プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

メッキ塗装を下地に?

今週は出張のため,通常の製作記はお休みで,本当に久しぶりの”色いろいろ”のネタです.全開は,モデルマスターのアクリル塗料をエアブラシ用にどう薄めるのかを実験してみました.実は,以外にそれをググってこのブログを閲覧されている方が多いようです.タミヤさんのは別にして,水性やアクリル塗料をエアブラシに合うように希釈するのは案外難しく,しかも乾燥も早いため,その調整は一筋縄には行きませんでした.詳しくは,前回の実験の記事を参照してください.

今回の試し塗りという名の実験は,SpatzStixというメーカーの塗料です.日本では,スジボリ堂さんで販売されているようです.塗装後はメッキ仕立てになるミラークロムという塗料が一番有名ですね.

今回は,その前にこれらの塗料を使ってみます.

PaintEx01.jpg

左は,ミラークロムの下地用になるグロスの黒,右はグロスの白です.実は,この塗料メーカーさんは,RCカーのボディーを塗装するために,塗料を販売しているようです.アクリルパイプに試し塗りです.

PaintEx02.jpg

実は,この塗料,アメリカでは貴重なラッカー系,しかもエアブラシ専用で,希釈もエアブラシ用に合わせています.黒の方はちょっと厚めになってしまいました.白の方は,この状態で保留し,黒の方に半分本命のミラークロムを塗装します.

PaintEx03.jpg

これが有名なミラークロムのビンです.中には拡販用に玉が入っています(ステンなのかガラスなのかは分かりません).黒で塗った方に塗ってみました.

PaintEx04.jpg

おったまげました.きれいなメッキ調の塗装ができるじゃありませんか.もちろん,メッキ調にするには,エアブラシの圧を落とし,吹き口を近づけてふんわりと塗装しないといけないようです.一部が砂吹き状態になってしまいました.それでもこの輝き(他のメッキ調塗料を試したことがないので比較はできません).でも,下地は大事ですね.よく見ると,指紋も浮かび上がっています.これが最終処理なら,やり直しですね.

実は,これが今回の目的ではありません.ミラークロムを試してみたかっただけです.ちなみになぜクロムメッキがよく使われているのかご存知ですか?クロムメッキは,他の金属のメッキよりも,かなり皮膜が強く,ハードクロムメッキと呼ばれることがあるほどです.なぜ,ハードなのか?とある条件でメッキをすると,メッキ層のクロムの結晶粒径が非常に微細になるためです.粒径が非常に微細になると,輝きが増し,さらに強度が上がります.

さて,今日の実験の本命です.それは,この塗料.

PaintEx05.jpg

Goldenのアクリル塗料です.この色は,パールホワイト.容器の感じから,察しが付いた方もいらっしゃるかもしれませんが,この塗料はアクリルで,Vallejoの塗料のようにドロっとしたゲル状です.この塗料は,本来模型用というよりも,アクリル絵の具といったほうがいいかもしれません.画材屋で入手しました.希釈には,アクリルなので,イソプロパノールという薬局で購入できる消毒用アルコールを使います.イオン分を取り除いた蒸留水でもいいのですが,相手が紙でなく,プラだと,蒸留水でははじかれてしまいます.

しかし,今回使ったのは,これ.

PaintEx06.jpg

Vallejoのエアブラシシンナー改良版.以前のエアブラシシンナーは,木工用ボンドを希釈したような白濁の液体でしたが,この改良版では無色透明で,塗料への影響はあまりない様子です.シンナーといっても,ラッカー系のような匂いはしません.間違いなく,イソプロパノールべーすです.ただし,Vallejoの塗料と同じく,Goldenの塗料もゲル状なので,希釈は難しいですね.塗料:シンナーが1:3ぐらいで希釈して,エアブラシで吹きました.もっともアクリル系なので,希釈は難しいです.この塗料を先ほど下地塗装をしたパイプに試し塗りしてみました.

PaintEx07.jpg

上が,白ベース,下がクロムメッキベースです.同じパールでも,下地によってずいぶん感じが変わりますね.今回は,ミラークロムを使いましたが,パール塗装をすると,表面はどうしてもざらつきます.そのため,銀もわざわざメッキ調になるものを使う必要はありませんでした.普通の銀塗装で十分です.でも,ミラークロムを使ってみたかったのです.

今回は,模型復帰後,初めてラッカー系の塗料を使ってみました.アクリル系のものよりもエアブラシに向いているのがよく分かります.普通にラッカー系の塗料を使ってみたくなりますね.もっとも,こちらではできない相談ですが(限られた色しか入手できませんからね).

スポンサーサイト

天と地と-101 GNバズーカー1

腕部もようやく一段落.個人的に,8月最後の模型製作記事となる本日からは,新しい部位に進みます.こちらは,腕ができないと進めなかった箇所.武装であるGNバズーカーです.本来,武装は本体とは独立して組み立てられるものが多いのですが,本体としっかり絡んでしまうセラビーIIでは,腕ができないことには進めようがありません.その理由はすぐに分かります.

まずは,GNバズーカー本体です.

sv2-1076.jpg

上のパーツがラファエルガンダム付属のGNバズーカー.セラビーIIの腕と一体整形されたモナカパーツで構成されています.実は,本キットで最大のパーツです.下は,セラビーのキットのGNバズーカー.このバズーカーを改良して,上のバズーカーになったという設定です.セラビーのバズーカーもでかいと思っていましたが,セラビーIIのものはさらにでかいですね.

セラビーIIでは,このバズーカーは収納時,腕と一体になります.というか,腕が隠れてしまいます.それに伴い,バズーカー本体も可動部があります.今回は,その可動部を再現しつつ,腕と一体になるように調整してみようと思います.えぇ,こちらも簡単にはいかない製作になりそうです.方針としては,セラビーのバズーカーをコアに,セラビーIIのバズーカーのパーツを組み込むことにします.やっぱり,面倒な方法を取ってしまっています.

方針が決まったので,セラビーIIのバスーカーを切り刻みます.

sv2-1077.jpg

まずは,接続部をカット.そして,各部位を切り出します.

sv2-1078.jpg

とりあえず,砲身は後回しで,上下のカバーを取り出します.まずは,上カバー.

sv2-1080.jpg

これで調整すれば終わりっぽいですが,実はそんなに甘くはありません.このパーツには制約があります.そのため,間にプラ棒を挟み,その制約に適応するように幅増ししてみます.

sv2-1081.jpg

2mmから,2.5mmのプラ棒をはさんでみましたが,十分ではありませんでした.上の写真では,やりすぎと思いながらも,3.2mmのプラ棒をはさんでいます.なぜここまでする必要があるのかというと,その理由はこちら.

sv2-1082.jpg

それはラファエルの腕と関係しています.ドミニオンズ形態では,このバズーカーの上カバーは,ラファエルの追加装甲として,前腕部に装着されます.この幅増しは,ちゃんと装着できるようにするためのもの.それにしても,ここまでの幅増しが必要だというのは,デザインそのものが変わってきますよね.ラファエルが強そうに見えるようになるのでいいんですけど.

次は下カバーです.

sv2-1079.jpg

収納時には,このカバーの中に,拳を含む手首も収まります.たぶん,幅増しは必要です.でも,それ以前に,手首が収納される部位の長さが,バスーカーのグリップ位置に関連してきます.

sv2-1083.jpg

セラビーのバズーカーを持たせてみました.赤矢印で示したとおりグリップの位置が離れすぎているため(セラビーでは正しいんですよ,念のため),青矢印の幅が大きくなりすぎています.ちょうどこの部分が下カバーに隠れるので,グリップ位置は,もう少し前にこないといけません.試しに,グリップ部の一部を切断してみました.

sv2-1084.jpg

持たせてみるとこんな感じ.

sv2-1085.jpg

青矢印は,ずいぶん短くなったと思います.この辺の作業は,もう少し調整が必要ですね.それは,次回の作業ということで.来週は出張のため,製作記はありませんが,久しぶりにあの手の記事を書いてみたいと思います.

天と地と-100 肩9

週末になりました.8月は,もう1週ありますが,来週は出張のため,模型はお休み.ということで,今週は夏最後の模型製作記になります.肩の製作だけで,9回目,もう一月以上経っているわけですね.それ以上に,この製作記,遂に三桁に突入です.手が遅いことに加えて,試行錯誤の連続で,なかなか進みません.腕だけで,一体何ヶ月かかっていることやら.

それでも,一歩でも進めていくことにします.先週は,肩を組み上げて,周囲の一部にプラ板を貼り付けたところまででした.今週は,さらにプラ板を貼り付けて,表面処理地獄からです.最初の表面処理が終わった状態です.

sv2-1064.jpg

ニコイチによる継ぎ目隠しに,天井と側面にプラ板を貼り,ひたすら整形しました.そして,胴体側の面に自作パーツを接着し,またも整形.

sv2-1065.jpg

ここには巨大なスキマがあったのですが,プラ板を瞬間接着剤で何とか埋めました.ここで,サフを吹き,チェックしました.もちろん,傷や合わせ目の残りが出てきました.それを修正し,最終サフを吹こうとしたら,雨・雨・雨.サフがふけないので,その間に,スタイルチェックです.

sv2-1067.jpg

肩の位置は,計画したとおりに,ジャミラしています.

sv2-1068.jpg

前後の位置も問題ない様子.中心が取れているのを見るとホッとします.それでは,腕の長さを確認してみます.

sv2-1066.jpg sv2-1069.jpg

どうですかねぇ~.当初は二の腕が長いかと思ったのですが,これならゴリラ体型になっているので,良さそうな気がしてきました.逆に切り詰めると,二の腕がほとんど見えなくなりそうで,それはそれでおかしいですよね.もうこれでいいことにしよう.

一瞬だけ,雨が上がったので,最終サフです.

sv2-1070.jpg

問題なし.という訳で,腕の完成です.

sv2-1071.jpg

両者共通で,ほぼセラビーからの流用でいけると思っていたので,楽勝のはずだったのですが....肩は,予想以上に大掛かりな製作になってしまいました.やったことは,雑誌の作例でも述べられているように,”切ったり貼ったりして作りました”ということなんですが(笑).腕が終わって安堵です.

しかし,今日は,この製作記の記念すべき100回目(号泣>うれし涙じゃありませんよ,なんでこんなに時間がかかるんだろう).100回記念に,せっかくなので,これまでの成果の一部をお見せします.

ドン!

sv2-1072.jpg sv2-1073.jpg

右はセラビーII,左はセラの胸像です.こうしてみると,ジャミラ肩がすごいことになっています.セラにいたっては,中央のセンサー部よりも,両肩の方が高いですね.これは設定どおりです.

セラビー系のMSをデザインされた柳瀬さんがいう”やりすぎなくらい重厚なシルエット”感が出ていれば,オッケーです.

ちょっとだけ拡大します.

まずは,セラビーII

sv2-1075.jpg

もうラファエルのオマケではない状態にはなったと思います.プラ板を大量に投入していますので,すでにすごく重いです.

そして,セラ.こちらは,バスト全開のサービスショットです.

sv2-1074.jpg

誰ですか?ヘンな想像をした人は.私,ウソは言っていませんよね(笑).
ずいぶんとハイな展開になってしまいました.100回にもなってしまって,イカレはじめています.

セラビーII&セラ,残る部位はあと二つ.ここまで来たので,何とか完成までもって行きたいと思います.

天と地と-99 肩8

昨日までで,肩のパーツが一通り準備できました.こんな感じです.

sv2-1056.jpg

Aと記載したパーツは,セラビーの肩パーツを3分割したもの.BはセラビーIIの肩パーツを半分に切ったもの.そして,Cは,新造パーツです.ここには二組しか載せていませんが,2機体分なので,四組あります.

接続面のパーツを除き,接着してみました.

sv2-1057.jpg

接続面のパーツには,しっかり隙間がありますね(涙).しっかり測ってパーツを自作したつもりだったのですが,そのスキマは1mmもあります.角を合わせようとして,斜めに削ったのが災いしたようです.ここは,要修正ですね.

せっかくなので,内側から肩パーツを覗いてみましょう.

sv2-1058.jpg

側面のブースター基部,腕の接続位置,そして肩の接続位置が分かりますね.腕の接続位置の調整は,実はかなり悩みました.今でこそ,さも当たり前のように中央に来ていますが,腕がスウィングするためには,その両側にスキマが必要で,結構ギリギリのクリアランスなんです.何度も何度も仮組みしました.既存のパーツをバラバラにするのは,容易ですが,それを再構成するのは,思った以上に大変な作業ですね.模型の設計の方たちは,プロとはいえ,これを何もないところからやっておられる.CADや光造型もあるでしょうが,繊細な調整を経て,組みやすく,可動域も広いガンプラが設計されているのだと思うと,頭が下がります.

調子にのって,腕もつけてみました.

sv2-1059.jpg

表面処理も何もしていないので,パーツをあわせた部分がむき出しですが,オリジナルのパーツに比べ,ずいぶんといかつくなりましたね(笑).前腕部を少しだけ,大きくしたのですが,肩はそれ以上に肥大化しています.

正面からです.

sv2-1060.jpg

こちらは,側面のブースター部が大きくなったこと以外はあまり変わっていません.ブースター部が大きくなったのはいいのですが,位置がちょっと外側にシフトしすぎている気がします.これはどう調整しましょうか?

ついでに,胴体と比較してみます.

sv2-1061.jpg

肩のポリキャップに入れてしまうと,抜けなくなりそうなので,指で支えています.肩の奥行きは,胴体の幅と同程度になり,ゴツさだけは十分ですね.正面からです.

sv2-1062.jpg

今回の肩の製作で目指していたのは,ゴツさだけではありません.もっともこだわったのは,肩の高さです.胴体のダクトの上に横線を引いていますが,その位置と肩の中央(横線を引いています)が同じ高さになるようにしたかったのです.設定画はそんな感じです.胴体側も,できる限り,接続位置を上げていたのですが,仕込んだポリキャップのせいで,あの位置が限界でした.セラビーの肩パーツを3分割にしたのも,胴体との接続位置をギリギリまで下げるためでした.そうでなければ,セラビーの肩パーツに,セラビーIIの肩を被せるだけでいいですからね.そのままだと,肩の中央が胴体の中央の位置まで下がってしまいます.デザイナーの柳瀬さんが言っているような”やりすぎなぐらい濃厚なシルエット”感も半減してしまいますからね.

この写真を見ると,二の腕を少しだけ短くするといいかもしれません.でも,このままでもいいような気もします.そのため,二の腕の作業は今は保留ということにして,全体像をチェックした後で,改めて考えることにします.

さて,肩の作業です.丸出しの側面を隠すため,プラ板を貼りました.このとき,ブースター部の出っ張りを緩和するため,1mm厚のプラ板を使っています.

sv2-1063.jpg

これで,肩がさらに大きくなりますが,出っ張り感が少しでも緩和されれば,それでいいです.今回は,肩パーツの組み上げに時間がかかってしまったので,ここまでしか作業は終わっていません.結局,来週まで作業は続きます.

天と地と-98 肩7

まだまだ,肩の作業は続きます.

先週の作業に引き続き,内側のゲタから.

sv2-1045.jpg

矢印に示したように,プラ板を貼り付け,さらにゲタを追加しました.さらに片方のゲタに合わせ,プラ板を追加し,整形.

sv2-1046.jpg

矢印の部分ですね.この部分を別の角度から見ると,

sv2-1047.jpg

矢印で示した白い部分がそうです.元々オマケ扱いのセラビーIIなので,肩の作りも甘いようで,装甲の厚みが一定ではありません.プラ板で,厚みを均一にしました.

そして,サフを裏側だけに吹き,合わせ目の確認です.そして,腕を取り付けても見えてしまう場所にエバグリのスジ入りプラ板でフタをつけました.

sv2-1049.jpg

今度は,表側です.

sv2-1050.jpg

キットでは,出っ張っているモールドですが,実際は凹状態なので,掘り込みました.でも,ショボイ.きちんと,掘り込めるようになるには,練習するしかないんでしょうね.今回は,テンプレートを使用したのですが,精度が悪すぎます.

気を取り直して,今度は肩の接続面の一部をプラ板で自作しました.

sv2-1051.jpg

このパーツは,前回自作した上面のパーツとこんな感じでくっつきます.

sv2-1052.jpg

次は,同じ接続面の下部パーツ.

sv2-1053.jpg

このパーツは,三つに分轄したセラビーの肩パーツの一つです.少し上部をつめます.そして,裏側を研磨し,1mmの厚さにします.

sv2-1054.jpg

そして,裏側に0.75mm厚のプラ板を貼りました.

sv2-1055.jpg

これで肩製作に必要なパーツは,すべてそろいました.

天と地と-97 肩6

少し更新が遅れてしまいましたが(これを書いているのは水曜日),日曜日の作業分です.いろいろと調整が難航して,思った以上に進んでいません.物事を進めるのは,調整ばかりではなく,思い切りも必要ですね(もちろん,再度やり直しになることはありますが>笑).

さて,昨日は,ブースター基部を幅増しし,もう少し足そうかそのままにしておこうかというところで時間切れでした.基本的に,迷ったら進め,と思っているので,もう少しだけ(さらに0.5mm)追加してみました.その写真は撮り忘れてしまいました(後で比較しますが).そのあおりで,基部の内側に入れる予定のパネルも少々変更が必要でした.

sv2-1038.jpg

位置が上側にシフトしたせいで,矢印に示したように下駄を追加しました.追加工作で,かなり深さが増したので,何かをいれないとスカスカになってしまいました.また,基部側もスカスカだったので,追加です.

sv2-1039.jpg

こちらは,いつものエバグリ,スジ入りプラ板です.またも安易な道に逃げてしまいました.が,おそらくこの部位は全く見えないと思います(笑).当初は,プラ板の積層がむき出しのままでしたからね.それよりかは,ずいぶんとマシになったと思います,見えませんが.内側は,こんなもんでいいでしょう.

ブースター部を表面処理し,再度サフを吹きました.

sv2-1040.jpg

ずいぶんと肥大化しましたね.ついでに,残念だった正面のスジボリ(表中央の台形のヤツ)もやり直しました.何とか見られる形になったと思います.ストロークが短いスジボリは大変です.それでは,変遷を見てください.

sv2-1027.jpg sv2-1037.jpg sv2-1041.jpg

大きさが違うので比較しにくいですが,左から,肥大化前,2mm追加状態,2.5mm追加状態です.腕とブースター部のスキマは,それほど気にならない程度になったと思います.これ以上は,可動に支障をきたしますからね.このあたりが限界でしょう.

次に,プラ板の積層で,こういうパーツを作りました.

sv2-1042.jpg

3層あります.これは,ここに付きます.

sv2-1043.jpg

これで肩の上面が埋まりました.後は,胴体との接続面ですね.その前に,接続面を固定するために,ゲタ(土台)を設置しました.

sv2-1044.jpg

2枚におろした肩パーツの内側です.

今日は調整に難航したので,ここまでです.来週で,肩は終わるでしょうか?

天と地と-96 肩5

先週は,出張のため,お休みさせていただいた週末の模型.今週末は少し触りましたが,面倒なこと(クリアランスや位置調整)をやっているため,それほど進んでいません.

現在,いじっている肩ですが,100回目までに終わればいいかなと思っています(まだまだかかりそうです).

本日は,こちらのパーツから.

sv2-1028.jpg

これは流用で使用しているセラビーの肩の一部です.すでに外側は切り取り,セラビーIIの肩の中に組み込めるようにしています.まずは,底面の一部を切り取ります.

sv2-1029.jpg

矢印の部分は切り取った後の位置を示しています.ここを切り取ったのは,肩側の接続位置をギリギリまで下げたかったからです.設定画を参照すると,セラビーIIの肩は,かなりの怒り肩ですからね(セラにいたっては,中央のセンサー部よりも方の方が高く見えて,まるでジャミラのようです>笑).ただし,その怒り肩を再現しようとすると,このパーツもこのままというわけにはいきません.

そのための前処理です.

sv2-1030.jpg

矢印で示したように,肩パーツの内側に,補強用のプラ板を交互に3枚貼り付けます.ここは,付加がかかる部位なので,必要以上に強固にしています.その理由はもう少しでわかります.そして,ポリキャップを挟み,接着.

sv2-1031.jpg

さらに,

sv2-1032.jpg

写真のように,接続面側から2mmの位置にケガキ線を入れ,

sv2-1033.jpg

切断!ケガキ線は,正確に切断するために入れています.面倒な手間ですが,正確に切断するためには,のこ歯が逃げないようにこういった前処理が必須です,私の場合.結局,流用したセラビーの肩パーツは,3枚におろしました.ここまでバラバラにする予定だったので,必要以上に補強したわけです.

ただし,ポリキャップが付いている部位は,まだスキマがあって,しかも接着面だけではなんとも頼りないですよね.ここには腕が付くので,やはりもう少し強度を確保したいところ.腕のパーツを仮組みして,さらに補強しました.

sv2-1034.jpg

ここまでやればきっと大丈夫.後は,セラビーIIの肩に組み込む際に,強度を確保すれば,たぶん大丈夫です.

さて,2週間,間が開いたわけですが,実は前回の製作で,気になったところがありました.前回,掲載した肩パーツの比較です.

sv2-1027.jpg

形状的には良さそうですが,側面のブースター基部の厚みが足りません.一体整形のパーツから切り出し,整形したため,カットしたのは仕方がありませんが,このままでは腕を取り付けると,腕とブースター基部の間が開きすぎてしまいそうです.

正直,ブースター基部は,もう触りたくは無かったのですが,2週間という時間がいい冷却期間になったのか(笑),気を取り直して,もう一度触ってみる気分になりました.ブースター基部の内側を肥大化してみます.

sv2-1035.jpg

内側パネル面に,2mmのプラ板を貼り,底上げします.白い部位が底上げ用のプラ板です.そして,その側面に2mmの高さのプラ板を貼り付け,整形.

sv2-1036.jpg

ずいぶんと大きくなりました.確認してみます.

sv2-1037.jpg

暫定的に,腕の一部も組み込んで,位置等をチェックしてみました.改修前よりははるかにいいですが(改修しなければ,スカスカだったでしょうね),若干足りないですね.さて,どうしましょうか?

もっとも,どうしようかと迷ったときは,当然,進めです(笑).という訳で,続きはまた明日.

| ホーム |


 ホーム