FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

77GC-66 量産型のひじ

前回,腕部の共通パーツを処理し,そのままで大丈夫な108号機の腕が終わりました.ここからは,各機体で形状が異なるため,各個撃破ベースの逐次処理になります.

今回は,量産型のひじと前腕をいじってみたいと思います.量産型は,脚部の作業の際にも書きましたが,基本,キットのパーツをメインにオリジンキットのパーツを移植しながら,作業を進めています.胴体から肩の接続は,オリジンキットですから,どこかで量産型キットに変更しないといけません.脚部では,大腿部から下が量産型のキットでした.腕部は,ひじ関節までをオリジンキットで,下腕から下を量産型のパーツを使うことにしました.そのため,オリジンキットのひじ関節を移植する必要があります.

さて,まずは下腕から.量産型キットのパーツですが,オリジンキット同様のスジ彫りを行いました.

77-775.jpg

スジ掘りだけで,まだ接着していません.ひじアーマーもスジ彫りを行いました.

77-776.jpg

分かりにくいですが,矢印で示した部分に,アーマーの縁に沿ったスジを入れています.

さて,ここからがメインの作業.オリジンキットのひじ関節を移植するため,量産型キットのひじ関節受けを除去します.

77-777.jpg


中央の二つは,関節受けを除去した後のパーツです.さらに彫り込みました.

77-778.jpg

他の機体との整合性を保つため,オリジンキットのインナーパーツを加工します.

77-779.jpg

下腕のインナーパーツの一部を切り取り,裏パネルとします.

77-780.jpg

これで,下腕の方は準備できました.オリジンキットのひじ関節をトリムし,プラ板を貼って,関節パーツっぽくします.

77-781.jpg

ひじアーマーの裏に相当する部分は,一部を除去しました.下腕の方に,ひじ関節の軸が入るように3㎜の穴を空け,ひじ関節を取り付けてみます.

77-782.jpg

ひじ関節あすっぽりはまりました.うまく移植できたようです.ひじアーマーの裏には,これまで同様,中央支柱型のパネルを付けておきます.

77-783.jpg

ちょっと汚いので,表面処理が必要ですね.これでようやく下腕を接着できます.

さて,本年の作業はここまでです.来年こそは,完成させたいと思います.
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム