FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

77GC-85 キャノン再び その5

今週末も,ひたすらキャノン部です.と言っても,いよいよ最後のキャノンパーツ.ガンキャノンIIの左肩,多目的精密照準システムだそうです.もはやキャノンではありませんね.できているのは,前回のビームキャノンと一緒に製作した接続部の回転盤のみ.今回はこれを含む形で,この照準システムを製作します.もちろん,旧キットのパーツは使わずに,完全自作です.旧キットの照準システムの形状は,旧キットの中で一番いいのですが,大きさが若干合わないので,作り直します.

77-998.jpg

まずは,接続基部より少し大きなディスクを2枚切り出します.厚みは,0.5㎜です.その中央に,スリットを入れます.

77-999.jpg

スリットの幅が違うのはわざとです.そして,2枚を重ねて接着.

77-1000.jpg

スリットの幅の違いが段差になっています.そして,ポリキャップを挟むように2枚のプラ板を準備し,スリットの幅に合わせて,接着.

77-1001.jpg

スリットの段差は,ポリキャップを挟んだプラ板を固定するためのものです.ちなみに,この画像は,77系製作記の通算1000枚目のもの.時間がかかるわけだ(汗).側面からは,こんな感じ.

77-1002.jpg

さらに,プラ板を貼り,箱組のためのフレームを作ります.側面は,こんな形状にします.

77-1003.jpg

線がいっぱいですね.中心の十字は,穴を空けるための中心です.穴を空けるとこうなります.

77-1004.jpg

クリアランスギリギリですね.後でわかったことですが,この穴は結局不要でした.精度がこれまでにないレベルのものだっただけに,余計に残念.しかし,このプラ材は側面の外装として使います.天井以外の箱組が終わりました.

77-1005.jpg

この照準システムはあまり可動しないので,いっそのこと固定でもよかったかもしれません.天井を取り付けます.

77-1007.jpg

整形ついでに,底面の円盤の一部をカットします.カットした部位がよく分かるように,視点を変えてみます.

77-1006.jpg

カットした側が,内側になります.さて,側面に穴を空けたのは,円状をディテールを再現したかったからです.

77-1008.jpg

旧キットとはいえ,このモールドはシャープです.再現するため,1㎜厚のプラ板から,円状に切り出します.そして,内側を広げてパイプ状に.

77-1009.jpg

裏にはプラ板を貼り,ふさいでおきます.そして,中央にプラ棒を貼り,マルイチモールドにします.

77-1010.jpg

これを照準システム本体に貼り付けるわけですが,それは明日の製作記で.そして,明日はいよいよキャノン部終了です.
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム