FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

天と地と-59 脚部ひざ下21 ダム3 アーム基部 Take 2

昨日,このまま進むか,やり直すか,でどうしようと考えていたのですが,ここまでかなりの時間がかかっているので,いまさら少し遅くなっても大差ないということで,やり直すことにしました.スネ側のアーム基部は,ここに書いているだけで3回やり直ししています(実際は5回以上>爆).部品注文が非常にやりにくい環境なので,キットのパーツをやり直すのはキツイですが,自作パーツなのでTake2は問題なしです.

形状・構成を再設計して,アーム基部を作り直します.

まずはプラ板に開口.

sv2-592.jpg

補助線が見えるので分かりやすいかもしれませんが,径と中心軸が異なる2種類の穴を1.5mm厚のプラ板に開け,2枚を重ねて接着します.片側のパーツに穴が一つしか開いていないのは,接着後に穴を広げるため.こうすることで手作業の誤差を小さくしています.接着して.整形しました.

sv2-593.jpg

これが基部の中心パーツになります.次にまたまた開口.

sv2-594.jpg

こちらは2mm厚のプラ板を使っています.8枚でいいんですが,失敗を考えて多めに作っています.さらにもう一パーツ開口.

sv2-595.jpg

次はモビルパイプを加工します.

sv2-596.jpg

これは一番小さい2.5mmのもの.治具を作って加工します.

sv2-597.jpg

まずは,パイプの内径を1.8mmにします.黒いプラ板にはめ込んでいるものは,内径をボアアップしています.比較のためにオリジナルのパイプも置いていますが,違いが分かりませんね(汗).この治具の厚さは1mm.ということで,削り込んで,1mmにします.

sv2-598.jpg

元々のパイプの厚みは2mmでした.比較してみます.

sv2-599.jpg

これも8個準備します.そして,必要なプラ板を切り出しました.

sv2-600.jpg

部品がそろったので,製作開始.

sv2-601.jpg

基部の上側です.右がセラビーII左がセラビー用です.形状が異なるのは,接続形式が異なるため.セラ用の方には,磁石を接着するための溝を作っています.

先ほど加工したモビルパイプはこちらのパーツに接着します.

sv2-602.jpg

サイズ調整と関節軸っぽくするためです.それらを合わせて,U字状のパーツを作りました.

sv2-603.jpg

ここまで作って思ったのですが,これだと昨日作ったパーツとほとんど変わりませんね(精度は上がっていると思いますが).側面のパーツから分かるかもしれませんが,上面に角度をつけています.接着後の角度を計算しています.これが上部.中心はこちら.2.5mmプラ棒で軸を作ります.

sv2-604.jpg

これらを合わせて.

sv2-605.jpg

上部パーツは固定しますが,中心パーツは可動します.そして,これにもう1本,アームをつけると,2重関節のツメアームが出来上がります.もう1本のアームの長さを決めないといけませんが,それはスネ側に合わせて調整しないといけません.最後に磁石を接着しました.

sv2-606.jpg

今日の作業はここまでです.次でアームはできそうですね.Take3は必要なさそうです.

それからもう一つ.最近,プラ板加工の頻度が上がっていますが,それを可能にしてくれているのがツール類です.特にクレオスの流し込み接着剤の存在は大きい.ただ,最近,あまりに使用頻度が上がったので,こんなになってしまいました.

sv2-607.jpg

そう,すっからかん.ビン入りの接着剤を使い切ったのは,初めてじゃないでしょうか.自分にとっては,これはすごいことです(流し込み接着剤なので,使い切りやすいとは思いますが).予備をおろすことになりましたので,そのうち補充しないといけませんね.高いんだなぁ,ここでは.








スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム