プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

ひとまず完成

昨日の続きです.

またもやトップコート.今度は,ガンダムデュナメスとガンダムキュリオスの色つきパーツにです.キュリオスの方は,すでにメインのオレンジ部にトップコートしていたので,バックパックと足の側面の黒いパーツだけです.デュナメスは,緑のパーツすべてです.

剣山はこんな感じです.

KDtopcoat4 KDtopcoat5

こちらの方のトップコートには,クレオスのトップコートを使いました.こちらでこのトップコートを使うのは,非常に高くつくのですが,白くなりにくいので,やはりこちらの方がよさそうです.

で,組み上げました.

KD

左がそげキング,ガンダムデュナメス.右は,可変機,ガンダムキュリオスです.どちらも後ろに長いので,結構場所をとります.武装系はまだ装備していません(下に転がしています).

しかし,これで第3世代のガンダムがそろいました.とりあえずは,記念に.

3rdGene

そのうち,週末単位で各キットのレビューでもしようと思います.しかしよく作ったなぁ~.

次は,日本の正義のリファレンスにしましょう(ガンダムではありません).でも,時期は未定です.クリスマスの頃までにできるといいですね.
スポンサーサイト

腕とフルシールド

昨日出張から戻ってきたばかりで,出張中にできなかった仕事が溜まっています.今日は,職場に出向き,月曜日の仕事の一部を片付けてきました.月曜日は,非常に忙しいのです.

しかし,ずいぶんと忙しくしていたので,それなりの逃避は必要です.で,作りかけのキット,進めることにしました.先々週は,足を組み上げました.残すは,腕部のみです.切り取って,ゲート処理をしました.

KDarms

左がガンダムデュナメス,右はガンダムキュリオスの腕部です.部分塗装を行い(場所は非常に多いですが,ガンダムメカグレーだけで何とかなりました).

残りは,デュナメスのGNフルシールドのみです.こちらも切り取り,ゲート処理.

fullShield1

組み上げると,こんな感じですね.

fullShield2

部分塗装が終わったので,例によってトップコート吹きです.
まずは白のパーツ.腕と足です.

KDtopcoat1 KDtopcoat2

正規のトップコートの代わりに,今回はこちらを使ってみました.

KDtopcoat3

結構安いのですが,塗布後は思った以上に白っぽくなるようです.

長くなったので,続きは明日.

メカグレーな日

毎週土曜日のガンプラコーナー.出張が始まる来週からは,このコーナーもまた不定期になるので,溜め撮りしている内容を書くことにします.その前に,今日はほんのわずかですが作業をしました.

まずは,エポキシパテで埋めていたガンダムキュリオスの足と機首.足の部分をその色の黒で塗装しました.

Kyrios-black

今は,ツヤたっぷりですが,そのうちつや消しトップコートを吹きます.また,機首のセンサー部は,メタリックグリーンのシールがついていますが,パテで埋めた部分の穴が開いたままです.これをそのまま使うか,メタリックグリーンで塗装するか,思案中です.メタリックグリーンのシートを貼り付けるという手もありそうですね.その場合,そのシートを入手する必要がありますが....

後は,ガンダムキュリオスとガンダムデュナメスの脚部に取り掛かったぐらいです.まずは,ゲート処理後.

mechagray1

この二つのキット,少々厄介なのが部分塗装です.一部はすでに部分塗装していますが,必要な箇所がかなりあります.ほとんどグレーの塗装なので,今回もガンダムメカグレーのペンを使って塗りました.このペン,最初に使ったガンダムヴァーチェから,ずいぶんと重宝しています.ペン先が入らない部分は,筆に落として塗ったりもしますが,混ぜる必要もなければ,後始末も比較的楽なので,部分塗装派にとっては,有用ですね.

部分塗装は,間接の裏側を含みます.一応,部分塗装が済んだ状態です.

mechagray2

2度塗りしないと,下地が透けてしまうので,結構,時間がかかりました(足,4本も一気にやろうとするからなのでしょうが).そうこうしているうちに,ついにインクが切れてしまいました.ヴァーチェ,ナドレ,エクシア,エクシアR2と使ってきたこのペン.なかなか使い切ることがないのに,よく使ったもんです.もう一度,記念撮影.

mechagray3

脚部だけで,これだけ使いましたからね(まだ数箇所残っていますが).メカグレーペンには,ずいぶんと助けられました.今日は,メカグレーの日でした.

キラキラ2

昨日の続きです(というよりも,昨日書ききれなかった内容ですが,作業自体は昨日行いました>さすがに2日はは取れる状況じゃありません>涙).

今日もキラキラがあるのですが,その前に,こちらから.

epoxy02

ガンダムキュリオスのバックパック(何と表現していいのか分かりませんが,飛行形態の機首に相当する部分)とふくらはぎのパーツです.変形時のポーズを決めやすくするため,センサー部(航空機なら,操縦席)に四角の穴が開いています.また,ふくらはぎ内側の一部は外から見えるのですが,中がすかすかです.無視してもいいんですが(普通はそうです),あまりに目立つ場所なので,ついでにエポキシパテで埋めることに.

epoxy03

ほんの少量のエポキシパテを混ぜ合わせるのは,面倒なので,ちょうどよかったです.こちらの続きは,来週かな?

では,本題に.
やはりキュリオスのパーツです.

Kyrios-shield1

シールド部です(個人的には,後で書くようにカニバサミなんですけどね).デュナメスは,ライフルに凝ったことをしましたが,キュリオスではこのシールドに力点をおいてみます.

用意したものは,ハセガワさんから出ている局面追従シートのホログラム版.

Kyrios-shield2

コレも前回日本で購入したものです(ちょっといい値段ですよね).さすがにホログラム.角度によって色が変わります.キラキラの第2段として,こちらのシートを使って,工夫してみましょう.

まず,適当な大きさにカットします.

Kyrios-shield3

すでに光り方がステキです(笑).

Kyrios-shield4

思った以上に簡単に台紙からはがせます.でも,シート自体,非常に薄い.静電気が発生しやすい冬場の作業では,裏に書いてあるように水を使う必要があるかもしれませんね.

コレを特定部位に貼り付けます.

Kyrios-shield5

伸ばしすぎるとかえってシワができるようです.で,残りも貼り付けました.

Kyrios-shield6

オレンジのツメに相当する場所は,以前入れたスジがちゃんと見えます.あのときに入れたスジは,実はこのための布石でした.そのため,せっかく入れたスジなのに,スミ入れもやってないのです.

後は,デザインナイフで,余白を切り取ります.

Kyrios-shield7

なかなかそれっぽくなりましたね(笑).つめの部分ですが,横線のスジを等間隔にあと数本入れていたほうが,パネルっぽく見えてよかったかもしれません.

では,シールドの完成です.

Kyrios-shield8

なんかタガメみたいですね.でも,このタガメ,怖いんです.口を開くと,こんな感じ.

Kyrios-shield9

なんか食べられそうです.設定でも,中心から,剣(針の方が正しいのか?)が出てきて,やっぱり怖いです.
開くとミラーという設定はいろんなところで見ましたが,まぁコレもありかと.シート,購入しといてよかったです.別の色も入手したほうがよさそうです.次の機会に,物色しましょう.

以上,キラキラの週末でした.

キラキラ1

まだまだやるべき仕事は,たんとあるのですが,昨日,めでたく論文を1本投稿したので,今日だけはガンプラ,行ってみましょう(何じゃその無理やりな理由は).いくつか初めてのことにトライしてみたので,ちょっぴり写真が多目です.そのため,今日と明日の2回に分けて,いってみましょう.

まずは,ガンダムキュリオスの武装,GNビームサブマシンガンから.

Kyrios-gun1

中心の弾入れ(?)というかバルジの部分(GN粒子タンクでしょうか,水鉄砲なら,水を入れる部分)を,ガンダムマーカーのブラックで塗り,通常通り,黒のコピックペンでスミ入れしています.ワンポイントで,バルジ部の止め具を内田洋行さんのペイントマーカーのシルバーで塗っています.このペイントマーカー,特にこのシルバーに限っていえば,ムラが出にくく,いい感じに仕上がります(他の色は結構ムラになりますが).ワンポイントだとよく分かりませんけど.ちなみにこのペイントマーカーは,こちらの画材屋で購入できます.その点でも私にとっては使いやすいペンです.ただし,気が遠くなるほど十分待たないと(1週間以上か?),ベタベタするので,取り扱い注意ですね.今回は,つや消しトップコートを吹くことで,問題解決しています.

あと,センサー部は,付属のシールを使いました.

Kyrios-gun2

ただのメタリックグリーンではなく標準のような十字マークがついていたためです(エンジニアリング的にいは,こういった装備を共用すると,コストが下がり,メンテしやすくなるんですよ>CBさん.もっとも,すべてがオンリーワンの機体ばかりなので,あまり関係ないですけどね).

ガンつながりで,次は,ガンダムデュナメスのGNビームライフルです.

Dynames-gun1

CBのそげキングなので,狙撃用のこの武装は,少し力を入れています(笑).まず,この前,HIQパーツを使って作っておいたセンサーをここに使います.また,砲身中央部をやはりシルバーで塗りました.ペイントマーカーですが,筆ムラがあんまりありません.ネットだったか日本に行ったときに本屋で立ち読みしたか定かでありませんが,どなたかの作例がこういう配色でした(ちょっとネットを探したのですが,見つけきれませんでした>ごめんなさい).感銘を受けたので,同じようにさせてもらいました(参考文献として,きちんとリファレンスをつけるべきですよね).

それから,ライフルを固定する2脚(3脚は,トライポッドというので,こちらはバイポッドでしょうか?).

Dynames-gun2

収納時(右)と使用時(左)の2種類がついています.収納時のものは,接地部を黒に塗り,スミ入れしただけです.使用時のものは,成型色は白だったので,収納時のものにあわせるように,メカグレーと黒で着色しています.なお,中央部は,伸ばしている雰囲気を出したかったので,航空機の脚部のオレオのような感じになるように,グレーやシルバーで塗る代わりに,ラピーテープのシルバーを巻き付けました.

Dynames-gun3

なお,ラピーテープは,トップコートを吹いたあとに,巻き付けています.

では,組み上げたライフルです.正面から.

Dynames-gun4

センサーと2脚がキラキラしています(笑).斜め前から.

Dynames-gun5

砲身のシルバーがあるおかげで,のっぺり感が少なくなっています(と感じるのは,私だけでしょうか).

収納時の2脚を取り付けて,側面から.

Dynames-gun6

そげキングは,狙撃の武装が命と思い(笑),少しがんばってみました.完成までは,しばらくかかりそうです.
続きは,また明日.

| ホーム |


 ホーム