FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

77GC-09 まだまだ部分塗装

年内最後の製作記です.しかも出張から帰ってきた直後なので,思った以上に進みません.しかも,塗装がメインなんですが,外気は氷点下.塗料によりますが,-10度までは,吹けるものもあります.アクリル系は少し無理がありました.一方で,アルクラッドIIは,かろうじて吹けました.ラッカー系はここでも強いですね.

では,成果です.

前回,足裏の部分塗装をしていましたが,今回はその続き.いよいよ,バーニア周りの塗装ですから,まずはマスキング.

77-080.jpg

これだけで,地獄を見ました.でも,ここまで来れば,後は何とかなりそうです.まずは,ホワイトアルミナムを吹きます.

77-081.jpg

塗装は,すべてアルクラッドIIの塗料を使っています(前述のように,このような気温ではアクリルはうまく吹けませんでした,無理に吹こうとすると表面が粗くなります).ちなみに,-10度を下回ると,塗装は無理です.塗料自体が,凍ってしまいます.一度経験しています.これも,塗装はすべて外でやっているので,仕方ありませんね.

ポンチで抜いたマスキングテープをバーニアの中央に貼り,上から同じくアルクラッドIIのバーントレッドを重ねます.

77-082.jpg

キャンディー塗装ですね.アルクラッドIIには,キャンディー塗装のためのシルバーがあるのですが,こちらの方が色を重ねたときの発色がいいようです,あくまでも私見ですが.さらに,バーニア部に少し径が大きな円のマスキングテープを貼り,さらにもう1色.今度は,マグネシウムです.そしてようやく終了です.

77-083.jpg

あっさり書いていますが,かなりの修行のような作業でした.寒さと量と....中央にバーニアが見えますが,ついでに必要そうなバーニアも同じようにキャンディー塗装をしています.

77-084.jpg

こんな感じですね.しかし,1機しかない量産型ガンキャノン用のバーニアがかなりの量を占めています.今回の中では,最新の機体ですから,推力が上がっているのでしょうか?ほかの機体にも必要なバーニアはあるでしょうから,その都度追加しないといけないでしょうね.平べったいバーニアは,例えばこんな感じに使います.

77-085.jpg

量産型ガンキャノンのひざ裏にあるバーニアです.
後ハメ加工のついでに,バーニアも作り直しました.また,謎の機体のかかとも部分塗装をしています.

77-086.jpg

ホワイトアルミナムを下地に,クリアーイエローを吹き,上から軽くバーントレッドを重ねました.また,足裏の穴はこれでふさぎます.

77-087.jpg

コトブキヤさんのマイナスモールドです.一番小さいやつ(2㎜径)なので,扱いが大変.それを一つ一つ貼り付けました.

77-088.jpg

これで,足裏がようやく終わりました.本当に長かった.と言っても,地獄のマスキングシリーズはまだ終わっていませんが.
残りの部分塗装は,仕事と気候にも寄りますから,2月にずれ込むでしょうね.焦らずに進めます.

あと,肩関節がようやく仕上がりました.

77-089.jpg

これは,初期型ガンキャノンのギザギザ関節を,地味な直線関節に修正したものです.

77-090.jpg

最終的には,エポパテだけでなく,ポリパテも使いました.すでにサフを吹いていますから,分かりませんが.
こちらの塗装は,気温が上がる3月ごろまでは無理そうなので,加工を続けます.

さて,これで年内の製作記は終了です.来年は,いきなりの出張プラス締め切り地獄で,製作が進めに悔いですが,しばらくは塗装もできそうになりの出,ちょうどいいかもしれません.

よいお年をお迎えください.


スポンサーサイト

最近のツミ

ようやく長期出張から戻ってきました.韓国からの帰りに,日本に電撃的に立ち寄り,少しだけ仕入れてしました.今回の目玉は,これです.

R0021621.jpg

ブラッドサッカー!箱絵は,少し考えたくなりますが,どうしようかと考える間もなく入手.隣のメカコレアンドロメダも同様です.さすがに,1/1000は買えそうにないので,メカコレで.でも,3箱.当然ですかね.空母型も出ないですかね,メカコレで.

そして,

R0021622.jpg

F-2です.限定版で,いわゆるデジタル迷彩のもの.偶然販売されているのを知り,購入しました.そして,少し謎なFuryです.これは,水平翼のFJ-1.最近,2と3が出たので,まずはこれからでしょうか.

他にもぼちぼち購入したものはあるのですが,今回,簡単にお見せできるのはこれだけです.年明けすぐも忙しいので,明日の製作記でまた数週間間が空きそうです.時間はありませんが,ぼちぼちと続けていこうと思います.

チネラーの性2

センチネルの機体には特別な感情を持っていると先週の記事で書いたばかりですが,来年の元旦に発表される予定の新MGは,センチネルからだとか.一説によるとまさかのDS?とのうわさも....新年早々,縁起がよさそうです.

さて,前回はFAZZでしたが,購入していたものは,それだけではありません.やはり,アレも同時に販売されれば,やっぱり手を出してしまいます.

それが,これ.

AppendHB01.jpg

ゼータプラスC1型の魔改造バージョン,その名もハミングバードです.名前こそはかわいいですが,その姿はとてもそんな風には見えません.さて,内容です.

AppendHB02.jpg AppendHB04.jpg

AppendHB03.jpg AppendHB05.jpg


個人的な好みで,今回は赤を選んでいます.実際に作るとなると,赤と青,どちらがいいでしょうかね.迷うところです.

組んでみます.C1型のゼータプラスです.

AppendHB06.jpg AppendHB07.jpg

C1型と言えば,後姿.それがこれ.

AppendHB08.jpg

ゼータプラスは,C1型が最高ですね.

では,パーツを組み替えて,最終形態であるハミングバードに.

AppendHB09.jpg

これですよ,これ.これ一機で戦局を変えることができそうな圧を感じませんか?後姿です.

AppendHB10.jpg

ディープストライカーの随伴機として開発された機体ですから,すでに人外の形状です.まさに,

圧倒的じゃないか

と,言わせたくなる後姿ですよね.HGでキット化されないでしょうか?こちらは,3個買いします.

今日は出張の最終日です.しかし,年明け早々,毎年恒例の新年の出張が入っていますから,製作記はいったいいつになるやら....年末には,更新はしますね.

プサン,韓国

久々の投稿なのに,連投です.もちろん,出張中なので製作記ではありませんが,反対に出張中のマストシリーズである世界の模型屋です.実は今回の長期出張先は,韓国.残念ながら,出張先では,模型屋を見つけることができませんでしたが,すぐ近くの大都市であるプサンに行ってきました.ここでも,結構,翻弄されてしまいました.単に探し方が下手だっただけです.

ウエブの情報を頼りに,プサンの中心街に行き,ここに行ってみました.

GB2-1.jpg

ガンダムベース サイド2というバンダイ直営のお店です.しかし,中に入ってみると,ゲーム屋になっているではありませんか!諦めて,ロッテデパートに寄ってみました.そこでは,このガンダムベース主催の模型製作イベントがあっていました.偶然です.

そこで,バンダイのユニフォームを着た店員さんに,お店に行ったけど,もう無くなってたんだねと話しかけると,そうなんですよとの答え.

つたない英語だったので,最初はよく分からなかったのですが,聞けば移転したとのこと.しかも,このロッテデパートの中だそうです.えっ?先週も来たけど,見つけられんかったのはなぜ?表示が読めないと,思うように動けませんね.

気を取り直して,4階に行ってみました(イベント会場は8階).ようやく見つけましたよ.

GB2-2.jpg

ガンダムフロント東京のような感じでした.ガンプラばっかり,当たり前ですが.せっかくなので,オリジン系のキットをいくつか買っておきました.本当に欲しいキットは売り切れでした.箱をつぶすために,パチ組だけしておきました.これを手掛けると,また泥沼に陥りそうですから,ここでは掲載しないでおきます.が,値段は日本の価格とあまり変わらない感じでしたから,わざわざここでガンプラを買う必要はないと思います,日本が拠点ならば.アカデミーのキットが売っている場所に行きたかったのですが,見つけられませんでした.クルーセイダーを狙っていたんですけどね.

そのうち,この出張先にも戻ってくるでしょうから,スケモは次回に取っておきます.

チネラーの性

模型がちゃんと作れない長期出張中ですので,生存報告を兼ねて,いつもとはかなりベクトルが異なる内容で投稿します.

ここで製作にはいまだ至っていませんが,死ぬまでにいつか作ってみたいMSがあります.本当はこういうのからすべきなんですが,製作にには本当に腕が追いついていないので,今のところその気はありません.これらを作らずしては死ねませんから,製作中のキットをすべて投げ出し,妙なセンチネル系の機体を作り出したら,あぁ近いんだ....と察してください(笑).

その中の一つで,いまだHGではキット化されていない機体ですが,どういう訳か意外にキットではない形態での商品化は多いようです.そして,ついつい買ってしまいました.いつかは参考にしようと思ったのも事実です.もう,ずいぶん前の話で,撮影も夏には終わっていました.それがこれです.

AppendFAZZ01.jpg

食玩のFAZZ.キット化が先か,燃え尽きそうになるのが先か,いずれにしても手掛けるには相応の覚悟が必死の機体でです.これは食玩ですから,ガムが付いていました.ガムのおまけなんですが,どう見てもガムの方がおまけですよね.

組み立て式で,こんな感じで入っていました.

AppendFAZZ02.jpg AppendFAZZ03.jpg AppendFAZZ04.jpg

ビニールで包まれているので,見えにくくてすみません.まずは,中身から.

AppendFAZZ05.jpg

中身といっても,FAZZの中身ですよ.一応,量産型(?)の強化型ダブルゼータです.FAZZは,あくまでも試験機扱いなので,外装が取れないらしいのですが,素の状態で入っていました.

AppendFAZZ06.jpg AppendFAZZ07.jpg

素の状態といっても,かっこいいですよね.額のハイパーメガ粒子砲などは,実際には稼働しないハリボテだったそうですが.

では,外装を取り付けてみました.

AppendFAZZ08.jpg

一気にごつさが増しますね.その外装もさることながら,手持ちの武器も反則クラス.しかも,片側に武装が集中しすぎです.

AppendFAZZ09.jpg AppendFAZZ10.jpg

FAZZは,後ろもごついです.これ,HGUCでキット化されませんかね?2個買い必死なんですけどね(足りないんでしょうか).

以上,生存報告でした.

77GC-08 ひたすら部分塗装

先週末直前に長期出張から帰ってきました.そして,今日からまた長期出張です.その間に,少しだけでも進めていました.しばらく,パチ組しかやってなかったので,作りたくてというかガンキャノンを進めたくてしょうがありませんでした.

関節関係をいじっていましたが,その先にはかなりの部分塗装が待ち構えています.今回の作業は,ひたすらマスキング,塗装の繰り返しです.関節関係といっても,今回は足首だけです.すでに,最初のガンシップグレーは塗装済みですから,マスキングして,ガンメタルにアルミを4割程度混ぜて,2色目です.

77-069.jpg

さらに,マスキングして塗装.

77-070.jpg

こちらは,量産型ガンキャノンの足首ですね.前後で分割されています.マスキングをはがします.

77-071.jpg

塗り分けは大丈夫みたいです.これは,リバイブガンキャノンの足首を改造したもの.同様にくるぶしもマスキングをはがします.

77-072.jpg

側面には,バーントペイルゴールドでワンポイント,中央のモールドは,ダークアルミナムです.どちらも,アルクラッドIIの塗料です.組んでみると,

77-073.jpg

形にはなっているみたいですね.これもガンキャノンの一種なんですが,今回の隠し玉的存在のもの.これだけで,何か分かった人は,まぎれもなくガンキャノンマニアだと思います.あまり,作例も見当たりませんし,今回,一番手がかかりそうな気がします.

量産型ガンキャノンのくるぶしも,同様にワンポイントで部分塗装しました.

77-074.jpg

ついでに,スネの内部フレームの一部も部分塗装.

77-075.jpg

ただ,その量が尋常ではありません.マスキングの途中で心が折れそうになります.さらに,アルクラッドIIのマグネシウムを使って,足裏の内側を塗装しました.

77-076.jpg

足裏のバーニア部を開口したので,どうしても見えてしまいます.そのための布石です.でも,量が多いですね.という泣き言は,この程度では言えません.が,これなら泣き言を言ってもいいですよね.

77-077.jpg

足裏たっぷり.でも,部分塗装です.まだまだです.

77-078.jpg

部分塗装の2色目.両者のマスキングは当然違います.やはり,心が折れそうでした.なんで,大量の同時製作を始めたのか....

まだまだ,足裏の部分塗装は続くのですが,量産型だけは何とか終わりました.

77-079.jpg

今回はここでタイムズアップ.続きは,年末でしょうか.足裏の塗装ぐらいは年内に終わらせたいですね.関節系の部分塗装はまだまだ残っています.

では,次回の更新で.

| ホーム |


 ホーム