プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

77GC-13 こちらも頭部開始

さて,久しぶりの2連続投稿です.でも,こんなことはそうそうないと思いますので,手が早くなったということはありません.

さて,77系の頭部はすでに始めていました.それは,量産型の頭部です.こちらは,すでに,合わせ目を消しサフまで吹いていました.今回は,一部の塗装です.

77-128.jpg

ひさしの連邦軍マークは,金よりの色で.アルクラッドIIのペイルバーントメタルです.そして,側面の耳のくぼみは,

77-129.jpg

ホワイトアルミナムです.

それから,後頭部ですが,

77-131.jpg

アンテナをカットし,その部分に穴を空け,HIQパーツさんのアンテナを付ける予定です.そのため,現状の後頭部はスッキリしています.

77-130.jpg

せっかくなので,もう一つ.火力試験型の頭部を加工します.

77-132.jpg

口元を開口しています.これだけで何か分かる人は,ガンキャノンマニアですね(笑).開口した口元を調整して,ほほをギリギリまで削ります.また,頭部のちょんまげも削ります

77-133.jpg

なお,ほほはギリギリまで削る予定だったので,裏からエポパテで裏打ちしていました.よく見ると透けて見えます.次にひさし.

77-134.jpg

火力試験型のひさしをベースにしています.実はこの加工の際に,火力試験型のひさしは短い方が重鈍感がでてよさそうな感じがしたので,火力試験型の方にフィードバックしています.なお,こちらのひさしは,すべて削りだしベースで,赤い部分はリバイブのガンキャノンのものです.入念に削りだしたため,パテの使用は最小限で済みそうです.

次は,口.ここは,縦に2㎜程しかありません.設定画を見ると,この中にフィンが4枚も入っています.結構きつめですが,久々のシイタケです.

77-136.jpg

カッターの刃を参考においてみました.0.25㎜のプラ板を0.25㎜ステップで配置しています.上下に間を持たせると,0.25㎜のプラ板を9枚重ねたことになります.これでもギリギリだったので,上下を少し削り,フィットさせました.上の写真では,左右にあまりのプラ板が出ていますが,それらを除去し,加工したものがこれです.

77-137.jpg

ベースが0.5㎜のプラ板で,フィンの部分が1.5㎜のもの.くぼみの部分は0.75㎜です.上述のように厚みは,0.25㎜ですから,2x2x2㎜3のシイタケキューブですね.せっかくなので,これをはめてみます.

77-138.jpg

ガンキャノンIIの顔に見えるでしょうか?次回も,77系の頭部です.同じように見えて,細部がちょっと違うという部分から手を付けてみたいと思います.残りの機体のひさし,どうしましょうかね.
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム