FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

77GC-29 高出力バックパック その1

先週末,1回サボりましたが,予想していた通り,ドツボにはまってます.まずは,ドツボる前まで.

前回は,108号機と重装D型の胴体背面が終ったところでした(1パーツだけですが).残りの機体の胴体背面も同じように製作し,ここまで行きました.

77-319.jpg

こちらも,ほぼ108号機と同じですが,キャノン基部の壁が高く,背面部の壁は未装備です.もしかしたら,少しだけ壁を付けるかもしれませんが,それはキャノンとの調整が必要です.そして,その壁ですが,前面部を斜めにカットしました.

77-320.jpg

76系は垂直ですが,進化してますからね.さて,ここまでは順調でした.問題はこれから.というのも,バックパックを作らないといけないからです.方針として,リバイブキットのバックパックを基準にして考えていくことにします.

重装D型以外は,下に偏向ダクト板が延長されていますから,それを考慮し,一部をスライスして,除去しておきます.

77-321.jpg

右の二つがそうです.次に,このシリンダー部に動力パイプが接続されており,その基部位置を開口しないといけません.シリンダー側面の中心位置に穴を空けるのは精度面で大変で,どうしようかとかなり悩みました.が,パーツを分解してみると,

77-322.jpg

ダボ穴がよさそうな位置にあるじゃないですか.残念ながら,ダボ穴のメスは,裏側なので,まずは裏側まで貫通する穴を空け,

77-323.jpg

今度はその穴をガイドにして,表の位置を決め,

77-324.jpg

開口しました.

77-325.jpg

何せ三つもあるので,おなじ精度で開口するのは容易ではありません.いいガイドを見つけてよかったです.このガンキャノン派生型3機は,高出力型のバックパックを有していますが,それは二つのシリンダーの上に箱がはまっている感じのデザインです.そのため,箱を設置しやすくするために,上側に基部を作ります.

77-326.jpg

上のダボにはまるように,プラ板の2か所を開口し,プラ板を積層しました.

77-327.jpg

横からだと

77-328.jpg

左から,4㎜,4㎜,3㎜かさ上げしています.裏側をだんだんにして,テーパーを付けます.

77-329.jpg

その上からプラ板を貼り,テーパーができました.

77-330.jpg

本日はここで時間切れです.続きはまた明日.
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム