プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

デルタ・プロジェクト-その9

百式とデルタプラスの作り比べとして始めたデルタ・プロジェクトも今日が最終回です.
同じデルタがんダム計画として始まった両機体.時期は違えど兄弟機.似ているようでまったく違う機体です.性能は,どちらもよさそうなので,デルタプラスも人気が出そうです.

それでは,二機まとめて.
dproject2
百式の方が顔がでかいですが,こうしてみると,それほど違和感はありません.

ちょっと下から
dproject3
残念ながら,百式の稼動範囲がそれほど広くはないので,左右対称にはなりません.

後ろから
dproject4
天使の羽フレキシブルバインダーがいいですね.

上から
dproject5
2機いると,目立つ分だけ,百式が狙われそう.というか,デルタプラスは,影武者っぽいですよね.ロービジカラーなので余計に日陰者です(ドロロみたい).

以上,デルタ・プロジェクトでした.お付き合いありがとうございます.本業が忙しくなってきているので,次のガンプラはいつになることやら.スプリング・ブレイクの頃か,セメスターが終わってからか...まぁ,硬い話が続いたら,そのうちやるでしょう.最後に全体像を

dproject1
スポンサーサイト

デルタ・プロジェクト-その8

百式に引き続き,今日は,デルタプラスのモビルスーツ形態です.

dp01
ロービジカラーの機体なので,派手さはないですが,最新のHGUCだけあって,間接がかなり動きます.問題は,間接が動きすぎるので,なかなかポーズが決まりません.時間もないので,固定ポーズで行きます.

アップ
dp02
やっぱり,肩には百+と書きたいところ(笑).

左側面
dp03
特徴であるフレキシブル・バインダー.天使の羽ですかね.

背面
dp04
百式のようなバックパックがないので,背中はスッキリしています.推進は腰のスカート部にバーニアがあります.

右側面
dp05
ビームライフルは長いですが,きちんと保持できます.

dp06
武装が詰まったシールド.でも,ここが誘爆したら,左手吹っ飛びますよね(笑).

真上から
dp07
バックパックがないので,変形機構があるのに,スリムな印象です.

ポーズは変えないつもりでしたが,せっかくの武装があるので,ビームサーベルを持たせてみました.
dp08
握り手は右手にしかないので,二刀流にはできません.が,ビームライフルよりはこちらの方が似合っているかも.

dp09

以上,デルタプラスでした.ウェーブライダー形態とモビルスーツ形態は差し替えで変更できます.さすがに最新のHGシリーズだけあって,とても作りやすいいいキットでした.初期のHGシリーズの百式と作り比べてみると,かなり改善されているのが分かります.

ところで,動いている姿を見たことがないモビルスーツを作ったのは初めてです.ユニコーンガンダムを見ないといけませんね.

デルタ・プロジェクト-その7

デルタ・プロジェクトもいよいよ大詰め.
それでは,モビルスーツ完成形態です.今回は,百式から.

hyakushiki01
やはり,コンジキの機体.派手すぎます.

hyakushiki02
金と赤のコントラストがいいですね.

hyakushiki03
アップにすると,肩の”百”文字がはっきりと見えます.

hyakushiki04
あまりにまぶしいので,フラッシュをたかずにとってみることに.

hyakushiki05
側面です.黄色の刃のビームサーベルが目立ちます.でも,ビームサーベル以上に機体自体が目立ちますね.金メッキ恐るべし.

hyakushiki6
後ろから.やはり,バックパックはその名のとおり,ランドセルみたいですね.

hyakushiki7
いいキットなのですが,いかんせん時代を感じます.特に間接の曲がり方などが.肩はほとんど上がりません.

hyakushiki8
もう一回,胸部の度アップです.額のセンサーには,メタルグリーンのシールを貼りました.貼ると,かなりいい感じになります.でも,頭部のアンテナは,もう少しシャープなほうがいいですね.

hyakushiki9
最後に上から.クレイバズーカーはちゃんとバックパックに取り付けられます.このクレイバズーカー,残念ながら,きちんと肩に担ぐことができません.もし,今の技術で百式のキットが販売されたら,きっとバズーカーもいい感じもてるはずです.技術は確実に進歩ていますね.

以上,百式でした.人気があるの理由が分かりますね.間接の曲がりやプロポーション等で,若干気になるところはあるものの,いいキットです.さらに,ゴールドメッキ.それだけで絵になります.

デルタ・プロジェクト-その6

少し間が開きましたが,デルタ・プロジェクトは,まだ続きます.

これまでは,各部の比較でした.今回からは,アセンブルされた機体に移ります.
それでは,デルタ・プロジェクトの本質から行ってみましょう.それは,ウェーブライダー形体.
このウェーブライダー形体への変形機構こそが,デルタ・ガンダムの当初の目的でした.

デルタプラスは,その設計思想を具現化させたもの.もちろん,ウェーブライダー形体に変形します.キットでは,差し替えによって,再現されています.

dpw1

上からの図です.完全に,飛行形態ですね.

dpw2

横から.非常に薄い機体です.重力下ではどうか分かりませんが,宇宙ではちゃんと飛行しそうですね.

dpw3

正面から.設定では,ビームライフルは,一つだけしか装備されていませんが,片側だけでは妙なので,ReZELのビームライフルも備えています.同一のライフルです.機体正面にもビーム砲があります.

dpw4

側面を後方から.完全に飛行機です.

dpw5

後ろから.手が見えますね.ロケットパンチができそうな雰囲気です.

dpw6

ここから見ても,飛行機です.

dpw7

ロービジカラーなので,現在の戦闘機のようですね.

dpw8

2機のビームライフルがいい感じです.やはり片側だけというのはいけません.

dpw9

以上,デルタプラス,ウェーブライダー形体でした.飛行形態に変形することで,機動性が激変するそうです.

| ホーム |


 ホーム