにくい状況なので,明日は別記事にします.

76GC-43 完成編3 RCX-76-01B 最初期型ガンキャノン 火力試験機

ガンキャノンシリーズ,第3段は,初期型ガンキャノン火力試験機です.

76-396.jpg

基本構成は,機動試験機と同じですが,あちらはガンダムよりだったのに対し,この火力試験機はガンタンクよりの構成になっています.肩には,ガンタンクばりの大型キャノン(それでも,初期型ガンタンクよりは小さなものだそうですが),腕には機関砲を備えています.設定では,腕の機関砲は片側だけでしたが,さらにガンタンクによってみたくなり,両腕とも機関砲にしました.火力試験機ですから,これぐらいやっても問題ないでしょう.パーツ,余ってましたし.

これまで通り,素の状態で4面を.まずは,素の正面から.

76-397.jpg

肩のキャノンが大きいので,切れないように収めるのはちょっと大変.次は,素の背面.

76-398.jpg

おそらく,ガンキャノンの中で最もごつい機体だと思います.素の左側面です.

76-399.jpg

さすがにこれは,バランスが悪いことは,テストをするまでもない気がします.が,巨大火器は男のロマン.この程度なら,もちろんアリですよね.キャノンの可動部となるオレオは,アルクラッドIIのミラークロムによる塗装です.素の右側面,俯瞰です.

76-400.jpg

設定では,頭部には,ガンタンクのように砲撃手のコックピットがあるとか.これ,キャノンを使用するたびに,生きた心地がしないのでは?下手な罰ゲームよりも厳しいですよね.

お次は,フル装備(と言っても,本機はシールドを装着しただけですが)ガワラアングル左正面です.

76-401.jpg

両手機関砲では,シールドを取り付けるようになってはいないのかもしれませんが,くびれた部分に無理に取り付けています.また,この角度だと,両手の機関砲の側面も開口していることが分かると思います.そして,フル装備のガワラアングル右背面.

76-402.jpg

こういう大型キャノンを背負っている機体は,後姿が映えますね.

次は苦手なポージング.まずは,せっかくなので,踏ん張った後姿です.

76-404.jpg

ここは死守する,テコでも動かん!!!!と言った感じでしょうか?あっ,これは別の機体でしたね.

76-403.jpg

対空攻撃でしょうか?足がある戦車という方が正しいのかも.この場合の足は果たして飾りなんでしょうか,テム主任?

76-405.jpg

対空攻撃時のアップです.額のセンサーは,HIQパーツさんのモノアイ皿を埋め込み,赤とピンクのセンサーシールを貼った後,クリアーのレンズをはめ込んでいます.最後は,アップの背面です.

76-406.jpg

やはり大型キャノンの機体は,後姿が一番いいですね.これで,3機目です.次回は,最初期型ガンキャノンの最後のバリアントである実戦配備機です.それではまた明日.

76GC-41 完成編2 RCX-76-01A 最初期型ガンキャノン 機動試験機

前回投稿した最初期型ガンキャノン ロールアウト1号機に続く第2弾として,最初期型ガンキャノン機動試験機です.ガンキャノンと言っても,キャノンを装備しているわけではなく,肩にはガトリングが付いているだけ.その代り,頭部にはガンダム系のVアンテナが付いています.そのため,ガンキャノンというよりも,その後のガンダムの始祖となった機体と言ってもいいのかも.もっともガンキャノンから離れたガンキャノンです.

76-384.jpg

ロールアウト1号機同様,キットの出来がいいので,アウトライン等の変更はせず,若干のスジ彫りの追加とディテールアップを中心に製作しました.

まずは,素の正面から.

76-385.jpg

頭部以外はまぎれもなくガンキャノンですが,頭部はガンキャノンのフレームにガンダムが混じっています.

素の背面.

76-386.jpg

同時製作した他のガンキャノン同様,ヒジとヒザの関節裏には,可動に干渉しない程度にディテールを追加しました.

素の左側面です.

76-387.jpg

本体塗装は,スカーレット系の濃い赤を下地に調合したオレンジイエローを吹いています.

素の右側面,俯瞰図です.

76-388.jpg

頭部は,耳あてを新造し,バルカンをメタルパーツに置き換えました.

フル装備状態をガワラアングルで.

76-389.jpg

ガンキャノンを複数製作すると,ヤシマ式マシンガンが余るので,この歩行試験機に両手持ちしてもらいました.

同じくガワラアングル,右背面です.

76-390.jpg

画像では見えにくいですが,初期型ガンキャノンの特徴ともいえる3本指マニュピュレーターの1本を加工し,マシンガンのトリガーにかけています.残りの2本も一端切断し,グリップをホールドしているように加工し,再接着しています.

頭部のアップです.

76-391.jpg

歩行試験機は,頭部にガンダムのようなトサカセンサーを2基有していますが,ここはくりぬいてカメラっぽい何かを入れた後,薄いクリアーの塩ビ板にクリアーグリーンを吹きつけたカバーを自作し,接着しています.

76-392.jpg

後頭部のセンサーも同様にカメラっぽい何かを中に入れています.

76-393.jpg

2丁拳銃は,2刀流よりもポーズが難しいですね.うまく決まりませんが,ポーズを付けてみました.

76-394.jpg

ガンキャノンは,どうしても正面からの構図が多くなります.この方が見栄えしやすい?

76-395.jpg

こちらも正面から,上半身を中心に.やはりキャノンがないと物足りませんね.さて,これで2機体の完成記事が終わりました.時間がかかりますが,毎週2機体づつ完成記事を上げていきたいと思います.では,また来週.

76GC-40 完成編1 RCX-76 最初期型ガンキャノン ロールアウト1号機

長かったガンキャノンシリーズもようやくの完成編に突入しました.しばらくは,本業の方がとても忙しいので,次のキットに移る間の時間稼ぎとして(笑),週に2機体ずつまとめていきたいと思います.先ずは,最初期型ガンキャノン ロールアウト1号機です.オリジンの映像中に,一瞬だけ出てきますね.息子をぶったことの無いアムロの父さんに,こんなものはモビルスーツではないと言われたあの機体です(涙).

76-374.jpg


プレミアムバンダイのキットを使っています.そのため,一部のマーキング等は,キットに付随しているステッカーを使っています.若干の後ハメ工作,スジ掘り,ディテールアップ以外は,形状を含め,ほぼキットのままです.このキット,本当にいい出来ですね.出来が良すぎたために,とんでもない数の同時製作になったのですが....

それではいつもの4面から.機体だけで正面です.

76-375.jpg

額のセンサー部は,くりぬいてカメラっぽい何かを付けた後,クリアグリーンを吹いた薄い塩ビ板でフタをしています.

背面です.

76-376.jpg

ひじもそうでしたが,ひざ裏には干渉が無い程度にディテールを追加して,丁寧に色分けしました.マーキングは,ガンダムデカール中心に,コーションマークを追加しました.

左側面です.

76-377.jpg

ガンキャノンたらしめるキャノンはデカいです.実弾式ですが,V作戦以降のガンキャノンのキャノンよりも威力がありそうな感じです.

右側面を俯瞰で.

76-378.jpg

胴体からバックパックまでが,ごついですね.
頭部は,60㎜バルカンとアンテナをメタルパーツにしています.また,耳は,スリットを均等に入れたかったため,キットのモールドを削り落とし,自作のものに置き換えています.

前後左右の4面が終わったので,ライフルとシールドを持たせて,戦闘モードに(と言っても展示品ですが).ガワラアングル正面です.

76-379.jpg

胸部ダクトは,ダクト部分を切り離し,後ハメ化.同時に,ダクト部が装甲よりも少し内側に入っている感じに,切り離した基部を削って調整しています.脇下のスラスターは,クリアーレッドで着色したメタルパイプを埋め込んでいます.シールドは,あえて2種類の白を使い,別材質的にしました.また,スネとモモのステップは,別パーツ化し,組み上げ後に接着しました.これで,モモとスネの後ハメができるだけでなく,ステップ部の合わせ目を消す必要がなくなります.

ガワラアングル背面です.

76-380.jpg

できるだけ密度感が上がるように,ディテールアップと塗装による塗り分けを行いました.脇下のスラスター同様,バックパック横のスラスターもクリアーレッドで着色したメタルパイプを埋め込んでいます.ヒジとヒザ裏は,可動に影響を及ぼさないギリギリのところまでディテールアップを施しました.ふくらはぎ部のモールドは,抜きの関係(?)で浅かったので,削り取って,自作し,組み上げ後に接着しました.

苦手なポーズです.

76-381.jpg

ディスプレイ用の機体なので,こういったポーズ自体,あり得ないのかもしれません(笑).

少し俯瞰きみで.

76-382.jpg

オリジンの機体は,デザイン時にコーションマーク等も入っていますが,好みで追加しています.

最後は,キャノン側からです.

76-383.jpg

連邦側初の2足歩行MSにして,後のV作戦につながる宇宙世紀上重要な機体です.そのロールアウト1号機をガンキャノンシリーズの第1弾として製作しました.また,MGに投稿しています.こちらです.

77GC-112 頭部の組み上げ

76系に続き,77系の工作もこれが最後になります.特にこの77系は,オリジンキットを使う上で,というよりも,どのキットを使っても,キットが無い機体もあることから,改造は必須.キットの楽しみ方は,人それぞれで,どんな作り方をしても,私はそれを肯定しますが,私自身は,なんちゃら風というものにはしたくなかったので,技術が伴う範囲で,自分のイメージに見合うよういじってきました.こちらは,6機体なので,100回越を想定していました.そsのため,ここまで来れたことが,歓喜です.

最後の工作は,こちらも頭部です.76系でも,普通ではないことをやっていましたが,こちらも少しだけやっています.

まずは,量産型の頭部から.

77-1243.jpg

本来,バイザー部がクリアーパーツではないキットだったので,こちらの中身はありません.そこで,オリジンキットの中身を加工し,というよりもセンサー部をくりぬき,塗装して貼り付けました.これで,違和感なしですね.メタリック2色で塗装し,スミ入れしています.他の頭部も,内部は同じ塗装を行っています.

さて,この77系頭部で最も大きな問題は,バイザーの色.ほとんどは,グリーン系でいいのですが,ガンキャノンIIと重装型はオレンジ系のバイザーです.しかも,ガンキャノンIIでは,口元の形状が異なるので,バイザーの形も違います.考えあぐねた結果,ここは,キットのパーツを芯に,バキュームフォームすることにしました.プラ板,サラダパックの透明容器など,いろいろな素材で試したのですが,やはり塩ビ板(PVCですね)に勝るものがありませんでした.残念ながら,こちらでは透明のPVC板の入手経路が限られるので,すべてのバイザーをバキュームフォームで作ることはできませんでしたが,色あるいは形状が異なる2機体だけは,挑戦してみました.あまりに必死だったので,途中経過が無く(汗),組み上げた状態です.まずは,重装型から.

77-1245.jpg

そしてガンキャノンII

77-1244.jpg

跡は,メタルパーツを取り付けながら,組み上げていきます.まずはひさしとバルカン.

77-1246.jpg

後頭部に,アンテナの基部.

77-1247.jpg

そして,長さを調整したアンテナの先端です.

77-1248.jpg

バルカンとアンテナはHIQパーツさんのものを使いました.結構,お金がかかっています.こちら,77系は(76系も同じか),同じものが一つもない頭部でした.これで,すべての工作が終了しました.後は組み上げての完成報告編です.せっかくなので,1機体づつ行いたいと思います.というのも,10月は出張が続くので,しばらくは次に進めそうにないからです.という訳で,ガンキャノンはもうしばらく続きます.

76GC-39 組み上げ 頭部

76系の工作も,いよいよ最終回.と言っても,いつもの感じでいってみましょう.組み上げの最後は,ここまで取り上げてこなかった頭部です.76系の頭部には,バイザーの中のセンサーに加え,ガンダムのように額にもセンサーがあります.HG系のキットでは,基本,キラキラ系のシールを貼るのが一般的ですが,ここでは少しいじってみました.要は,その部分を開口し,内部にカメラっぽい何かを加えておきました.

76-362.jpg

これは,量産型の頭部です.カメラっぽい何かの部分に,円状シルバーのシールを貼っておきます.やっぱりシールかいっ!
というツッコミはなしで(汗).他の機体でも同様の作業を行いました.

76-363.jpg

そういえば,バイザーも組み込んでおきました.バイザー内部は,メタリック系で塗装を行い(分かりませんが,2色使っています),モールドにはスミ入れをして何かありそうな感じを強調しています.これは,歩行試験機ですが,コイツには後頭部にもカメラがあります.

76-364.jpg

また,火力試験機には,カメラに加え,その上にセンサーがあります.

76-365.jpg

ここは,HIQパーツさんのセンサー受け皿を埋め込み,そこに2種類の色(メタリックレッドとメタリックピンク)のセンサーを貼り,その上からクリアードームを貼っています.

さて,開口していたカメラ部には,クリアーグリーンを塗った極薄塩ビ板を切り出し,貼り付けておきました.

76-366.jpg

そういえば,バルカンもHIQパーツさんのメタルパーツを取り付けています.裏のセンサーも同様に,カメラの窓を取り付けておきました.

76-367.jpg

これは,すべて歩行試験機のものですが,ガンダムっぽい頭部です.さらに,Vアンテナも取り付けます.

76-368.jpg

コイツには,Vアンテナの中央にもセンサーがあるので,やっぱりくりぬいて,カメラを付けて,上からカバーを被せました.ガンダムとガンキャノンの中間のような顔つきです.ジムよりもガンダムよりですね.これで,歩行試験機の頭部は完成です.次は,火力試験機.

76-369.jpg

コイツにもひさしを取り付けました.この火力試験機のひさしは,キットのままでは,他の機体と同じサイズなのですが,それではあまりにもヒーロー然としすぎている気がしたので,削って重鈍感を強調しました.正面からだと分かりにくいですね.

ロールアウト1号機です.

76-370.jpg

白一色です.コイツはまだ終わりじゃありません.量産型です.

76-371.jpg

こちらはひさしの色が本体色です.チラッと見えていますが,側面裏側に,アンテナの基部を取り付けています.アンテナは,これもHIQパーツさんのメタリックパーツです.

76-372.jpg

そして,長さを調節したアンテナ先端も取り付け,頭部完成です.

76-373.jpg

左から,ロールアウト1号機,歩行試験機,火力試験機,そして量産型と呼ばれる鉄騎兵隊の頭部です.
こうやって比べると,火力試験機のひさしが心持短いのが分かります(かね?)

これで,76系はすべての工作が終了しました.オリジンのガンキャノンキットを仮組たときの衝撃があまりにも大きく,結局キットを10箱購入し,ここに至りました.アホであるのは間違いないのですが,ここに行き着いたことが喜びです.工作編はこれでおしまいですが,まだ続きます.これ以降は,完成編です.おっと,その前に,77系の最終工作記も書かないといけませんね.

| ホーム |


 ホーム