FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

77GC-102 塗装編 その12 108号機の塗装

ようやくです.ようやく,この日がやってきました.メインの塗装としては最後の機体,108号機の塗装です.初めから,108号機の塗装は最後にしようと思っていたので,後回しにしていましたが,今回,ついにその塗装をします.

下塗りは,同じく赤系の謎の機体と同じで,ユーロダークグリーンI,その上から2層目としてクリムゾンレッドを影が薄っすらと残るように吹きました.この色は,黄色系の下地にした色ですね.最後は,赤赤しい赤であるガードレッドを吹きました.それでは,胸部から腰部にかけてのパーツです.

77-1168.jpg

後で比較しますが,カブースレッドを使った謎の機体とはずいぶんと色味が違います.他の機体と比べるとパーツは少なめですね.次は,腕部.

77-1169.jpg

こちらもパーツは決して多くはありません.そして最後の脚部です.

77-1170.jpg

脚部もこれだけ.もっともすべてのガンキャノンはこの108号機である77-2系列から派生したため,デザインの上ですが,余計なものが一切ない最もシンプルなガンキャノンですね.主役たり得るヒーロー系の赤を使ってみたかったのです.

さて,腰のサイドアーマーは,塗り分けることにしたので,マスキング後に7割ガンメタルを吹いてみました.

77-1171.jpg

黄色の方は,重装D型の片方です.やっぱり色ぐらいは変えないと,シンプルすぎます.

これで一通りの塗装は終わりなのですが,少々部分塗装を行いました.主に,謎の機体ですが.
謎の機体には,オレンジ系の部分塗装を必要とする部位が多数あります.この辺は,キットなどはありませんから,自作なのですが,できるだけ別パーツにしておきました.それでも,すべてがそれでできるわけでもなく,マスキングによる部分塗装は必須です.


77-1167_20190718052652bc3.jpg

色は,アルクラッドIIのペイルバーントメタルの上に,tランスパレントメディウムで薄めたクリアーオレンジを吹いています.シンナーで薄めたわけではないので,色の濃さが薄まっただけで,塗料の濃さはそのままです.今度は別パーツ化した部位も同様に塗装しました.

77-1172.jpg

二つのダクト以外は,すべて謎の機体用です.さらに,重装型のひざ下スリットも,同じように2段階で塗装しました.

77-1174.jpg

ただし,色を少し載せた程度にしています.同じくビームライフルの照準と腰中央の丸モールドも同じように2段階塗装.

77-1175.jpg

謎の機体用の丸モールドだけ,濃いめにしています.108号機の胸部ダクトも同じように塗装しています.ガンキャノンIIのダクトフィンは,ステインレススティールを下地に,やはりトランスパレントメディウムで色を薄くしたクリアーグリーンを吹いてみました.

77-1173.jpg

ダクトフィンもこれで一通り終了ですね.部分塗装の続きで,謎の機体と108号機のキャノン基部も,マスキングによりガンシップグレーで塗装しました.

77-1176.jpg

この部位のマスキングはタイヘンなんですが,もうこれでやらなくていいと思うと感無量です.10機すべてしましたからね.
なお,同じ赤系でも,色味が変えてみました.違って見えますよね?他の機体同様,腰のサイドとリアアーマーの裏側に,自作のパネルを貼り付けました.

77-1177.jpg

これも10機すべてやったので,作っておいたすべてのパネルを使い切りました.スミ入れや若干の部分塗装はこれからですが,大きな山を越えた気がします.と言っても,来週は途中からしばらくの出張です.製作記の更新はできないかもしれませんね.
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム