FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

天と地と-56 脚部ひざ下18 ツメ装甲4

週末です.今日の天候は,やはり雪.という訳で,引きこもっても模型製作(笑).本日で,ようやくツメ装甲を終わります.たった1パーツにどれだけかかっているんでしょうか?

先週は,ツメ装甲の内側に,装甲っぽくなるようにフレームを貼り付けていました.しかし,時間切れでした.今日の作業はその続きからです.

次のフレームを貼り付ける前に,前回貼り付けておいたフレームを加工します.

sv2-563.jpg sv2-564.jpg

左の写真は前回のもので,右が加工後のもの.分かりますか?はみ出した部分を切り取っています.そして,新たなフレームパーツをプラ棒から切り出します.

sv2-565.jpg

32パーツ必要です.端も,角度をつけて切り出しています.で,接着.

sv2-566.jpg

端の角度を合わせているので,何とかはまりました.

sv2-567.jpg

しかし,これだけ大量のプラ片を使用したということは,それだけ合わせ目が出てくるということ.もう,ひたすら合わせ目を消し,サフを吹いて消せたかどうかを確認します.

sv2-568.jpg

さすがに1回では無理でしたが,2回のサイクルで傷がなくなったのを確認しました.パーツ数が多いと合わせ目けしという単純作業も大変です.せっかくなので,オリジナルのパーツと比較してみました.

sv2-569.jpg

バンダイさんの整形は,基本1mmなんですが,そのままだとはやり装甲っぽくない.さらに1mm幅を追加することで,装甲らしさが出たのではと思います.これ以上幅を増そうとすると,内部に来るツメの基部と干渉するので,結構ギリギリです.

sv2-570.jpg

ツメ基部のスイング可動は問題ありません.最後に,前回,切り出しておいた装甲内部のパネルを一つ一つ,一枚一枚サイズを調節しながら,はめ込んでみます.

sv2-571.jpg

ほとんど見えなくなるでしょうが,チラ見は避けられないので,できる範囲でがんばってみました.1面に4枚のプラ板を使用するので,ツメ装甲8個に2面で,64枚の調整が必要でした.さすがにばてましたよ.

sv2-572.jpg

一応,予備も作っています.こちらは,塗装後に,装甲内部に組み込む予定です.たった1パーツでしたが,ずいぶんとパーツが増えてしまいました.時間も結構かかりましたね.しかし,これで,ツメ装甲は修了です.このパーツは,作業量は多かったですが,やればできるタイプの仕事なので,どちらかといえば気楽な作業でした.次回からは,佳境の続きである脚部本体に戻ります.こっちは,一筋縄にはいかない本キット最大の佳境です.
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム