プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

顔は命・その4

これまで,3回にわたりガンダム ヴァーチェの頭部について書いてきました.そのシメとしての完成版です.

まずは前面.

VirtueHead17

あれだけがんばって目に厳しいツインアイをラピーテープで作ったのですが,露出部はホンのわずか.これだと,改修したのかどうかさえ分かりませんね(涙).

しかし,ガンダム ヴァーチェの面構え,横に広がっていて,なにやら凶悪ヅラです.個人的には,こちらの面構えの方が,イケメン風の他のガンダムよりは好きなのですが.これが,あのぶっといボディに乗っかるのは,きっと壮観です(そのうちに).では,側面.

VirtueHead18 VirtueHead20

やはり,GNレンズの改修は有効ですね.アイスラッガーのふもとの赤があるため,GNレンズの緑がいっそう映えます.ちなみに,ツノは,少しですがシャープに削っています(改造にもならないかもしれませんが,いじったのはここだけ).側頭部にもパーツがつくため,はみ出した赤も隠れてしまいます.

そして最後に後頭部.

VirtueHead19

後頭部にある丸い箇所は,シルバーで塗装しています.設定では何色でしょうか?そもそも,これってナニ?

ヴァーチェの頭部を作製し,1周ぐるりと眺めてみました.やはり,余計なヘルメットをかぶっているようなその面構え.今となっては,周知の事実ですが,この中からあのさらに凶悪にみえる頭部が出現しようとは....実は,中の人もほぼ同時進行で作製中です.素直に作ったヴァーチェ(の頭部)ですらこれほどまでに時間を要しました.さらに改造を計画している中の人では,いったいどれぐらいの時間がかかるのでしょうか.

長い目で見てやってください.中の人の話はそのうち,髪は命というタイトルでやってみたいと思います.
スポンサーサイト

顔は命・その3

懲りずに第3弾,行ってみましょう.

今日は更なるディテールアップのまとめです.先日,ここで紹介したラピーテープ銀を使ったGNレンズの改修です.

VirtueHead12

あらかじめ裏側にクリアーグリーンで着色していたGNレンズの裏側にラピーテープのノリ部分を貼ります.

VirtueHead15

そして,デザインナイフで余白(余銀だな,この場合)を切り取ります.それを,GNレンズ部にはめ込みます.

VirtueHead16

前日の写真とも比べてみてもらうと,赤のはみ出しがふき取られているのがお分かりでしょうか?これにさらにカバーが加わるので,不必要な場所のものはふき取っていません(ちょっと苦しい言い訳).

また,ツインアイにも使った細いラピーテープ緑は,前後のセンサー部(いや,前面部は,表示スクリーンかな?00ガンダムでは)にも貼っておきます.

まずは,前面部(やはり,センサーではなくディスプレイですね).

VirtueHead13

キットでは,ツノと一緒になっています.

そして,後頭部.

VirtueHead14

こっちはセンサーですよね(?,未確認)隠れる部位を除いては,はみ出し赤のふき取りも終わっています.
次回は,いよいよ頭部の組み上げです.頭だけで,4回も引っ張ってしまった.

顔は命・その2

今回も頭部ディテールアップの続きです.ツインアイの次は頭部の塗装です.現在作製中のキットは,HGのガンダムヴァーチェです.設定ではそうなってはいないのですが,ナドレになったときには,頭部のアイスラッガーの両脇に赤い線が出てきます.この部分は,ヴァーチェも同じはず.そこで,塗装することにしました.

使うのは,

VirtueHead05

ガンダムレッドのペンです.これも今回の日本出張の際に購入しました(そうです,今回はこういう小物を大量に購入しています).

これを使って,アイスラッガーの両側を着色します.昔は瓶入りの塗料しかなかったのですが,スミいれペンやガンダムマーカーなど当時からは予想もできない便利な道具がたくさんありますね.

しかし,問題もないわけでは在りません.まず,赤という色は,なかなか載ってくれません.下地が濃い色だと余計にそうですが,薄い白の場合でも,重ね塗りは必須です.

重ね塗りが必要だということは,着色のはみ出しを気にしている余裕はありません.数回重ね塗りするとこうなります.
VirtueHead06 VirtueHead07

はみ出しの修正には,こちらでも入手できるコピックのこのペンが使えることが分かりました.
VirtueHead08

コピック・スケッチペンの0番です.
VirtueHead09

それは,クリアの薄め液です.このペンは,スミ入れの拭き取りにも使えます.このペンは,すでに何度もスミ入れのふき取りで使ったため,中身はすでに残っていません.しかし,薄め液なので専用のものが使えます.

VirtueHead10

この液を万年皿にいれ,コピックペンの先端に浸しながら,焦らずにはみ出し箇所の塗料を取り除きます.
VirtueHead11

続きは,また今度.

顔は命・その1

ガンプラで,特に,ガンダム系のキットで,一番目を引くのは,ツインアイのある頭部です.腕部や脚部にどれだけ手をかけようと,頭部がいまひとつであれば,全体の見栄えさえも落ちてしまいます.そう,ガンダム系では,顔は命です.今回の日本出張では,ディテールアップのための道具類も購入してきました.前回のラピーテープもそうでしたが,今回はそれらを使って,頭部のいじってみたいと思います.

まずは,やはりツインアイ.通常,HG程度では,ツインアイはシールでの再現です.今回は,ツインアイにこだわってみます.

購入した道具は,
VirtueHead01
ラピーテープです.このラピーテープは,ミニ版で,こちらで使ったものが18 mm幅だったのに対し,5 mmの幅しかありません.しかし,銀だけでなく,青,金,緑そして赤の5色のセットです.

ツインアイ用としては,今回は緑を使うことにします(赤く光るツインアイも禍々しくていいかもしれません).
VirtueHead02

ツインアイの形状を把握するために,キットに付属のツインアイ用のシールをラピーテープの上に貼り付けます.
VirtueHead03

そして,デザインナイフで切り出します.テープの幅が5mmなので,切り出しアイは,4mm x 1mmの大きさです.最近の私の目には,少々厳しいものがあります(苦笑).ちなみに,ラピーテープは薄いプラのシートに貼り付けています.で,接着はこのプラのシートごとはけのついた瞬間接着剤で固定しました.

VirtueHead04

写真ではちょっぴりズレていますが,このあと,しっかり修正しました.ちなみに目の周りの黒い部分は,スミ入れ用ペンのブラックであらかじめ塗っています.ちなみにこちらのペンも今回購入しました.

続きはまた.

輝けるもの

今回の日本出張で,ぼちぼちと購入したものがあります.その中で,まず最初に使ったものは,こちら.

lapy1

あの懐かしい(私だけか?)セメダインから販売されています.これは,

lapy2

メタリックのテープ.ポリエステルの粘着テープにアルミを蒸着して作られています.

lapy3

これは,銀のものですが,他にもいろいろな色があります.ピッカピッカですね.これの用途は,実はいろんなブログでも紹介されていますが,キラリと光る(輝く)部位のディテールアップです.ただでさえ時間がないのに,こういうことをやりだすと,ますます完成への道は遠のきます(苦笑).

今回の用途は,GNドライブとGNコンデンサーのレンズ部.HGのきっとでは,このGNレンズはクリアーパーツで準備されています.これを少しだけ目出させてみましょう(完全な自己満足の世界です).

まず,GNレンズはあらかじめ,裏側をクリアーグリーンで塗装しています(この話もそのうちやりましょう).
それを,ラピーテープののり側に貼り付けます.

Exia-up-lapy1

あとは,デザインナイフで縁を切り離します.

Exia-up-lapy2

勢いあまって,撮影前に,中央のGNドライブのレンズに着けてしまいました.
その他の部品は,足から,

Exia-up-lapy3


そして,腕も

Exia-up-lapy4

最後の頭部側面です.

Exia-up-lapy5

完全に自己満足ですが,ワンポイントのアクセントとしてやってみる価値は十分にあります.そんなに時間もかかりませんし.問題は,ラピーテープが簡単に入手できないことですが(私の場合),とりあえずしばらくは大丈夫ですね.以上,簡単なガンプラ・アップデート講座でした.

ミーティングの合間に

今日は,東京です.ミーティングの合間に,秋葉原に行ってきました.そこでこんなものを見つけました.

名前は聞いていたものの,いきなり目の前に.

Gcafe

ガンダムカフェです.残念ながら,秋葉原滞在は正味1時間弱でしたので,中には入っていません.まぁ,次の機会ということで.

今夜は,以前USAでお世話になった人たちと,食事しました.なつかしの面々との再開.会えてよかった.

武者といえば....

今日は,5月5日,こどもの日じゃないですか.ということは,日本はGWの後半ですね.こちらにいると,日本の休日のことをすっかり忘れてしまいます.といっても,こちらの休日を把握しているわけではありませんが(それに,ウチの大学では,こちらの国民の祝日は休みになりませんし).

話を戻しましょう.こどもの日といえば,武者飾りですよね.それでは,武者飾り,いってみよう~!

まずはこちらから.
5-5-1

とっても,武者っぽいモビルスーツ.近接戦闘型アヘッド(コード名:サキガケ)だそうです.左利きのおとめ座の彼が乗っているので,左利きに特化した牙突の構えです(誰も知らんだろうなぁ).無骨なコイツにはぴったりだと思うのですが....

そして,もう一つ.
5-5-2

こちらも,左利きのおとめ座の彼の乗機.スサノオに昇華する前のマスラオというモビルスーツ.こちらの方が武者っぷりがいいですよね.こちらも二刀です.

そして最後に,武者っぽくはないですが,こちら.
5-5-3

00セカンドシーズンの最後の敵モビルスーツ,リボーンズ・ガンダムです.敵モビルスーツなので,人相が悪いですね.

最後にみんなまとめて,
5-5-4

武者飾りでした.しかし,敵モビルスーツばっかりだなぁ.次は,なんとかガンダムにしたいと思っているのですが,はたしていつになることやら.

| ホーム |


 ホーム