FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

NAAS 博物館 別館

本日は,いつもの製作記ではなく,出張のついでに行ってきた博物館のお話です.今回行ってきたのは,National Air and Space Mesusumで,以前行ったスミソニアンのNational Air and Space Meseumの別館です.オープンは2003年で,DCの本家から分家する形でワシントンダラス国際空港のすぐそばに位置しています.とある理由で(後述します),この博物館の館長とお話ししたのですが,本家は年間の訪問者が800万人なのに対し,こちらは100万人だそうです.しかも,スミソニアン系なのでアドミッション(入場料)はもちろんタダ.車で行けば,駐車場代が15ドルかかるだけです.出張先のスケジュールが全く読めない状態で行ったので,到着後に時間があまり,行ってきました.3時間強ぐらいしかいることができませんでしたが,十分に堪能できました.もっと時間が欲しかったです.まぁ,そのうち来ないといけないでしょうね.

まずは,概要から.航空基地のハンガーがそのまま博物館になっているため,中は広いオープンスペースに,飛行機がぎっしりと展示されています.博物館では,正面にいる,

SM01.jpg

超音速偵察機のSR-71が出迎えてくれます.しかも,この機体,有名なスカンクワークスのロゴ入りの機体です.

SM02.jpg

正直,SR-71はすでにたくさん見てきたので,今更感があったのですが,いきなり興奮してしまいました(笑).反対側はこんな感じです.

SM03.jpg

私の大好きな実験機.試作機がゴロゴロ.

SM04.jpg

F-35ではなく,X-35Bですよ,これ.他にも,US最初の無尾翼機であるN-M1

SM05.jpg

この機体の延長上に,B-2があるかと思うと,感慨深いです.

ドイツのロケット戦闘機Me 163

SM06.jpg

ドイツのV1ロケットのコピー版JB-2Loon

SM07.jpg

など盛りだくさん.中でも,ドイツと日本の鹵獲機(戦勝機)がすさまじく.ホールテンが複数.

SM08.jpg SM09.jpg SM10.jpg

胴体が木造というのがわかりますね.さらに,異形のリッピシュ

SM11.jpg

や前後に動力ぺらがあるドルニエ

SM12.jpg

など,めったに見ることができないコレクションがあります.旧日本軍の機体も多く

SM13.jpg

月光

SM14.jpg

桜花

SM15.jpg

震電(一部だけ)

SM16.jpg

晴嵐

SM17.jpg

紫電改

SM19.jpg

など,日本でも(日本では)見ることができない期待が目白押し.さらに,晴嵐のフロートの間から目に映るのは,

SM18.jpg

たった2機しか製造されなかった橘花がいます.

ジェット機もたくさん展示されていて,

SM20.jpg

こんなビューからも撮影できるようになっています.実は,この撮影の直後,携帯でも撮影しようと思い,乗り出し気味に数枚撮影したのですが,その携帯がトムキャットの背中に落ちてしまいました(滝汗).

もちろん,展示品の中に入って取るわけにもいかず,職員の人を呼んで何があったのかを説明することに....久しぶりに嫌な温度の汗を流していました.結局,セキュリティー,博物館職員,さらには館長総出の事態になってしまいました.しかも,上からは携帯を発見することができず,職員は誰もが可動翼の隙間に落ち込んだんだろうと言っていました.結局,陰になっている垂直尾翼の間で発見でき,トムキャットは無傷,私の形態は角が少しへこんだだけで済みました.なんという奇跡でしょうか!待っている間に,館長さん(1週間前に任についたばかりの女性)と話をして,訪問者の情報などを教えてもらいました.いやはや,生きた心地がしなかった30分ですが,さすがは戦闘機,さすがはトムキャット,iPhone程度ではびくともしませんね.お布施で,D型のトムキャットを作らないといけないですかね.と,笑い話になってよかったです.

今回,撮影した画像は350枚を超えています.いつものように,被写体が女性だったら,確実に逮捕されるようなアングルで撮影しました.さて,次はどこの博物館に行ってみましょうか?

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム