プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

1年ぶりのホビーランド

今週は,出張で日本に来ています.今週末は,大阪から京都への移動でした.が,仕事の合間に,大阪のホビーランドに行ってきました.昨年のこの時期にもお邪魔したので,1年ぶりですね.おそらく来年もお邪魔できそうです.

今回,購入したのはこちら.

2016-06-27.jpg

有名なX-1と同時期に開発された実験機であるD-558-1という機体です.チェコのSpecialHobbyというメーカーから出ています.

そして,こんなものも.

2016-06-27b.jpg

エアーズ(英語読み)のディテールアップパーツ.ドラケン用の脚部格納庫とコルセアII用のコクピットパーツです.こういうものは,ネットでしか購入できないので,現物を見て購入できる環境がうらやましいです.

店長さんも気さくな方で,少しの間でしたがお話しさせていただきました.

来年,寄らせていただきます.

それから,自分でキリ番踏みました(汗).

9999.jpg

来週末もまだまだ日本にいます.
スポンサーサイト

KJE-76

謎のパーツはまだまだ終わりません.次はこのパーツです.

kje-914.jpg

中央の出っ張りを削り,穴に3㎜径のランナーを刺しました.

kje-915.jpg

先週作った正位のチェーンマインラックに,3㎜径の穴を開けます.

kje-916.jpg

3㎜のランナーを介して,両者が接続します.

kje-917.jpg

接続が確認できたので,スジを掘り直し,表面処理後にサフです.

kje-918.jpg

こちらもスジを掘りなおして,表面処理後にサフっておきました.

kje-919.jpg

少しディテールアップが必要なところがあったので,シイタケを作ります.

kje-922.jpg

もう一組.

kje-923.jpg

この二組,サイズは同じですが,フィンの高さが異なります.整形しました.

kje-924.jpg

これらが付くのは,こちら.

kje-925.jpg kje-926.jpg

ほぼキットのままですが,これで処理が終わったので,組んでみます.

kje-927.jpg

これでお分かりでしょうか?ズザっちのブースターポッドです.

なぜ,ブースターポッドかというと,機体のバーニアを取り去ったシュツルムガルスが出撃した際に,使用したのがこのブースターポッドだったそうです.チェーンマインを付けて,

kje-928.jpg kje-929.jpg

シュツルムガルスに装着します.

kje-932.jpg

横からだと,すごいボリュームに.

kje-931.jpg

問題は正面.

kje-930.jpg

ミサイルポッドの裏側に豪快なニクヌキが....さすがにこれは何とかせねば.さて,どうしたもんでしょうか?明日から出張なので,その間に考えます.

ちなみにブースターポッドを取られたズザっちは,それが必要ないあれにします.

来週,再来週は,出張のため,製作記をお休みします.

KJE-75

週末になりましたね.いつものように模型です.先週から,妙なパーツを扱っていますが,本日もその続き.

こちらも合わせ目消しが必要な部位.

kje-899.jpg

こちらもそうです.

kje-900.jpg

合わせ目を消し,スジを掘り直し,表面処理を行いました.

kje-901.jpg

合わせ目消しが必要なパーツは,前回物を含めると,5部位だけ.サフを吹き,確認します.

kje-902.jpg kje-904.jpg kje-905.jpg

こちらのパーツも,表面処理を行ったので,サフっておきます.

kje-903.jpg

表面処理,サフはさらに続きます.

kje-906.jpg kje-907.jpg

もう,分かる人には分かりますね.巨大なバーニアも同様の処理を行います.

その前に,つながっているバーニアを切り離し,スジを掘りなおして,表面処理です.

kje-908.jpg kje-909.jpg

なお,矢印示した部分は,縁が厚すぎます.外縁部は薄くていいのですが.その部分も何とかウスウス化.

kje-910.jpg

二つのスタビライザーは,背面にニクヌキがあるので,プラ板でふさぎました.

kje-911.jpg

そして,サフ.

kje-912.jpg

こちらもスジを掘りなおして,サフ.

kje-913.jpg

本当にパーツが多く大変ですが,めげずにこちらも表面処理を行い,サフ.

kje-920.jpg

こちらも同様です.

kje-921.jpg

違いは,サフの色だけですね.スジはすべて掘りなおしています.かなり多くのパーツの表面処理を行いました.明日も続きます.

KJE-74

日曜日の記事です,が,これを書いているのは,水曜日.ずいぶんと交信が遅れてしまいました.週末も作業をしたのですが,やはり体調が十分ではなかったのと新しい部位だったので,どうするか思案するので手いっぱい.あまり進展はありません.しかもパーツがしこたまあるし.

では,謎のパーツ第2弾です.

kje-890.jpg

ここにはスラスターと思しき造詣があるのですが,いかんせんモールドが浅い.結構な大きさなので,この浅さは目立ちます.過度にピンバイスで穴を開け,スジ彫りで毛がいた後に,ひたすら力技で開口しました.○以外の形状を開口するのは大変です.

kje-891.jpg

プラの厚みが1㎜で,さらに1.5㎜程かさを下げてプラ板で裏打ちしました.

kje-892.jpg

合計で2.5㎜のかさ下げを行ったことになります.表からはこんな感じ.

kje-893.jpg

最初の画像と比べると,深み(笑)が増してますよね?

このスラスター,免責的にはかなり大きいので,このままではちょっと間延びした感じです.当然のように,いつものシイタケでフィンを追加してみます.

kje-894.jpg

シイタケを作り,整形.

kje-895.jpg

はめてみます.

kje-896.jpg

スラスターっぽくなりましたでしょうか.このパーツは,対になるパーツがあり,合わせ目ができるので,接着し,合わせ目を消しました.

kje-897.jpg

同時に,モールドはすべて掘り直し,ひたすら表面処理です.パーツ自体が巨大で,形状も入り組んでいますから,この作業だけでもかなりの時間を要しました.

前回の最後の着手したパーツも,モールドを掘り直し,表面処理をしました.

kje-898.jpg

まだまだ大量のパーツがありますが,それは次回の製作記で.今週は,ここまでです.

KJE-73

ようやく週末になりました.今週は,仕事が1年で一番過酷な状態で,さらに木曜日には,食あたりになり,この週末はほぼゾンビ.実を言うと今日の内容はすでに先週終わっていたものです.前回から,シュツルムガルスのバックパックというか,チェーンマインラックを手掛けていました.その続きからです.

まずは,チェーンマイン先端にある三角のくさび.これはチェーンの一部で,中は空いているのですが,ラック用の方は,埋まったままです.しかも一体成形だったので,切り飛ばして,チェーンマイン本体の方からコンバート.というか,これ用に部品注文していました.ちょっと太すぎる感じだったので,削って細くしたのちに,プラ棒を接着しました.

kje-878.jpg

本体の方も穴を開けて,スナップフィット化しました.

kje-879.jpg kje-880.jpg

塗装後に接着します.次にラックの方.本体に接続する部分を切り飛ばし,

kje-881.jpg

角度を変えて再接着.

kje-882.jpg

通常の斜め固定のものに加えて,非傾斜のものも二つ作りました.今回は,シュツルムのキットを3体使っているので,このパーツも三つあります.もちろん,シュツルムにしか使用しませんから,こういう妙なこともできます.ラックも終了です.

kje-883.jpg

本体に接続してみます.

kje-884.jpg

通常の斜め接続.

kje-885.jpg

傾斜の無い正位の接続です.

kje-886.jpg

これで,シュツルムのバックパックは終了です.暫定的に?

機能的にも見た目にも,当然,設定通り斜め接続の方がいいに決まっています.しかし,ちょとばかり余計な回り道を考えていまして,シュツルムのバックパックはまだ続きます.しかも,かなりのパーツを必要としています.まずはこのパーツから.

kje-887.jpg

何のパーツか分かりますか?それが分かる人は,何をしようとしているのかすぐに理解できると思います.アホなことです(笑).周囲の4基と中央の1基のスラスターを開口し,

kje-888.jpg

プラ板で裏打ち.ここは,スラスターらしく,メタルパーツを付けます.

kje-889.jpg

さて,私は何をやろうとしているのでしょうか?

KJE-72

自作しなければいけなかったので,なかなか思うように進まなかったK型のバックパックですが,本日ようやく終了です.では,残りの部分から.

このK型は,ジオン系のMSを踏襲して,バックパックに動力パイプがつながっています.その動力パイプの受け口を少しデコレートしました.

kje-865.jpg

これは,側面のモールドの布石にもなります.では,側面のモールド.まずは,プラ版をつぎ足して,くの字状のパーツを作ります.

kje-866.jpg

これが,昨日作製した円錐台状の側面につながっているのですが,曲面ですし傾斜もついているので,削って合わせるのは至難の業.最終手段のエポパテむにゅです.

kje-867.jpg

エポパテでくっつかないように,メンタムを塗っています.硬化したら,取り外して,整形します.

kje-868.jpg

整形後,接着.ついでにサフも吹いておきました.

kje-869.jpg

これでようやくK型のバックパック完成です.

kje-870.jpg kje-871.jpg

ちょっとボリュームがありすぎのような気もしますが,ちんちくりんになるよりはいいでしょう.ガワラアングルです.

kje-872.jpg kje-873.jpg

もう,K型にしか見えませんよね?J型同様,マッシブですね.

今度は,E型です.バックパックそのものはすでにできていますが,そこには武装のラックが付きますから,まずはそれから.

kje-874.jpg

接着して,スジを掘りなおしました.

kje-875.jpg

持ち手も接着してしまいましょう.

kje-876.jpg

合わせ目を消す必要が無いのでサフを吹きます.

kje-877.jpg

こうやって見ると,掘りなおしたスジがよく分かりますね.左のパーツは途中までしかスジを掘っていませんが,隠れてしまうのでこれでいいことにします.このパーツは,三つあるので,全部作ってしまいましょう.といっても,本日はここで時間切れ.続きは来週です.まだまだバックパックは続きます.

KJE-71

さて,ほぼスクラッチとなりつつあるK型バックパックの続きです.本日は,サイドに張りだしている円錐台状のもの(プロペラントタンクでしょうか?)を作ってみたいと思います.こういう曲面が入っているパーツを自作するのは,ほとんど経験が無いので(もっとも箱組自体そんなに経験はありません),いろいろと考えて(構えてしまって)いますが,とりあえず手を動かしてみます.

まずは,プラ板の切り出しから.

kje-853.jpg

ターゲットのサイズの円に近い形状を切り出し,中央に穴を開けます.それをリューターのマンドレルに固定します.

kje-854.jpg

ぐらつきを防ぐため,穴の大きさはマンドレルのねじの径と同じにしています.そして,リューターを使って目的の円になるように削り込みます.

kje-855.jpg

直径16㎜から18㎜まで,0.5㎜刻みです.今度は,中央の穴を広げ,プラ棒をさし,円錐台の原型となるようにスタックします.

kje-856.jpg

後は,中央にさしたプラ棒を軸に,やはりリューターで整形.円錐台を作ります.

kje-857.jpg

2種類の円錐台を二つづつ作製しました.

kje-858.jpg

奥の大きい二つは外側に接着しました.

kje-859.jpg

仮組して様子を見ます.

kje-860.jpg

外側は問題ないようです.しかし,中央部と少し離れた感じになっているのが気になりますから,薄いもう一組の円錐台を使ってこんなものを作りました.

kje-861.jpg

これを内側に固定.

kje-862.jpg

上下の接着はまだですので,ちゃんと外れます.

kje-863.jpg

もう一度仮組します.

kje-864.jpg

今度はつまった感じになっていいと思います.今日はここで時間切れ.明日こそは,K型のバックパックを完成させましょう.

| ホーム |


 ホーム