プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

デルタ・プロジェクト-その5

今日は,残りの部位の作り比べです.

ボディーは,腰部が残っていましたね.

delta14

兄弟機でありながら,もっとも違う箇所がこの腰部.百式はフロントアーマー(前垂れ)が大きいですが,デルタプラスはお飾り程度.これは変形が関与しているのでしょうね.サイドアーマーは,

delta13

こちらは,デルタプラスのほうが大きい仕様です.

delta12

背部は,形状こそは似ていますが,機能はまるで違います.デルタプラスには,推進部がここに集約されています.バックパックがないので,バーニアがありませんからね.推進部といっても露骨なバーニアではなく,出力部は角状です.一方,百式には,ビームサーベルの柄が備えられています.場所的には悪くはないと思うのですが,どうやって取り出すのでしょうか.そこまで手が回るとは思えないし....

ボディーパーツの最後は,

delta15

フレキシブルバインダーです.これなくして,百式は語れない.このバインダーは,デルタプラスにも受け継がれています.しかも,デルタプラスには小さい羽までが出てくる仕様に.飛行形態では,このバインダーが重要になって来るようですね.このフレキシブルバインダーは,姿勢制御の役割があるとのこと.天使の羽ではなかったのですね.

そして,武装関係です.

delta16

左から,百式用のクレイバズーカー,ビームライフル,ビームサーベルです.百式のビーム刃は黄色でしたね.デルタプラスのビームサーベルは,刃がクリアブルーです.これも珍しい色のビーム刃です.そして,デルタプラス用の長身のビームライフル,これは一般機にも使用されているとか.そして,デルタプラスのシールドです.このシールドは,飛行形態でも重要な部位になりますし,武装もてんこ盛り.

delta17

シールド先端には,ビーム砲が,その次の白いペアは,グレネードランチャー,そして次の白いペアは,ビームサーベルの柄です.デルタプラスのビームサーベルはここに備えられています.この位置なら,手は届きそうです.

次回はようやく組み上げです.
スポンサーサイト

デルタ・プロジェクト-その4

少し飛びましたが,デルタ・プロジェクトはまだ続きます.

今日の作り比べは,腕から.
delta04

同一スケールのため,腕の大きさはほぼ一緒.ショルダーアーマーは,デルタプラスのほうが若干大きいようです.しかし,さすがは兄弟機,ほぼ一緒ですね.ここでも特筆すべきは,やはり百式.ショルダーアーマーに描かれた”百”の文字.これこそが,百式のチャームポイント.転写式のデカールをこすることで,貼り付けます.左右の位置がずれないように気をつけました.百式の金に赤は,やはり目立ちます.

delta05

こっちは裏側です.腕の取り付け方は,百式とデルタプラスで,まったく違うのが面白いところ.デルタプラスは,腕側に差し込み棒が付いているのに対し,百式は胴体側に差し込み棒がついています.

次に,脚部.
delta06

むき出しの,ムバールフレームはほぼ一緒ですが,デルタプラスのほうがスリムですね.これは,変形を意識したものだと思われます.パーツ的には,デルタプラスのほうが複雑でしょうか.

delta07
どちらの機体も,ひざの後ろ側に動力パイプが露出しています.いいアクセントですが,ここを狙われたら,一発でおしまいでは?といらんことを考えてしまいます.

続きは,また今度.

デルタ・プロジェクト-その3

デルタ・プロジェクト,3回目です.両キットの説明が終わったので,いよいよ製作,作り比べです.

まずは,頭部から.

delta03

同一スケール(1/144)ですが,百式のほうが二周りほど大きめ.デルタプラスの頭部に,覆面のようにそっくりかぶせそうです.どちらも精悍な顔つきですが,百式の口周りは70年代暴走族のマスクのようですね(爆).あるいは,カラス天狗といったところでしょうか.

どちらも,ガンダムのようにツインアイっぽいですが,目の玉つながりのおまわりさんのように(これが分かる人は,同年代だ!>実質,バカボンのパパの歳を越えてしまった>涙),シングルバイザーです.百式は,シールのみだったのに対し,デルタプラスは,シールを貼った上からクリアーパーツをかぶせるという念の入れよう.ここでも時代の違いを感じます.

delta01

側面は,前面ほどサイズの差が現れていません.横顔は,百式のほうがいい感じです.

delta02

高等部は,兄弟機でありながら,かなり違いますね.百式は頭が張っていますが,デルタプラスは下部で広がっています.なお,センサーはどちらもクリアーグリーンとなるはずですが,百式のほうは割愛されています.これも時代の違い.

次に,胴体.

delta08

同様な配色ですが,百式のほうが太めですね.これは,可変かどうかの違いでしょうか.

delta11

上から見ると,胸板の厚さ違いではなくて,バックパックの大きさの違いだということが分かります.というか,デルタプラスには,バックパックはありませんね.

側面は,

delta09

兄弟機といえど,細部はかなり違います.

delta10

後姿です.百式のバックパックにはバーニアがあるので,ここだけ見る感じでは,百式のほうが機動性はよさそうです.

デルタ・プロジェクト-その2

今日も,デルタ・プロジェクトです.

先の百式が実戦投入されて,9年後(これはシャアの反乱の3年後でもある),傑作機百式の開発で終了していたはずのデルタ・プロジェクトは,最新の可変技術を導入し,計画本来の可変モビルスーツの開発に成功する.その名も,デルタプラス.

Deltaplus1

舞台は,ラプラスの箱が絡むユニコーンガンダムの戦場だそうです(OVAを見てないので).こちらのキットは,HGUCの最新版.キットの番号は,105番なので百式とこのキットの間には100体のキットが販売されています.

まずは,ランナーから.

Deltaplus4

成型色は,コンジキとは程遠い紫がかったグレー.

Deltaplus3

メインのパーツは,紺と薄紫,そして白の多色成型です.この多色成型技術,昔はありえなかったもの.それだけでも技術の進化を感じます.

Deltaplus5

まだまだパーツはあります.そして最後に,ポリキャップ.

Deltaplus2

シールの少なさからも,キットだけでかなりの色分けがなされていると推測されます.また,このキット,差し替えでですが,ちゃんと可変するそうです.ちゃんとデルタ・プロジェクトしていますね.

デルタ・プロジェクト-その1

今期もやはり忙しく,タイヘンでした.でも,ようやくクリスマス/ウインター・ブレイク突入です.もちろん,休みに入っても,やるべき仕事は依然としてあるわけで,ちまちまとこなしています.逆にこういう状況にならなければできない仕事もありますよね.

しかし,ここで色々と書くことが少ないのも事実.休みにしてもいいんですが,やはり前からやりたかった企画に走りましょう.題して,デルタ・プロジェクト.本職の方のゲン担ぎも兼ねています.



γ(ガンマ)ガンダム(=リック・ディアス)開発の後,可変可能なモビルスーツの開発へと進んでいった.このときの開発コード名をδ(デルタ)計画という.残念ながら,可変モビルスーツの開発は,強度不足等の理由で頓挫してしまうが,このデルタ計画は,その後,ζ(ゼータ)ガンダムの開発へと引き継がれていくわけである.頓挫したデルタ計画から,可変を排除し,ガンダムMk-IIに採用されたムバールフレーム技術をを導入することで,傑作機が誕生した.それが,百式MSN-00100という機体である.

パイロットは,クワトロ・バジーナ大尉こと歴戦の勇者シャア・アズナブルである.クワトロ(4番目)という名前に現れている通り,彼にとっての4番目の名前である.さて,今回,紹介するのは,この百式.

Hyakushiki1

HGUCの5番目として,発売されたキットです.現在のHGシリーズの水準から見れば,少々時代を感じてしまいますが,コンジキの機体色を再現するため,キットには金メッキが施されています.

Hyakushiki2

しかも,アンダーゲートが採用されているため,可能な限りメッキの部分を削る必要がありません.それ以外のランナーは,

Hyakushiki3

また,ポリキャップは,

Hyakushiki4

本キットでは使いませんが,マニピュレーターのポリキャップもありますね.開発された時代の違いを感じます.

この百式で忘れてはならないのが,ショルダーアーマーに書かれた”百”の文字.百年使えるモビルスーツにしたいという開発者の意向だそうです.その”百”の字は,転写式のドライデカールで再現されるようです.

Hyakushiki5

しばらく,デルタ・プロジェクトは続きます.温かい目で見守ってください.

| ホーム |


 ホーム